本文へ移動します

堀田 貴嗣

氏 名堀田 貴嗣ホッタ タカシほった たかし
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 理工学系 物理学コース
理工学研究科 物理学専攻
 
専門・研究分野物性理論
最終学歴・学位京都大学大学院理学研究科博士後期課程中退
京都大学 博士(理学)
研究テーマ遷移金属化合物,希土類化合物,アクチノイド化合物などの強相関電子系の磁性と超伝導の理論的研究
研究キーワード磁性,超伝導,遷移金属,希土類,アクチノイド
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
Electric Dipolar Kondo Effect Emerging from Vibrating Magnetic Ion, Takashi Hotta and Kazuo Ueda, Phys. Rev. Lett. 108, 247214 (2012).
Strong-Coupling Theory of Rattling-Induced Superconductivity,Kunihiro Oshiba and Takashi Hotta, J. Phys. Soc. Jpn. 80, 094712 (2011).
Construction of a Microscopic Model for Yb and Tm Compounds on the Basis of a j-j Coupling Scheme, Takashi Hotta, J. Phys. Soc. Jpn. 79, 094705 (2010).
Inverse Isotope Effect of Kondo Temperature in Electron-Rattling System, Takashi Hotta, J. Phys. Soc. Jpn. 78, 073707 (2009).
Effect of Rattling Phonons on Sommerfeld Constant, Takashi Hotta, J. Phys. Soc. Jpn. 77, 103711 (2008).
Kondo Effect in an Electron System with Dynamical Jahn-Teller Impurity, Takashi Hotta, J. Phys. Soc. Jpn. 76, 023705 (2007).
Orbital ordering phenomena in d- and f-electron systems, Takashi Hotta, Reports on Progress in Physics 69, 2061-2155 (2006).
Theory of Superconductivity in Strongly Correlated Electron Systems, Yoichi Yanase, Takanobu Jujo, Takuji Nomura, Hiroaki Ikeda, Takashi Hotta, and Kosaku Yamada, Physics Reports 387, 1-149 (2003).
Colossal Magnetoresistant Materials: The Key Role of Phase Separation, Elbio Dagotto, Takashi Hotta, and Adriana Moreo, Physics Reports 344, 1-153 (2001).
受 賞2004年 日本原子力研究所有功賞特賞
2004年 第8回久保亮五記念賞
2009年 JPSJ注目論文賞
2016年 JPSJ Outstanding Referee (JPSJ閲読者賞)
主な学会活動日本物理学会領域8世話人 2001年〜2002年
Journal of the Physical Society of Japan (JPSJ), Head Editor 2007年〜
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 物理通論II d
  • 物理通論II d
  • 物理数学I
  • 熱・統計力学I
  • 磁性物理学特論
  • 磁性物理学特論
  • 超伝導物理学特論
  • 超伝導物理学特論
オフィスアワー金 13:00-14:30
研究室8号館578号室
内線番号内線
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ