本文へ移動します

古市 泰郎

氏 名古市 泰郎フルイチ ヤスロウふるいち やすろう
職 位助教
所 属首都大学東京人間健康科学研究科 ヘルスプロモーションサイエンス学域
大学教育センター
 
専門・研究分野運動生化学、運動生理学、運動分子生物学
最終学歴・学位金沢大学大学院 自然科学研究科 修了 博士(学術)
研究テーマ骨格筋が分泌する生理活性因子(マイオカイン)の発見
運動が糖尿病を抑制する分子機序の解明
骨格筋の可塑性を制御する細胞内機構の探索
研究キーワード骨格筋、筋収縮、エネルギー代謝、筋サテライト細胞、カルニチン
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
【原著論文】
1. Manabe Y, Ogino S, Ito M, Furuichi Y, Takagi M, Yamada M, Goto-Inoue N, Ono Y, Fujii NL: Evaluation of an in vitro muscle contraction model in mouse primary cultured myotubes. Anal Biochem, in Press.
2. Yamada T, Takakura H, Jue T, Hashimoto T, Ishizawa R, Furuichi Y, Kato Y, Iwanaka N, Masuda K: Myoglobin and the regulation of mitochondrial respiratory chain complex IV. J Physiol, 594: 483-495, 2016.
3. Takakura H, Furuichi Y, Yamada T, Jue T, Ojino M, Hashimoto T, Iwase S, Hojo T, Izawa T, Masuda K: Endurance training facilitates myoglobin desaturation during muscle contraction in rat skeletal muscle. Sci Rep, 5: 9403, 2015.
4. Furuichi Y, Goto-Inoue N, Manabe Y, Setou M, Masuda K, Fujii NL, Imaging mass spectrometry reveals fiber-specific distribution of acetylcarnitine and contraction-induced carnitine dynamics in rat skeletal muscles., Biochim Biophys Acta, 1837, 1699-1706, 2014.
5. Miyatake S, Manabe Y, Inagaki A, Furuichi Y, Takagi M, Taoka M, Isobe T, Hirota K, Fujii NL. Macrophage migration inhibitory factor diminishes muscle glucose transport induced by insulin and AICAR in a muscle type-dependent manner. Biochem Biophys Res Commun, 444, 496-501, 2014.
6. Goto-Inoue N, Yamada K, Inagaki A, Furuichi Y, Ogino S, Manabe Y, Setou M, Fujii NL. Lipidomics analysis revealed the phospholipid compositional changes in muscle by chronic exercise and high-fat diet. Sci Rep, 3, 3267, 2013.
7. Yamada T, Furuichi Y, Takakura H, Hashimoto T, Hanai Y, Jue T, Masuda K. Interaction between myoglobin and mitochondria in rat skeletal muscle. J Appl Physiol, 114, 490-497, 2013.
8. Tsuchiya, M*, Manabe, Y*, Yamada, K, Furuichi, Y, Hosaka, M, Fujii, NL. Chronic exercise enhances insulin secretion ability of pancreatic islets without change in insulin content in non-diabetic rats. Biochem Biophys Res Commun, 430, 676-682, 2013. *Contributed equally
9. Furuichi Y, Sugiura T, Kato Y, Takakura H, Hanai Y, Hashimoto T, Masuda K. Muscle contraction increases carnitine uptake via translocation of OCTN2. Biochem Biophys Res Commun, 418, 774-779, 2012.
10. 古市泰郎, 増田和実. 骨格筋エネルギー代謝におけるカルニチントランスポーターの役割. 体力科学, 61, 289-296, 2012.
11. 山田達也,米田真平, 古市泰郎, 岩中伸壮,増田和実. 骨格筋の異なる筋線維タイプにおけるカルニチン輸送担体の発現比較. 北陸体育学会紀要, 48, 23-32, 2012.
12. Takakura H, Yamada T, Furuichi Y, Iwanaka N, Masuda K. Effects of muscle temperature on muscle oxygenation kinetics during contraction (in English). 北陸体育学会紀要, 47, 11-19, 2011.
13. Masuda K, Takakura H, Furuichi Y, Iwase S, Jue T. NIRS measurement of O2 dynamics in contracting blood and buffer perfused hindlimb muscle. Adv Exp Med Biol, 662, 323-328, 2010.
14. Furuichi Y, Sugiura T, Kato Y, Shimada Y, Masuda K. OCTN2 is associated with carnitine transport capacity of rat skeletal muscles. Acta Physiol, 200, 57-64, 2010.
15. Furuichi Y, Masuda K, Takakura H, Hotta N, Ishida K, Katayama K, Iwase S and Akima H: Effect of intensive interval training during unloading on muscle deoxygenation kinetics. Int J Sports Med 30: 563-568, 2009.
16. 渡邊高由樹, 徳田伸一, 高倉久志, 古市泰郎, 嶋田裕哉, 加登万裕子, 増田和実: 音楽刺激が安静時の心臓血管系の応答に及ぼす影響. 北陸体育学会紀要 45: 1-8, 2009.
17. 加登万裕子, 嶋田裕哉, 古市泰郎, 高倉久志, 増田和実: 傾斜歩行時の運動強度の推定. 日本運動生理学雑誌 16: 9-16, 2009.
18. 堀辰也, 増田和実, 古市泰郎, 田辺解, 狩野豊: Proanthocyanidinの経口摂取による筋組織の特異的なラジカル消去活性の変化. 北陸体育学会紀要 44: 1-9, 2008.
19. 高嶋龍也, 増田和実, 高倉久志, 古市泰郎: 筋収縮開始時における骨格筋deoxygenationの線形評価. 北陸体育学会紀要 42: 1-7, 2006.

【総説】
1. 古市泰郎, 藤井宣晴: マイオカインによるサテライト細胞の制御機構. 基礎老化研究, in Press.
2. 古市泰郎, 藤井宣晴: 運動療法の骨格筋における分子メカニズム. 最新医学 70: 619-624, 2015.
3. Furuichi Y, Goto-Inoue N, Fujii NL. Role of carnitine acetylation in skeletal muscle. J Phys Fit Sport Med, 3, 163-168. 2014.
4. 古市泰郎, 藤井宣晴. 骨格筋のカルニチン代謝と老化. 基礎老化研究, 38, 25-29, 2014.
5. 古市泰郎, 藤井宣晴. 筋から分泌されるマイオカインと代謝. 体育の科学, 64, 81-86, 2014.
6. 古市泰郎, 増田和実: 骨格筋エネルギー代謝におけるカルニチントランスポーターの役割. 体力科学, 61: 289-296, 2012.

【著書】
1. Furuichi Y: Mechanism of Skeletal Muscle Contraction: Role of Mechanical Muscle Contraction in Glucose Homeostasis. In Musculoskeletal Disease Associated with Diabetes Mellitus (Masaaki Inaba Eds), pp. 155-169, Springer, New York, 2016.1.
受 賞日本運動生理学会奨励賞(第18回日本運動生理学会)
日本体力医学会新潟大会研究奨励賞(第64回日本体力医学会大会)
北陸体育学会優秀研究奨励賞(平成19年北陸体育学会)
主な学会活動日本体力医学会
日本運動生理学会
日本分子生物学会
日本細胞生物学会
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 身体運動演習
  • スポーツ実習
  • 身体運動演習
  • 身体運動演習
  • スポーツ実習B
  • 生理学実験(身体運動科学)
  • 身体運動演習
  • スポーツ実習
  • 身体運動演習
  • 身体運動演習
  • スポーツ実習B
オフィスアワー水 14:00-18:00
研究室13号館115号室
内線番号内線5027
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ