本文へ移動します

可知 直毅

氏 名可知 直毅カチ ナオキかち なおき
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 理工学系 生命科学コース
理工学研究科 生命科学専攻
 
専門・研究分野植物生態学・保全生態学・島嶼生態学
最終学歴・学位東大院・植物学・修士(78年)。理学博士(東大・83年)
研究テーマ・小笠原を主なフィールドとして外来種駆除が島嶼生態系に与える影響について研究している。
・小笠原の植物を中心とした保全生態学・草本植物の個体群動態と生活史・窒素固定植物の生理生態学
研究キーワード島嶼生態系、外来種、小笠原、海洋島、生理生態、生活史、適応度、草本植物
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
・主要な研究業績
1)Kachi, N. & T. Hirose (1985) Population dynamics of Oenothera glazioviana in a sand dune system with special reference to the adaptive significance of size-dependent reproduction. Journal of Ecology, 73:887-901.
2)Kachi, N. & Rorison, I. H. (1989) Optimal partitioning between roots and shoot in plants with contrasted growth rates in response to nitrogen availability and temperature. Functional Ecology, 3:549-559.
3)Suzuki, R. O., Kudoh, H. & Kachi, N. (2003) Spatial and temporal variations in mortality of the biennial Lysimachia rubida: effects of intraspecific competition and environmental heterogeneity. Journal of Ecology, 91: 114-125.
4) Hata, K., Suzuki, J-I. & Kachi, N. (2007) Effects of an alien shrub species, Leucaena leucocephala, on establishment of native mid-successional tree species after disturbance in the national park in the Chichijima island, a subtropical oceanic island. Tropics 16: 283-290.
5) Kagaya, M., Tani, T. & Kachi, N. (2009) Variation in flowering size and age of a facultative biennial species Aster kantoensis (Compositae) in response to nutrient availability. American Journal of Botany, 96, 1808-1813.
6)Suzuki, R. O., Numata,S., Okuda,T., Nur Supardi MD Noor & Kachi, N.(2009) Growth strategies differentiate spatial patterns of 11 dipterocarp species coexisting in a Malaysian tropical rain forest. Journal of Plant Research,122, 81-93.
7) Hata, K. Kato, H, & Kachi, N. (2012) Seedlings of a native shrub can establish under forests dominated by an alien tree, Casuarina equisetifolia, on subtropical oceanic islands. Journal of Forest Research,17,208-212.
8) Takayama, K.、Kudoh, H. & Kachi, N. (2013) Loss of seed Buoyancy in Hibiscus glaber on the Oceanic Bonin Islands. Pacific Science, 67, 591-597.
9) Suzuki, R. O. & Kachi, N. (2014) Effects of local densities and abiotic microenvironments on reproductive outputs of a biennial,Lysimachia mauritiana var. rubida. Plant Species Biology, 29, 217-224.
10) Hata, K., Kohri, M., Morita, S., Hiradate, S. & Kachi, N. (2014) Complex interrelationships among aboveground biomass, soil chemical properties, and events caused by feral goats and their eradication in a grassland ecosystem.Ecosystems,17, 1082-1094.
11) Hiradate, S., Morita, S., Hata, K.,Osawa, T., Sugai, K. & Kachi, N. (2015) Effects of soil erosion and seabird activities on chemical properties of surface soils on an oceanic island in Ogasawara Islands, Japan. Catena,133, 495-502.
12) Osawa, T., Hata, K. & Kachi, N. (2016) Eradication of feral goats enhances expansion of the invasive shrub Leucaena leucocephala L. on Nakoudo-jima, an oceanic island. Weed Research, 168-178.
13) Hata, K., Kawakami, K. & Kachi, N. (2016) Increases in soil water content after the the mortality of non-native trees in oceanic island forest ecosystems are due to reduced water loss during dry periods. Science of the Total Environment, 545?546, 372?380.

・著書
1) 光と水と植物のかたち(種生物学会編/村岡裕由・可知直毅責任編集)文一総合出版(2003)
2) 生態学事典(巌佐庸・松本忠夫・菊沢喜八郎/日本生態学会編)共立出版(2003)(分担執筆)
3) 植物生態学(甲山隆司編) 第6章「生活史の進化と個体群動態」,第7章「密度効果と個体間相互作用」,朝倉書店(2004)(分担執筆)
4) 生物基礎(高等学校理科用教科書)東京書籍(2011)(分担執筆)
5) 生物(高等学校理科用教科書)東京書籍(2012)(分担執筆)
6) 海と時間の恵み:小笠原(日本生態学会編 増澤武弘・澤田 均・小南陽亮責任編集)エコロジー講座6「世界遺産の自然の恵み」pp.30-43, 文一総合出版(2013)(分担執筆)
受 賞
主な学会活動日本生態学会(会長・業務執行理事・元英文誌編集委員長)、日本植物学会、種生物学会(元会長)、個体群生態学会、日本熱帯生態学会、日本進化学会、応用生態工学会、日本自然保護協会、British Ecological Society、Ecolog ical Society of America、Society for Conservation Biology
社会等との関わり科学研究費委員会第1段審査委員(2000年度、2002-2003年度、2007-2009年度)、東京都小笠原国立公園聟島列島植生回復調査検討会委員(2000年度-)、環境省小笠原世界自然遺産地域科学委員会委員(2011年度-)、林野庁小笠原諸島森林生態系保護地域保全管理委員会アドバイザー(2007年度-)、(独)大学評価・学位授与機構・国立大学教育研究評価委員会専門委員(2008-2009)、環境省生物多様性企業活動ガイドライン検討会座長(2008-2009年度)、東京都小笠原父島ノヤギ排除検討会座長(2011年度-)、環境省経済社会における生物多様性の保全等の促進に関する検討会座長(2011年度)、京都大学生態学研究センター運営委員(2012年度ー)、林野庁小笠原諸島における外来植物駆除残置木有効活用調査に係わる調査検討会座長(2012年度)、環境省希少野生動植物種保存推進員(2009年度-)
個人のURL
担当科目
  • 生態と環境a
  • 生態学概論1
  • 生態学実験(植物生態)
  • 生態学野外実習
  • 生命科学特論
  • 生命科学特論
  • 生命科学特論
  • 生命科学特論
  • 生命科学特別演習Ⅰ(コンピュータ活用 基礎編)
  • 生命科学特別演習Ⅰ(コンピュータ活用 基礎編)
  • 生命科学セミナー1(植物生態1)
  • 生命科学セミナー1(植物生態1)
  • 生命科学セミナー2(植物生態1)
  • 生命科学セミナー2(植物生態1)
  • 生命科学セミナー1(植物生態2)
  • 生命科学セミナー1(植物生態2)
  • 生命科学セミナー2(植物生態2)
  • 生命科学セミナー2(植物生態2)
  • 生命科学セミナー1(植物生態3)
  • 生命科学セミナー1(植物生態3)
  • 生命科学セミナー2(植物生態3)
  • 生命科学セミナー2(植物生態3)
  • 生命科学実験1(植物生態)
  • 生命科学実験1(植物生態)
  • 生命科学実験2(植物生態)
  • 生命科学実験2(植物生態)
  • 生態と環境a
オフィスアワー随時対応(要事前メール連絡)
研究室8号館540号室/208号室
内線番号内線3762/3000
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ