本文へ移動します

壁谷澤 寿一

氏 名壁谷澤 寿一カベヤサワ トシカズかべやさわ としかず
職 位准教授
所 属首都大学東京都市環境学部 建築都市コース
都市環境科学研究科 建築学域
 
専門・研究分野建築防災学,耐震構造,鉄筋コンクリート構造
最終学歴・学位東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻博士過程終了
博士(工学)
研究テーマ建築物の防災技術の開発
建築物の耐津波性能評価
鉄筋コンクリート造建築物の耐震性能評価
研究キーワード構造実験、水理実験、被害調査、地震応答解析、強震観測
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
(査読付き論文)

1. 壁谷澤寿一,村瀬正樹,壁谷澤寿海,松森泰造:異なる地震動を受ける偏心鉄筋コンクリ-ト壁フレ-ム構造の震動実験,コンクリート工学年次論文集, 日本コンクリ-ト工学会, Vol.26 No.2,pp.1159--1164,2004
2. 壁谷澤寿一,壁谷澤寿海:偏心鉄筋コンクリート構造物の動的外力分布による応答推定手法,コンクリート工学年次論文集, 日本コンクリ-ト工学会,Vol.27 No.2,pp.439-444,2005
3. 壁谷澤寿一,壁谷澤寿海:偏心鉄筋コンクリート構造物の非線形変形モードに基づく地震応答推定手法,構造系論文集, 日本建築学会,No.596,pp.87-94,2005
4. 壁谷澤寿一,壁谷澤寿海,坂上実,田中康久,行谷佑一:新潟県中越地震における余震観測と被害調査による入力逸散効果の検証,構造工学論文集,日本建築学会,Vol. 52B, pp305-312,2006
5. 壁谷澤寿一,壁谷澤寿海,真田靖士,金裕錫:既存RC学校構造物における基礎梁の静的水平載荷試験,コンクリート工学年次論文集,Vol.28,pp955-960,日本コンクリ-ト工学会, 2006
6. 白井和貴,壁谷澤寿一,勝俣英雄,壁谷澤寿海:RC造4層壁フレーム構造の多方向入力振動実験,コンクリート工学年次論文集,日本コンクリート工学協会,Vol.28 No.2,pp379-384,2006
7. 壁谷澤寿一,壁谷澤寿海,松森泰造,金裕錫:実大振動実験による基礎入力逸散の検証,コンクリート工学年次論文集, 日本コンクリ-ト工学会,Vol.29 No.3,pp955-960,2007
8. 壁谷澤寿海,松森泰造,壁谷澤寿一,壁谷澤寿成:RC3層建物の振動実験概要,コンクリート工学年次論文集,日本コンクリート工学協会,Vol.29 No.3,pp949-954,2007
9. 壁谷澤寿成,壁谷澤寿海,松森泰造,壁谷澤寿一:実大振動実験による耐震補強効果の検証,コンクリート工学年次論文集,日本コンクリート工学協会,Vol.29 No.3,pp961-966,2007
10. 金裕錫,壁谷澤寿海,松森泰造,壁谷澤寿一:耐力劣化モデルによる鉄筋コンクリート実大6層震動実験の解析,コンクリート工学年次論文集,日本コンクリート工学協会,Vol.29,p25-30,2007
11. 壁谷澤寿成,壁谷澤寿海,壁谷澤寿一,金裕錫,東條有希子:鉄筋コンクリート造耐震壁の形状および補強がせん断強度に与える影響,構造工学論文集,Vol.54B,pp.423-428,日本建築学会,2008
12. 壁谷澤 寿一,壁谷澤寿海:鉄筋コンクリ-ト造実大3層RC建物の振動実験の解析,コンクリート工学年次論文集,日本コンクリ-ト工学会, Vol.30 No.3,pp.403-408,2008
13. 壁谷澤寿海,壁谷澤 寿一:鉄筋コンクリ-ト造実大3層外付け補強建物の浮き上がり解析,コンクリート工学年次論文集,日本コンクリ-ト工学協会,Vol.30 No.3,pp409-414,2008
14. 金裕錫, 壁谷澤 寿海, 壁谷澤 寿一:新潟県中越沖地震で被災したRC造煙突の倒壊解析,コンクリート工学年次論文集,日本コンクリ-ト工学協会,Vol.30 No.3,pp403-408,2008
15. 壁谷澤寿一,壁谷澤寿海,松森泰造,壁谷澤寿成,金裕錫:実大3層鉄筋コンクリート建物の振動実験,構造系論文集,日本建築学会,Vol.632,pp.1833?1840,2008
16. 壁谷澤寿一,壁谷澤寿海:基礎滑り挙動を伴う直接基礎建物の地震応答推定手法,構造系論文集,日本建築学会,Vol.634,pp.2151?2158,2008
17. 金裕錫,壁谷澤寿一,壁谷澤寿海,坂上実:2008年岩手宮城内陸地震および岩手県沿岸北部地震における余震観測とRC建物の実挙動に関する研究,構造工学論文集,日本建築学会,Vol.55B,pp439-446,2009
18. 裵根國,壁谷澤寿海,金裕錫,壁谷澤寿一,PHAN Quang,石井貴子:鉄筋コンクリート造片側袖壁付き柱の終局強度に関する実験的研究,構造工学論文集,日本建築学会,Vol.55B,pp385-390,2009
19. 壁谷澤寿一,壁谷澤寿海,松森泰造,金裕錫:Axial-Shear-Flexural Interaction modelによる実大3層建物の耐力低下性状の検討,コンクリート工学年次論文集,日本コンクリ-ト工学会, Vol.31 No.2,pp.907-912,2009
20. 裵根國,壁谷澤寿海,金裕錫,壁谷澤寿一:片側袖壁付き柱と両側袖壁付き柱のせん断耐力算定法の比較,コンクリート工学年次論文集,日本コンクリ-ト工学協会,Vol.31,pp.169-174,2009
21. 金裕錫,壁谷澤寿海,松森泰造,壁谷澤寿一:E-ディフェンスによる実大6層鉄筋コンクリート耐震壁フレーム構造の破壊過程究明に関する解析的研究,構造系論文集,日本建築学会,Vol.74,p.1327-1334,2009
22. Gholamreza Sobhaninejad,堀宗朗,壁谷澤寿一:並列計算を用いた統合地震シミュレーションの基礎的研究,応用力学論文集,土木学会,Vol.12,p.623-629,2009
23. ファンクアン,壁谷澤寿海,金裕錫,壁谷澤寿一:AXIAL-SHEAR-FLEXURE INTERACTION モデルによる鉄筋コンクリート造両側袖壁付き柱の荷重変形関係の評価,構造工学論文集,日本建築学会,Vol.56B、p385-390,2010
24. 裵 根國、壁谷澤寿海、金裕錫、壁谷澤寿一:袖壁付き柱の構造特性に関する実験的研究、コンクリート工学年次論文集,日本コンクリート工学協会,Vol.32 No.2,p115-120,2010
25. Toshimi Kabeyasawa, Toshikazu Kabeyasawa、New Concept on Fail-Safe Design of Foundation Structure Systems Insensitive to Extreme Motions、Advances in Performance-Based Earthquake Engineering, , Springer Science + Business Media B.V., GGEE, Vol.13、p.113-124, 2010.4
26. 壁谷澤寿一,壁谷澤寿海,金裕錫,細川洋治:新潟県中越地震で被災した鉄筋コンクリート造学校校舎の直接基礎の水平載荷実験,構造工学論文集,Vol.57B,p621-628,日本建築学会,2011
27. Phan Van Quang,壁谷澤寿海,金裕錫,壁谷澤寿一:IRREGULAR CROSS SECTION ANALYSIS METHODによる鉄筋コンクリート造袖壁付き柱の復元力特性の評価,構造工学論文集,日本建築学会,Vol.57B,pp587-596,2011
28. 壁谷澤寿一,壁谷澤寿海,金裕錫,細川洋治:既存鉄筋コンクリート建物直接基礎の衝突水平載荷実験,コンクリート工学年次論文集,日本コンクリ-ト工学会,Vol.33 No.2,pp.937-942,2011
29. Sobhaninejad.G, Hori.M and Kabeyasawa.T : Enhancing integrated earthquake simulation with high performance computing, Advances in Engineering Software,Vo.42,Issue 5,pp.286-292,2011
30. Yousok Kim, Toshimi Kabeyasawa, Taizo Matsumori, Toshikazu Kabeyasawa:Numerical study of a full-scale six-story reinforced concrete wall-frame structure tested at E-Defense,Earthquake Engineering & Structural Dynamics,John Wiley & Sons, Ltd.,Volume 41, Issue 8,pp.1217?1239,2011
31. 壁谷澤寿一,福山洋,奥田泰雄,加藤博人,石原直,田尻清太郎,谷昌典:東北地方太平洋沖地震において鉄筋コンクリート造建築物に作用した津波荷重,構造工学論文集,日本建築学会,Vol.58B,p.91-96,2012
32. Wijerathne, M., Hori, M., Kabeyasawa, T., and Ichimura, T:Strengthening of Parallel Computation Performance of Integrated Earthquake Simulation,Journal of Computing in Civil Engineering,ASCE,ASCE, doi:10.1061/CP.1943-5487.0000235. 2012.5
33. 壁谷澤寿一,福山洋,加藤博人,田尻清太郎:津波作用荷重による建築物の基礎抵抗性状に関する検討,コンクリート工学年次論文集,日本コンクリ-ト工学会,Vol.34,pp1105-1110,2012
34. Xuan DENG, Toshikazu KABEYASAWA, Toshimi KABEYASAWA and Hiroshi FUKUYAMA:EXPERIMENTAL STUDY ON A THREE-DIMENTIONAL RC FRAME WITH SLAB SUBJECTED TO LATERAL LOADS,コンクリート工学年次論文集,日本コンクリ-ト工学会, Vol.34 No.2,pp331-336,2012
35. 奥田泰雄,深井敦夫,槌本敬大,壁谷澤寿一,喜々津仁密,石井儀光,中川貴文,荒木康弘,永井渉:2012年5月6日つくば市で発生した竜巻による建築物の被害,風工学シンポジウム論文集,土木学会,Vol.22,p97-102,2012
36. 壁谷澤寿一,福山洋,加藤博人,諏訪田晴彦,田尻清太郎,谷昌典:東日本大震災における公共建築物の震動被害の検証,構造工学論文集,日本建築学会,Vol.59B,p587-596,2013
37. 壁谷澤寿一,加藤周二,壁谷澤寿海,細川洋治:鉄筋コンクリート造そで壁付柱部材の曲げ性能に対する腰壁垂れ壁の影響,構造工学論文集,日本建築学会,Vol.59B,p15-20,2013
38. 渡邊公美、壁谷澤寿一、壁谷澤寿海、福山洋、クワンヒューブイ、細川洋治:コンクリート基礎の滑りに関する動的試験,構造工学論文集,日本建築学会,Vol.59B,p587-596,2013
39. Quang Hieu BUI,壁谷澤寿一,壁谷澤寿海,細川洋治:Static Test on Friction Coefficient of Concrete Foundation,コンクリート工学年次論文集,日本コンクリ-ト工学会,Vol.35,pp991-996, 2013
40. 壁谷澤寿一,壁谷澤寿海,福山洋,Deng Xuan:超高層RC造建築物のひび割れ補修後の耐震性能に関する研究,コンクリート工学年次論文集,,日本コンクリ-ト工学会,Vol.35,pp798-798,2013
41. 加藤周二,壁谷澤寿一,壁谷澤寿海,細川洋治:鉄筋コンクリート造袖壁腰壁付き柱の曲げ性状に関する実験的研究,コンクリート工学年次論文集,日本コンクリ-ト工学会,Vol.35,pp133-138,2013
42. 渡邊公美,壁谷澤寿一,壁谷澤寿海,福山洋,構造物における鉄筋コンクリート基礎の滑り正弦波加振実験,コンクリート工学年次論文集,日本コンクリ-ト工学会, Vol.35,pp973-978,,2013.6
43. 壁谷澤寿一,福山洋,加藤博人,諏訪田晴彦,田尻清太郎,谷昌典:三陸南地震および東日本大震災による公共建築物の震動被害,構造工学論文集,日本建築学会,Vol.60B,p13-18,2014
44. 壁谷澤寿一,福山洋,奥田泰雄:鉄筋コンクリート造外壁の面外破壊強度から推定される津波波力に関する検討,コンクリート工学年次論文集,日本コンクリ-ト工学会,Vol.36,pp937-942,2014
45. 高山洋平,壁谷澤寿一,壁谷澤寿海,福山洋,強震時における鉄筋コンクリート基礎底面の滑動に関する加振実験,コンクリート工学年次論文集,日本コンクリ-ト工学会,Vol.36,pp799-804,,2014
46. 壁谷澤寿一,福山洋,向井智久,田尻清太郎:梁剛域を活用した鉄筋コンクリート造建築物の損傷制御設計に関する基礎的検討,構造工学論文集,日本建築学会,Vol.61B,p89-94, 2015
47. 杉本訓祥,三輪田吾郎,増田安彦,勝俣英雄,壁谷澤寿一,福山洋:長周期地震動を受ける縮小20層RC造建物試験体の履歴復元力特性,構造工学論文集,日本建築学会,Vol.61B,pp95-102,2015
48. 壁谷澤寿海,壁谷澤寿一,DENG Xuan,福山 洋:鉄筋コンクリート建物の梁耐力に対するスラブの効果に関する架構実験,構造工学論文集,日本建築学会,Vol.61B,pp103-110,2015
49. 壁谷澤寿一,壁谷澤寿海,福山洋,田尻清太郎:扁平梁を有するスラブつき立体部分架構の静的載荷実験,コンクリート工学年次論文集,日本コンクリ-ト工学会,Vol.37 No.2,pp721-726,2015
50. 中村聡宏,今阪剛,勅使川原正臣,壁谷澤寿一:鉄筋コンクリート造袖壁・腰壁付き柱の耐震性能,コンクリート工学年次論文集,日本コンクリ-ト工学会,Vol.36 No.2,pp799-804,2015
51. 福山洋,藤澤正視,阿部秋男,壁谷澤寿一,白根全:約3500-5000年前の神殿遺構に用いられた基礎構造の免震効果とその再現性に関する研究,地震工学論文集,Vol.15,日本地震工学会,2015
52. 壁谷澤寿一,向井智久,福山洋,加藤博人,諏訪田晴彦,勅使川原正臣,楠浩一:袖壁付き柱を活用した実大5層鉄筋コンクリート造建築物の載荷実験,構造系論文集,日本建築学会,Vol.81, No.720, pp.313-322, 2016
53. 壁谷澤寿一,壁谷澤寿海,有川太郎:構造物の崩壊荷重に基づく津波荷重の評価法に関する研究,構造工学論文集,日本建築学会,Vol.62B,2016
54. 金杰,壁谷澤寿一,壁谷澤寿海,福山洋:鉄筋コンクリート建物の端部スパン架構におけるスラブ有効幅に関 する検証実験,構造工学論文集,日本建築学会,Vol.62B, 2016
55. 高橋豪,壁谷澤寿一,壁谷澤寿海,加藤周二,福山洋,田尻清太郎:鉄筋コンクリート建物のスラブ付き架構とスラブなし架構によるス ラブ有効幅に関する検証実験,構造工学論文集,日本建築学会,Vol.62B,2016



(国際会議報告)

1. Toshikazu Kabeyasawa, Shunsuke Otani, Toshimi Kabeyasawa:Equivalent linearization in earthquake response analysis of pre stressed reinforced concrete system,Proceedings of 13th World Conference on Earthquake Engineering, Vancouver, Canada, IAEE, No.629, 2004.8
2. Toshikazu Kabeyasawa, Toshimi Kabeyasawa, Yousok Kim, Yasushi Sanada:Test and Analysis on Inelastic Soil-Structure Interaction of an Existing Reinforced Concrete School Building,Proceedings of the 100th Anniversary Earthquake Conference, 8th NCEE, San Francisco, USA EERI, 2006.4
3. Yousok Kim, Toshimi Kabeyasawa, Toshikazu Kabeyasawa:Preliminary Response Analysis of a Full-Scale RC Structure for 3-D Shaking Table Test to Collapse, Proceedings of the 100th anniversary Earthquake Conference, San Francisco, USA EERI, 2006.4
4. Toshikazu Kabeyasawa, Toshimi Kabeyasawa, Taizo Matsumori, Toshinori Kabeyasawa:3-D collapse tests and analyses of the three-story reinforced concrete buildings with flexible foundation, ASCE Structural Congress, Long beach, USA, 2007.5
5. Toshimi Kabeyasawa, Taizo Matsumori, Toshikazu Kabeyasawa, Toshinori Kabeyasawa:Plan of 3-D dynamic collapse tests on three-story reinforced concrete buildings with flexible foundation, Proceedings of the 100th anniversary Earthquake Conference, San Francisco, USA EERI, 2006.4
6. Toshinori Kabeyasawa, Toshimi Kabeyasawa, Yukiko Tojo, Kim Yousok, Toshikazu Kabeyasawa, Shun'ichi Igarashi:Test of Reinforced Concrete Shear Walls Strengthened Using Polyester Sheet, Proceedings of 8th Pacific Conference on Earthquake Engineering, NZSEE, Singapore, 2007.12
7. Kim Yousok, Toshimi Kabeyasawa, Taizo Matsumori, Toshikazu Kabeyasawa:Dynamic collapse analysis of the six-story full-scale wall-frame tested at E-Defense, Proceedings of 8th Pacific Conference on Earthquake Engineering, NZSEE, 10pp, 2007.12
8. Toshikazu Kabeyasawa, Toshimi Kabeyasawa:Nonlinear soil-structure interaction theory for low-rise reinforced concrete buildings based on the full-scale shaking test at E-Defense, Proceedings of 14th World Conference on Earthquake Engineering, Beijing, China, IAEE, 2008.10
9. Toshimi Kabeyasawa , Toshikazu Kabeyasawa, Taizo Matsumori, Toshinori Kabeyasawa, Yousok Kim:Full-scale dynamic collapse tests of three-story reinforced concrete buildings on flexible foundation at E-Defense, Proceedings of 14th World Conference on Earthquake Engineering, Beijing, China, IAEE, 2008.10
10. Yousok Kim, Toshimi Kabeyasawa, Taizo Matsumori, Toshikazu Kabeyasawa:Analytical studies on a 6-story full-scale reinforced concrete wall-frame structure to collapse, Proceedings of 14th World Conference on Earthquake Engineering, Beijing, China, IAEE, 2008.10
11. Toshimi Kabeyasawa , Toshikazu Kabeyasawa, Koichi Kusunoki, Kangning Li:An Outline of Damages to School Buildings in Dujiangyan by the Wenchuan Earthquake on May 12 Proceedings of 14th World Conference on Earthquake Engineering, Beijing, China, IAEE, 2008.10
12. Toshikazu Kabeyasawa, Toshimi Kabeyasawa, Yousok Kim:Collapse simulation of reinforced concrete buildings with ASFI Approach, Proceedings of the 9th US and 10th CCEE、EERI and CAEE, Tronto, Canada, 2010.7
13. Toshimi Kabeyasawa, Toshikazu Kabeyasawa, Yousok Kim, Toshinori Kabeyasawa, Yousok Kim, Kunkuk Bae and Phan Van Quang, Proceedings of the 9th US and 10th CCEE、EERI and CAEE, Tronto, Canada, 2010.7
14. Toshikazu Kabeyasawa, Toshimi Kabeyasawa:Lateral loading test on spread foundation in an existing reinforced concrete school building, Proceedings of the 9th Pacific Conference on Earthquake Engineering、Auckland, New Zealand, 2011.4
15. Toshikazu Kabeyasawa, Toshimi Kabeyasawa, Yoji Hosokawa, Yosok Kim:Static and Dynamic Loading Test on Base Foundation in a Reinforced Concrete School Building, Proceedings of 15th World Conference on Earthquake Engineering, IAEE, 2012.9
16. Toshikazu Kabeyasawa, Y. Okuda, A. Fukai, H. Fukuyama, H. Kato, T. Ishihara, S. Tajiri, M. Tani:Evaluation of Lateral and Buoyant Forces on Reinforced Concrete Buildings by The Tsunami of 2011 East Japan Earthquake, Proceedings of 15th World Conference on Earthquake Engineering, IAEE, 2012.9
17. Toshikazu Kabeyasawa, H. Fukuyama, D. Xuan, Toshimi Kabeyasawa, H. Katsumata, K. Sugimoto:Static Cyclic Loading Test on Moment Resisting Frame with Slab Simulating Seismic Performance of High-Rise Reinforced Concrete Buildings, Proceedings of 15th World Conference on Earthquake Engineering, IAEE, 2012.9
18. Toshikazu Kabeyasawa, H. Fukuyama, D. Xuan, Toshimi Kabeyasawa, H. Katsumata, K. Sugimoto:Static Cyclic Loading Test on Moment Resisting Frame with Slab Simulating Seismic Performance of High-Rise Reinforced Concrete Buildings, Proceedings of 15th World Conference on Earthquake Engineering, IAEE, 2012.9
19. H. Katsumata, K. Sugimoto, H. Fukuyama, T. Saito, T. Kabeyasawa、Earthquake Resistant Performance of 19.High-Rise Reinforced Concrete Buildings under Long-Period Ground Motions, Proceedings of 15th World Conference on Earthquake Engineering, IAEE, 2012.9
20. Toshimi Kabeyasawa, Y.S.Kim, M.Sato, H. Hyunseong, Toshikazu Kabeyasawa, H. Fukuyama、Evaluation on Deformability of Reinforced Concrete Columns with Wing Walls, Proceedings of 15th World Conference on Earthquake Engineering, IAEE, 2012.9
21. Tsukasa Ogawa, Masaomi Teshigawara, Akihiro Nakamura, Toshikatsu Ichinose, Susumu Takahashi, Go Kotani, Tomonori Kawai, Takashi Kamiya, Takashi Taguchi, Wataru Kohira, Tatsuzou Umeno, Hiroshi Fukuyama, Toshikazu Kabeyasawa, Haruhiko Suwada, Nobuyuki Hanai:Effects of vertical reinforcement and boundary beam on the shear strength of RC wall located above an open frame, Proceedings of 15th World Conference on Earthquake Engineering, IAEE, 2012.9
22. Toshikazu Kabeyasawa, Hiroshi Fukuyama, Yasuo Okuda, Hiroto Kato, Seitaro Tajiri, Masanori Tani:Damage pattern of the building structures by 3.11 tsunami, The First International Symposium on Earthquake Engineering,JAEE,2012.11
23. Hiroshi Fukuyama, Yasuo Okuda, Hiroto Kato, Tadashi Ishihara, Seitaro Tajiri, Toshikazu Kabeyasawa, Yoshiaki Nakano、Structural design requirement on the tsunami evacuation buildings, The First International Symposium on Earthquake Engineering,JAEE,2012.11
24. Hiroshi Fukuyama, Masami Fujisawa, Akio Abe, Toshikazu Kabeyasawa, Zen Shirane, Taiki Saito, and Zenon Aguilar: Shaking Table Test on Seismic Response Properties of “Shicras,” Stones Wrapped in Vegetable Fiber Bags,Journal of Disaster Research,2013.6
25. Toshikazu Kabeyasawa, Shuji Kato, Toshimi Kabeyasawa, Youji Hosokawa:Effect of spandrel and hanging walls on flexural capacity of reinforced concrete columns with wing walls, 10th USNCEE, EERI, Alaska, USA, 2014.7
26. Toshimi Kabeyasawa, Hiroshi Fukuyama, Masanori Tani, Mitsuharu Sato, Shuji Kato, Toshikazu Kabeyasawa, Youji Hosokawa, Yousok Kim,Effects of bi-directional lateral loadings on strength and deformability of reinforced concrete walls with/without boundary columns, 10th USNCEE, EERI, Alaska, USA, 2014.7
27. Toshikazu Kabeyasawa, Toshimi Kabeyasawa, Taro Arikawa:Evaluation of Tsunami Loading Based on Collapse Load of Structures, Proceedings of the 10th PCEE, Sydney, Australia, 2015.11


(講演等)

1. 四川地震による組積造地震被害,日本建築学会学術講演会,構造部門(壁式構造)PD,2010.9
2. 東日本大震災における鉄筋コンクリート造建築物の津波被害と作用荷重,日本建築学会学術講演会,構造部門(鉄筋コンクリート構造)PD,2012.9
3. 津波荷重指針の概要,日本建築学会学術講演会,構造部門(荷重)PD,2015.9
4. 被災建築物応急危険度判定講習会講師,建築防災協会
5. 津波避難ビル等の構造上の要件 講習会講師,建築防災協会
6. 建築物荷重指針・同解説 講習会講師,日本建築学会
7. 2015年版 構造関係技術基準解説書 講習会講師,建築防災協会

(主要著書 (分担執筆))

1.日本建築学会 2012年5月6日に北関東で発生した一連の竜巻による突風被害の記録,2014.
2.日本建築学会 2011年東北地方太平洋沖地震災害調査速報,2011.7
3.日本建築学会 荷重指針,2015.2
4.日本建築学会 鉄筋コンクリート構造保有水平耐力計算規準(案)・同解説,2015.2
5.静岡県県民部建築確認検査室、日本建築防災協会監修 静岡県建築構造設計指針・同解説,2015.6
6.国土技術政策総合研究所、建築研究所監修 2015年度版 構造関係技術基準解説書,2015.6
7.国土技術政策総合研究所ほか 津波避難ビル等の構造上の要件の解説、2012.2
8.国土技術政策総合研究所ほか 建築物における天井脱落対策に関わる技術基準の解説,2012.2

(被害調査)

2004年 新潟県中越地震    
2005年 福岡西方沖地震    
2007年 能登半島沖地震    
2007年 新潟県中越沖地震   
2008年 中国四川大地震    
2008年 岩手・宮城内陸地震   
2009年 スマトラ島沖地震    
2011年 東北地方太平洋沖地震 
2012年 茨城県つくば市 竜巻  
2013年 埼玉県越谷市 竜巻   
2015年 常総市河川氾濫
2016年 熊本地震
受 賞日本コンクリート工学会 年次論文奨励賞
日本地震工学会大会 論文優秀発表賞
など
主な学会活動日本建築学会、日本コンクリート工学会、日本地震工学会
社会等との関わり国土交通省総合技術開発プロジェクト「災害拠点建築物の機能継続技術の開発」WG委員
防災科学技術研究所「コンクリート系次世代高耐震構法の研究開発ワーキンググループ」WG委員
国際地震工学研究センター 「津波荷重・津波避難ビル」研修講師
日本建築学会 鉄筋コンクリート造運営委員会委員
日本建築学会 津波荷重小委員会委員
日本建築学会 建築雑誌編集委員委員
など
個人のURL
担当科目
  • 建築振動学
  • 建築構造力学III
  • 鉄筋コンクリート構造特論I
  • 耐震構造特論II
オフィスアワー
研究室9号館773室
内線番号内線4741
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ