本文へ移動します

加藤 俊吾

氏 名加藤 俊吾カトウ シユンゴかとう しゆんご
職 位准教授
所 属首都大学東京都市環境学部 分子応用化学コース
都市環境科学研究科 分子応用化学域
H30再編後の所属
都市環境学部 環境応用化学科
都市環境科学研究科 環境応用化学域
 
専門・研究分野大気化学、環境化学、分析化学、物理化学
最終学歴・学位東京大学工学系専攻博士課程終了(1999年)・博士(工学)
研究テーマ環境化学、大気化学、都市大気環境、東アジア大気環境、海洋と大気の相互作用、山岳大気観測
研究キーワード大気汚染、環境測定、光化学オキシダント、東アジア、海洋大気、山岳大気
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
"Atmospheric CO, O3, and SO2 Measurements at the Summit of Mt. Fuji during the Summer of 2013", Shungo Kato, Yasuhiro Shiobara, Katsumi Uchiyama, Kazuhiko Miura, Hiroshi Okochi, Hiroshi Kobayashi, Shiro Hatakeyama, Aerosol and Air Quality Research, 16, 2368-2377, 2016, DOI: 10.4209/aaqr.2015.11.0632


「反応性比較法に基づくガスクロマトグラフィーやプロトン移動反応質量分析による大気中OHラジカル反応性の測定」、 加藤俊吾、中嶋吉弘、梶井克純、 分析化学, 62, No.5, 369-378, 2013

"A method to estimate the contribution of unidentified VOCs to OH reactivity", Shungo Kato, Tadashi Sato, Yoshizumi Kajii, Atmospheric Environment, 45, 5531-5539, doi:10.1016/j.atmosenv.2011.05.074, 2011

"Atmospheric trace gas measurements during SEEDS-II over the northwestern Pacific", S. Kato, M. Watari, I. Nagao, M. Uematsu, Y. Kajii, Deep-Sea Research Part II, 56, 2918-2927, DOI: 10.1016/j.dsr2.2009.07.002, 2009

"Trace Gas Measurements over Northwest Pacific during IOC Cruises 2002",S. Kato, T. Ui, M. Uematsu, Y. Kajii,G-cubed, 8, Q06M10, doi:10.1029/2006GC001241, 2007

"Transport of atmospheric carbon monoxide, ozone, and hydrocarbons from Chinese coast to Okinawa island in the Western Pacific during winter", S. Kato, Y. Kajii, R. Itokazu, J. Hirokawa, S. Koda, Y. Kinjo, Atmospheric Environment, 38/19, 2975-2981, 2004.

"Comparison with PTR-MS and GC-FID measurements and urban air measurement in Tokyo area", S. Kato, Y. Miyakawa, T. Kaneko, Y. Kajii, International Journal of Mass Spectrometry, 235/2, .103-110, 2004.

「陽子移動反応質量分析器による揮発性有機化合物の検出」、加藤俊吾、梶井克純、「真空」誌、47、No.8、600-605、2004.

"Measurements of ozone and nonmethane hydrocarbons at Chichi-jima island, a remote island in the western Pacific: Long-range transport of polluted air from the Pacific rim region", S. Kato, P. Pochanart, Y. Kajii, Atmospheric Environment, 35, 6021-6029, 2001.
受 賞
主な学会活動日本化学会、 大気環境学会、 大気化学研究会、 American Gephysical Union、日本分析化学会
社会等との関わり認定NPO 富士山測候所を活用する会 理事
個人のURL
担当科目
  • 情報リテラシー実践I 54
  • 環境調和化学入門
  • 環境化学
  • グリーンケミストリー
  • 学外実習
  • 分子応用化学基礎ゼミナール1A
  • 分子応用化学基礎ゼミナール1B
  • 分子応用化学基礎ゼミナール2A
  • 分子応用化学基礎ゼミナール2B
  • 工業概説
  • 都市環境科学特別講義第1
  • 分子計測化学講究Ⅰ
  • 分子計測化学講究Ⅱ
  • 環境調和化学入門
オフィスアワー金 14:40-16:10
研究室9号館338号室
内線番号内線4875
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成28年度
researchmap
取組成果
ページトップへ