本文へ移動します

本田 智

氏 名本田 智ホンダ サトシほんだ さとし
職 位准教授
所 属首都大学東京都市教養学部 理工学系 機械工学コース
理工学研究科 機械工学専攻
 
専門・研究分野マイクロマシン(MEMS), 超精密機械,CAD/CAM/CAE,自動組立,ロボット,生産自動化
最終学歴・学位東京理科大学大学院 理工学研究科 機械工学専攻 博士課程修了 (工学博士)
研究テーマ
研究キーワードマイクロマシン(MEMS),精密位置決め,球面モータ,原子間力顕微鏡
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
1)Satoshi Honda: Development of a micro screw thread and a micr gear coiled extra fine wires, Pro., 19th ASPE Orlando, Florida, U.S.A. (2004). 2)Tomoyuki Iwata and Satoshi Honda: Development of a precise positioning stage traveling on micro-pitch racks, Pro., 19th ASPE Orlando, Florida, U.S.A. (2004). 3)Yu Masuya and Satoshi Honda: Development of a miniature adjusting device sculpted into a parallel linkage, Pro., 19th ASPE Orlando, Florida, U.S.A. (2004). 4)Satoshi Honda : Development of a Micro Screw Thread and a Micro GearUtilized Extend Fine Wires, Proceedings of the 18th ASPE, pp255-258, Portland,Oregon, U.S.A. (2003). 5)特許(第4328068号:ねじ、ナット、及び歯車部材の製造方法,H21.6.19)取得.6)Satoshi Honda : Development of a Micro-Screw and a Micro-Pitch-Rack Utilized Tungsten Wires, Pro., 16th ASPE, pp208-211, Arlington, Virginia, U.S.A. (2001). 7)Yoshio Funaki and Satoshi Honda, Development of a miniature posture device sculptured a parallel linkage, Pro., 15th ASPE, Scottsdale, Arizona, U.S.A. (2000).
受 賞(財)精密測定技術振興財団,「精密工学会高城賞」受賞(昆虫型精巧ロボットの開発と精密工業への応用に関する研究)(2000)
主な学会活動精密工学会,アメリカ精密工学会(ASPE),日本機械学会,日本ロボット学会,設計工学会,精密工学会生産自動化専門委員会運営委員,精密工学会超精密位置決め専門委員会委員,自動化推進協会理事
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • メカトロニクス
  • 機械数値計算法
  • 機械CAD製図
  • マイクロ機械要素特論
オフィスアワー水 13:00-17:30
研究室9号館460号室
内線番号内線4141
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ