本文へ移動します

笠原 信一

氏 名笠原 信一カサハラ シンイチかさはら しんいち
職 位教授
所 属首都大学東京システムデザイン学部 インダストリアルアートコース
システムデザイン研究科 インダストリアルアート学域
 
専門・研究分野コンピュータグラフィックス CAD ソフトウエアデザイン
最終学歴・学位博士(工学)
研究テーマコンピュータグラフィックスに関するアルゴリズムの研究とソフトウエアの開発
研究キーワードコンピュータグラフィックス ソフトウエア アルゴリズム CAD
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
1. 「CGレンダリングにおける間接光計算の高速化アルゴリズム」、笠原、日本デザイン学会、Vol.55 No.1、p17-p26、2008年5月
2. 特許「立体映像による視力回復訓練ソフトウエア」、笠原、(特願2008-128574)、2008年4月
3. 訳書「Gospel for the person who has everything」、平野、笠原、2008年7月
4. 著書「プロダクトデザインのための3次元モデリング教本」、笠原、BNN新社、2007年8月
5. 「3次元コンピュータグラフィック機能を使った建築環境工学教育支援ツール-Keity-の開発とインターネットを介しての公開」、笠原、山崎、日本建築学会技術報告集 第21号、p217-p220、2005年5月
6. 「3次元コンピュータグラフィックスにおける添景表現のためのビルボード技術の拡張アルゴリズム」、笠原、日本建築学会環境系論文集 第594号、p93-p100、2005年8月
7. 「3次元コンピュータグラフィックスにおけるアンティエイリアシングの高速化アルゴリズム」、笠原、日本建築学会環境系論文集 第596号、p123-130、2005年10月
8. 「インターネットを活用した国際遠隔協調作業 -鹿島と米国ユタ大学によるCG共同制作-」、笠原、高橋、伊藤、近藤、日立IT論文賞記念論文特別賞、第40回日立ITユーザ会記念大会、2003年7月
9. “Visualization of Numerical Simulation Results Related to Building Environmental Engineering” Hayakawa, Horikoshi, Korenaga, Kasahara, Sato, Atlas of Visualization, The Visualization Society of Japan, p247-p263, 1992
10.“An Architectural Appearance Simulation System”, Kasahara, Hirata, Kosho, Proceedings of Third International Conference on Computing in Civil Engineering, p167-p174, in Vancouver Canada, Aug 1988"
受 賞1. 日立IT論文賞記念論文特別賞、笠原、高橋、伊藤、近藤、「インターネットを活用した国際遠隔協調作業 -鹿島と米国ユタ大学によるCG共同制作-」、2003年7月
2.“DIB-200 Atrium”, Kasahara, Howe, Honorary Mention at PRIX ARS ELECTRONICA, Austria Aug. 1990
3.“Kawasaki Safety Intelligent Plaza”(animation), Kasahara, Howe, SIGGRAPH Animation Screening Room, SIGGRAPH’89, Aug.1989
4.“Complexly Simple”(animation), Kasahara, SIGGRAPH Computer Graphics Theater, SIGGRAPH’89, Aug. 1989
5.“Two Scenes of Shinjuku”, Kasahara, SIGGRAPH Technical Slide Set, SIGGRAPH’87, Aug. 1987
6.“Entrance Hall”, Kasahara, SIGGRAPH Technical Slide Set, SIGGRAPH’87, Aug. 1987
7.“Two Kind of Dimples”, Kasahara, SIGGRAPH Front Page of proceeding, SIGGRAPH’86, Aug. 1986
主な学会活動1. 日本建築学会 建築情報教育小委員会委員
2. 日本建築学会 Eラーニング研究WG委員
3. 照明学会 照明設計におけるCG画像の利用研究調査委員会 委員
社会等との関わり1. 建築設計者向けCGソフト「REALS」の製品化、2003年6月
2. 建築環境工学教育支援ツール「Keity」の発信、2004年7月
3. 鹿島建設株式会社勤務 1979年4月-2006年2月
4. 米国ユタ大学建築学部 研究助教授 1997年8月-2002年8月
個人のURL
担当科目
  • 情報リテラシー実践I 66
  • プログラミング基礎
  • ゲームプログラミング演習A
  • ゲームプログラミング実習A
  • ゲームプログラミング演習B
  • ゲームプログラミング実習B
  • メディア創生特論A
  • メディア創生特別講義
オフィスアワー火 16:30-18:00 水 13:00-17:00
研究室1号館247号室
内線番号内線8676
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ