本文へ移動します

何 彬

氏 名何 彬カ ヒンか ひん
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 人文・社会系 社会学コース 社会人類学教室
人文科学研究科 社会行動学専攻 社会人類学教室
 
専門・研究分野民俗学、東アジア研究、漢族研究
最終学歴・学位博士課程修了(1993年)、文学博士学位(1993年)
歴史民俗資料学博士学位 (論文博士 2011年)
研究テーマ漢族研究、民俗学方法論・日中比較研究、都市民俗研究、衣食住と年中行事研究、華人・華僑研究
研究キーワード漢族・春節・中元節とお盆・墓制・年中行事・祖先祭祀・日中コミュニケーション研究・食文化
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
①著書『中国東南地域の民俗誌的研究』日本僑報社(2013)
②著書『(中国)江浙漢族の喪葬文化』中央民族大学出版社(1995)
③共著『アジア読本 中国』
④「儀礼食・節句食のシンボリズムとアイデンティティ」『東アジアにみる食とこころ』 p3-37、国学院大学日本文化研究所編(2004)
⑤「無形文化遺産の保護と研究――民俗学者としての一思考」『第7回学術大会論文集』p263-266、国際アジア民俗学会、(2004)
⑥「日本民俗学50年の学術実践から教わるもの」、『中国民俗学会成立20周年記念シンポジウム論文集』p70-79、中国民俗学会(2003)
⑦「シャーマンと他界観――漢族における神・霊・人交流の特徴と役割」、『人文学報』第341号p69-101、東京都立大学人文学部(2003)
⑧「味の素事件から経済のグローバルと異文化交流を考える」、『アジア民俗研究』第四輯p225-231、国際アジア民俗学会(2003)
⑨「訪れる霊魂――中元節・お盆の主役たち」、『アジア遊学』第五十八号p60-71、勉誠出版社(2003)
⑩「福建南部の文化と周辺文化比較談」、『ビン南文化論壇』論文集p84-93、中国華僑連合会・福建省政府編(2003)
⑪「国際市場開発に対する民俗学の課題――企業の異国進出と異文化交流の落とし穴」、『東アジアの民俗と環境』p55-64、金寿堂出版社(2002)
⑫「日本民俗学における地域研究」、『中国民俗学年刊』2000-2001合刊号p264-295、中国民俗学会(2002)
⑬「中国民俗学の歩み――研究史的回顧及び展望」、『人文学報』331号p57-92、東京都立大学人文学部(2002)
受 賞
主な学会活動国際アジア比較民俗学会副会長、中国民俗学会常務理事(2002年7月-現在に至る)、中国民族学会海外理事、日中人文社会科学学会理事、日本民俗学会会員、日本文化人類学会会員、(日本)比較民俗学会会員
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 基礎ゼミナール
  • 民俗学特殊講義
  • 民俗学演習
  • 民俗学研究演習 I
  • 民俗学特論演習 I
  • 民俗学研究演習Ⅱ
  • 民俗学特論演習Ⅱ
  • 修士論文指導(社人)
  • 博士論文指導(社人)
  • 修士論文指導(社人)
  • 博士論文指導(社人)
オフィスアワー木曜 12:30-14:30(第3木曜日午後は会議の日)
研究室
内線番号内線1375
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ