本文へ移動します

古島 剛

氏 名古島 剛フルシマ ツヨシふるしま つよし
職 位助教
所 属首都大学東京都市教養学部 理工学系 機械工学コース
理工学研究科 機械工学専攻
 
専門・研究分野機械工学,塑性工学
最終学歴・学位博士(工学)
研究テーマ?ダイレス引抜きによる金属マイクロチューブの創成
?異形管のダイレス引抜きに関する研究
?金属マイクロチューブのレーザダイレスフォーミングに関する研究
?マグネシウム合金管の結晶粒微細化に関する研究
?医療用マグネシウム合金管のダイレス引抜きに関する研究
?ダイレスフォーミングの高速化に関する研究
?ダイレスフォーミングによる金属管の形状制御に関する研究
?メゾスコピックな不均質性を考慮した有限要素解析による自由表面あれ予測
?多結晶金属材料の不均質変形(自由表面あれ挙動)に関する研究
研究キーワード塑性工学,塑性力学,板材成形,FEMシミュレーション,延性破壊,表面あれ進展,チューブフォーミング
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
査読付論文(合計38編)
(1)Workability of AZ31 Magnesium Alloy Tubes in Dieless Drawing Process, Steel Research International, Special Edition (2012) pp.851-854, T. Furushima, K. Manabe
(2)Fracture Prediction in Micro Sheet Forming Using Ductile Fracture Criterion, Steel Research International, Special Edition (2012) pp.1183-1186, T. Furushima, H. Tsunezaki, K. Manabe, S. Alexandrov
(3)Development of Cyclic Rotating Bending Process for Microstructure Control of AZ31 Magnesium Alloy Tube, Advanced Materials Research, Vol. 652-654 (2013) pp. 1956-1960, Z.C. Zhang, K. Manabe, T. Furushima, K. Tada
(4)Prediction of Surface Roughening and Necking Behavior for Metal Foils by Inhomogeneous FE Material Modeling, Key Engineering Materials, Vol. 554-557 (2013), pp. 169-173, T. Furushima, H. Tsunezaki, T. Nakayama, K. Manabe, S. Alexandrov
(5)Development of semi-dieless metal bellows forming process, Journal of Materials Processing Technology, Vol. 213 (2013), pp. 1406-1411.(Aug. 2013), T. Furushima, N.Q. Hung, K. Manabe, O. Sasaki
(6)Fabrication of noncircular multicore microtubes by superplastic dieless drawing process, Journal of Materials Processing Technology, Vol. 214 (2014), pp. 29-35.(Jan. 2014), T. Furushima, A. Shirasaki, K. Manabe((21)の英文誌への採録論文)
(7)Ductile fracture and free surface roughening behaviors of pure copper foils for micro/meso-scale forming, International Journal of Machine Tools and Manufacture, Vol. 76 (2014), pp. 34-48. (Jan. 2014), T. Furushima, H. Tsunezaki, K. Manabe, S. Alexandrov
受 賞H17年2月(2005年)日本塑性加工学会 平成17年度日本塑性加工学会賞 学生奨励賞
H17年6月(2005年)日本塑性加工学会 平成17年度塑性加工春季講演会 優秀論文講演奨励賞
H21年5月(2009年)日本塑性加工学会 平成21年度塑性加工学会 学会賞 論文賞
H21年9月(2009年)日本塑性加工学会 平成21年度塑性加工春季講演会 優秀論文講演奨励賞
H23年5月(2011年)日本塑性加工学会 平成23年度塑性加工学会 学会賞 新進賞
H23年7月(2011年)The 5th International Conference on Tube Hydroforming (TUBEHYDRO2011) Young Researcher Award
H24年6月(2012年)日本塑性加工学会 平成24年度塑性加工学会 学会賞 論文賞
H25年2月(2013年)日本塑性加工学会 平成24年度塑性加工学会 学会賞 優秀論文講演奨励賞
H25年4月(2013年)日本機械学会 2012年度学会賞 奨励賞研究
H25年9月(2013年)日本機械学会 2012年度機械材料・材料加工部門 部門一般表彰(優秀講演論文部門)
主な学会活動H21年4月〜H23年3月(2009年〜2011年)日本塑性加工学会 編集委員会 編集委員
H21年4月〜現在(2009年〜現在)日本塑性加工学会 東京・南関東支部 新進部会 世話役
H22年4月〜H23年3月(2010年〜2012年)International Conference on 5th Tube Hydroforming 2011 実行委員会委員
H23年4月〜H25年3月(2011年〜2013年)日本塑塑性加工学会 編集委員会 編集幹事
H24年10月〜H25年3月(2012年〜2013年)日本機械学会 関東支部 第20期総会講演会 実行委員
H25年3月〜H25年12月(2013年)日本機械学会 第21回機械材料・材料加工技術講演会 実行委員
H25年4月〜現在(2013年〜現在)日本塑性加工学会 企画委員会 企画委員
H25年4月〜現在(2013年〜現在)日本塑性加工学会 ナノ・マイクロ加工分科会 幹事
H25年4月〜現在(2013年〜現在)日本塑性加工学会 東京・南関東支部 庶務幹事
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
オフィスアワー月-金
研究室10号館/機械建築実験棟/225号室
内線番号内線4187
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ