本文へ移動します

近藤 敏彰

氏 名近藤 敏彰コンドウ トシアキこんどう としあき
職 位助教
所 属首都大学東京都市環境学部 分子応用化学コース
都市環境科学研究科 分子応用化学域
H30再編後の所属
都市環境学部 環境応用化学科
都市環境科学研究科 環境応用化学域
 
専門・研究分野電気化学プロセスにもとづく微細加工・応用光学
最終学歴・学位博士(工学)
研究テーマ電気化学プロセスにもとづくナノ・マイクロ規則構造の形成とエネルギーデバイスへの応用
研究キーワード陽極酸化プロセス,陽極酸化ポーラスアルミナ,自己規則化,プラズモニクス,フォトニック結晶
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
2016年度
【論文】
1.“Fabrication of aluminum nanowires by mechanical deformation of Al using anodic porous alumina molds”, T. Kondo, N. Kitagishi, T. Fukushima, H. Masuda, Material Express, 査読有, 6, pp. 363 ? 366 (2016) Cover Issue
2.“Two-dimensional photonic crystals based on anodic porous TiO2 with ideally ordered hole arrangement”, T. Kondo, S. Hirano, T. Yanagishita, N. T. Nguyen, P. Schmuki, H. Masuda, Applied Physics Express, 査読有, 9, 102001 (2016)
3.“Fabrication of ideally ordered anodic porous TiO2 by anodization of pretextured two-layered metals”, T. Kondo, S. Nagao, S. Hirano, T. Yanagishita, N. T. Nguyen, P. Schmuki, *H. Masuda, Electrochemistry Communications, 査読有, 72, pp. 100 ? 103 (2016)
4.“Formation of porous anodic TiO2 with square nanoholes by pretexturing process”, T. Kondo, S. Nagao, T. Yanagishita, H. Masuda, Journal of the Electrochemical Society, 査読有, 163, pp. E206 ? E207 (2016)
【著書・解説】
5.「高規則性アノード酸化ポーラスアルミナにおける最近の機能化研究」,柳下崇,近藤敏彰,益田秀樹,表面技術,67,pp. 538-543(2016)
【産業財産権】
6.「電磁波調製用分散体,電磁波調製用分散体の製造方法及び電磁波調製素子」,森俊介,益田秀樹,近藤敏彰,森下芳伊,木村綾花,神谷幸男,日本,出願日:H28年9月23日
7.「細孔配列構造体の製造方法,細孔配列構造体の前駆体及び細孔配列構造体の製造方法」,益田秀樹,近藤敏彰,日本,特願2016-041628,出願日:H28年3月3日
【招待講演】
8.“Formation of Metal Nanostructure Array and Its Application to Plasmonic Devices”, T. Kondo, H. Masuda, International Workshop on Nanostructure-Based Chemistry and Light-Energy Conversion, Tokyo (2016)
9.“Fabrication of Nanostructure Array Using Anodic Porous Alumina and its Application to Functional Devices”, T. Kondo, The 2nd International Forum on Applied Chemistry, Tokyo (2016)

2015年度
【論文】
10.“Surface-Enhanced Raman Scattering on Gold Nanowire Array Formed by Mechanical Deformation Using Anodic Porous Alumina Molds”, T. Kondo, N. Kitagishi, T. Yanagishita, H. Masuda, Applied Physics Express, 査読有, 8, 062002 (2015)
11.“Ideally Ordered Porous TiO2 Prepared by Anodization of Pretextured Ti by Nanoimprinting Process”, T. Kondo, S. Nagao, T. Yanagishita, N. T. Nguyen, K. Lee, P. Schmuki, H. Masuda, Electrochemistry Communications, 査読有, 50, 73 (2015)
12.“TiO2 Hollow Spheres with Nanoporous Structures Fabricated by Anodization of Ti Particles”, T. Yanagishita, M. Imaizumi, T. Kondo, H. Masuda, RSC Advances, 査読有, 5, 41830 (2015)
13.“Functional Optical Devices Based on Highly Ordered Metal Nanostructures Obtained Using Anodic Porous Alumina”, T. Kondo, T. Yanagishita, H. Masuda, ECS Transactions, 査読有, 69, 235 (2015)
【招待講演】
14.「Alのトンネルエッチングにもとづく高効率熱輻射プレートの開発」,近藤敏彰,柳下崇,木村直史,吉岡文孝,豊永隆,益田秀樹,第32回金属のアノード酸化被膜の機能化部会,兵庫(2015)
15.「陽極酸化ポーラスアルミナにもとづいた規則ナノ構造の形成と光機能デバイスへの応用」,近藤敏彰,益田秀樹,日本材料学会・ナノ材料部門委員会セミナー,京都(2015)
受 賞日本機械学会 2004年度生産加工・工作機械部門 優秀講演論文賞
主な学会活動応用物理学会,電気化学会,日本化学会,表面技術協会,コロイドおよび界面化学部会,アノード酸化被膜の機能化部会
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • Instrumental Techniques for Material Chemistry
オフィスアワー
研究室益田研究室
内線番号内線4854
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ