本文へ移動します

片山 薫

氏 名片山 薫カタヤマ カオルかたやま かおる
職 位准教授
所 属首都大学東京システムデザイン学部 情報通信システムコース
システムデザイン研究科 情報通信システム学域
 
専門・研究分野データ工学
最終学歴・学位京都大学大学院情報学研究科博士後期課程修了・博士(情報学)
研究テーマ三次元CADアセンブリモデルの高精度検索
グラフデータの効率的検索
問い合わせ最適化
研究キーワード三次元CADアセンブリモデル・グラフ・問合せ最適化
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
・高橋俊介,片山薫, "グラフ索引のためのInterlace定理によるグラフの包含関係を考慮したデータ構造の提案", 電子情報通信学会 第19回データ工学ワークショップ, 2008年3月.
・長屋未来,片山薫, "部分グラフ同型判定のための2分法を利用した固有値比較手法の提案", 電子情報通信学会 第19回データ工学ワークショップ, 2008年3月.
・布施 貴義,片山薫, "非連結グラフに対応した大量グラフ集合からのグラフ分解による部分グラフ発見手法", 電子情報通信学会 第19回データ工学ワークショップ, 2008年3月.
・大河原達郎,片山薫, "Hypertree Decompositionの正規形を構築するためのアルゴリズム", 電子情報通信学会 第19回データ工学ワークショップ, 2008年3月.
・森垣潤一,片山薫, "高次特異値分解の画像分類への応用", 電子情報通信学会 第19回データ工学ワークショップ, 2008年3月.
・Takayoshi Fuse et al., "Enabling the Messmer's Graph Decomposition Approach for Subgraph Isomorphism Detection to Apply to a Larger Set of Graphs", The 2007 International Conference on Data Mining (DMIN2007), 2007年6月.
・長屋未来,片山薫, "ラベル付きグラフのフィルタリングのための行列サイズ縮小手法", 第143回データベースシステム研究発表会 夏のデータベースワークショップ(DBWS2007), 2007年7月.
・高橋俊介,片山薫, "Interlace定理に基づく多分木を用いたグラフの索引手法", 第143回データベースシステム研究発表会 夏のデータベースワークショップ(DBWS2007), 2007年7月.
・Yasuo Yamane et al., "Multi-vector feature space based on pseudo-Euclidean space and oblique basis", Multimedia Tools and Applications, Volume 31,Issue 3, pp.287 - 308, 2006.
・高橋俊介,片山薫,"固有値を用いたグラフの索引手法の提案とその実験的評価",データベースとWeb情報システムに関するシンポジウム(DBWeb2006), pp.201-208, 2006.
・永井貴博,片山薫,石川博,"区間木を用いた固有値に基づくグラフのインデクシング手法",電子情報通信学会第17回データ工学ワークショップ,2006.
・長屋未来,片山薫,石川博,"大規模グラフを対象とした部分グラフ同型判定におけるInterlace 定理の利用",電子情報通信学会第17回データ工学ワークショップ,2006.
・西村将太郎,片山薫,石川博,"冗長性を持たせたグラフ分解による部分グラフ検索手法の提案と評価",電子情報通信学会第17回データ工学ワークショップ,2006.
・布施貴義,片山薫,石川博,"大量グラフ集合からのある部分グラフを含むグラフの効率的な検索手法
の提案",電子情報通信学会第17回データ工学ワークショップ,2006.
受 賞電子情報通信学会 第19回データ工学ワークショップ(DEWS2008) 最優秀論文賞
主な学会活動情報処理学会論文誌データベース副編集委員長
情報処理学会データベースシステム研究会運営委員
電子情報通信学会英文論文誌「データ工学と情報マネジメント」特集号幹事
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 基礎ゼミナール
  • データ構造とアルゴリズム
  • 計算論
  • 通信システム特論I
  • 情報システム特別講義
  • データ工学特論
  • 計算工学特論
オフィスアワー
研究室2号館502号室
内線番号内線
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ