本文へ移動します

古川 順光

氏 名古川 順光フルカワ ヨリミツふるかわ よりみつ
職 位准教授
所 属首都大学東京健康福祉学部 理学療法学科
人間健康科学研究科 理学療法科学域
 
専門・研究分野理学療法学
障害科学
運動生理学
応用健康科学
体力医学
最終学歴・学位東北大学大学院医学系研究科障害科学専攻博士後期課程修了,博士(障害科学)
研究テーマ身体活動量の評価と応用
内部障害者の理学療法
姿勢評価
研究キーワード理学療法,内部障害,身体活動量,酸素摂取量,心拍数,障害予防,姿勢
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
【論文・著書】
古川順光,大森圭,宮下智,内田勝雄,丹羽健市:上方牽引による免荷歩行時の呼吸循環応答.体力科学56(3),pp339-346,2007
猪俣高志,林典雄,武内朗,潮見泰蔵,浅井友詞,木村雅彦,松永篤彦,森島健,大平雅美,古川順光,新田收,渡邉修,池田由美,小山貴之,繁田雅弘:運動学.柳澤健編,理学療法士・作業療法士ポケットレビュー帳基礎編:pp173-232,メジカルビュー社,東京,2008
岩田由明,坂口光晴,松林義人,新井光男,古川順光,塩田琴美,来間弘展,田中良美,戸渡富民宏,武内朗,小山貴之,大平雅美,丸田和夫,竹井仁,大城昌平,川村博文,相澤純也,池田誠:基礎理学療法学.柳澤健編,理学療法士・作業療法士ポケットレビュー帳専門編:pp25-30,メジカルビュー社,東京,2008
上月正博,内山覚,木村朗,古川順光,(他55名):からだの叫びが聞こえる─バイタルサインから何がわかるか?.丸山仁司,竹井仁,黒澤和生,石黒友康,高橋哲也編,考える理学療法 内部障害編―評価から治療手技の選択:pp42-51,文光堂,東京,2008
池田誠,古川順光,塩田琴美,池田望:患者団体支援による住宅改修情報の有効性に関する研究-全国脊髄小脳変性症友の会の活動支援に焦点を当てて.住宅総合研究財団研究論文集35,pp227-238,2009.
園部俊晴,田中龍太,勝木秀治,今屋健,若林知恵子,内間康知,渡辺菜津子,本田敦,古川順光:骨盤と身体重心の位置変化が体幹アライメントに及ぼす影響.理学療法25(2),pp.445-461.2008
古川順光:姿勢とエネルギー消費.理学療法24(1),pp108-114,2007
中俣修,古川順光,根岸徹,金子誠喜:下肢重量を運動負荷とした腰椎骨盤アライメントの保持能力検査における腹横筋活動.徒手的理学療法6(1),pp19-24,2006
竹井仁,池田由美,古川順光,神尾博代,岩崎健次,井上薫:健常高齢女性における上肢を用いた日常生活活動と酸素摂取量との関係.東京保健科学学会誌7(2),pp73-78,2004
古川順光:階段昇降運動のエネルギー消費量の検討.東北大学.2004

【国際学会発表】
Yorimitsu Furukawa, Osamu Nitta, Hitoshi Takei, Hironobu Kuruma, Osamu Nakamata, Yumi Ikeda, Nami Shida, Makoto Ikeda and Ken Yanagisawa: Analysis of Heart Rate Recovery Time in Exercise of Deep Trunk Muscles Using Two Devices. Proceedings of 17th ISEK Congress:2008.
Furukawa Y, Shida N, Nakamata O, Kamio S, Yanagisawa K: Relationship between Physical Activities of Daily Life and the Choice of Transportation Device in Young Japanese. Asia-Pacific Conference on Exercise and Sports Science 2007. Proceeding p.118. 2007.
Kuruma H, Takei H, Nitta O, Furukawa Y, Shida N, Kamio H, Oya S, Yanagisawa K: Effects of myofascial release and stretch techniques on range of motion and reaction time,WCPT congress,2007
Furukawa, Y, Nakamata, O, Nkajima, I, Ikeda, Y, Takei, H, Hosoda, M, Ikeda, M, Yanagisawa,K, Kaneko, S: Analysis of Heart Rate Recovery Time at Exercise Testing Below the Anaerobic Threshold Level. Proceedings of 16th ISEK Congress:156, 2006.
Nakamata, O, Furukawa, Y, Hosoda, M, Kamio, H, Kaneko, S: The difference of alignment of lumbar vertebrae and lumbar range of motion in four postures. Proceedings of 16th ISEK Congress:148, 2006.
Takei, H, Ikeda, Y, Furukawa, Y, Nitta, O, Yanagisawa, K, Goto, Y, Watanabe, S: MRI Analysis of Flexion Movement of the Shoulder Joint. Proceedings of 16th ISEK Congress:46, 2006.
Hosoda, M, Takayanagi, K, Isozaki, K, Ito, S, Nakamata, O, Furukawa, Y, Kubota, A, Inoue, K, Matsuda, M, Morita, S: Effects of Dental Occlusion on Dynamic Balance. Proceedings of 16th ISEK Congress:164,2006.

【国内学会発表】
古川順光, 新田收, 来間弘展, 竹井仁, 中俣修, 信太奈美, 神尾博代, 池田誠, 柳澤健:2種類の体幹深部筋トレーニング時の心拍数分析.理学療法学,35,Suppl.2:132,2008
中俣修, 山崎敦, 具志堅敏, 古川順光, 金子誠喜:座位での前方および下方への押し動作における腹筋活動の分析.理学療法学,35,Suppl.2:252,2008
新田收, 古川順光, 来間弘展:健常成人における座位バランスエクササイズの運動負荷量 バルーン使用および不安定板使用にける負荷量比較理学療法学.理学療法学,35,Suppl.2:107,2008
信太奈美, 池田由美, 古川順光, 来間弘展, 神尾博代, 新田收, 柳澤健:視覚遮断健常者と視覚障害者における立ち直り反応の比較.理学療法学,35,Suppl.2:452,2008
来間弘展, 新田收, 俵紀行, 古川順光, 信太奈美, 神尾博代, 渡邉修, 柳澤健:MRI信号強度による骨盤運動時体幹深部筋活動の計測 健常者と腰痛既往者の相違について.理学療法学,35,Suppl.2:495,2008
菅原康介, 猪狩信也, 市川塁, 大矢祥平, 古川順光:DYJOCトレーニング中の筋電図積分値・中間周波数の経時的分析.理学療法学,35,Suppl.2:55,2008
市川塁, 大矢祥平, 菅原康介, 猪狩信也, 古川順光:扁平足における内側アーチ支持テープが歩行時下肢筋活動に与える影響.理学療法学,35,Suppl.2:721,2008
大矢祥平, 菅原康介, 猪狩信也, 市川塁, 古川順光:後屈動作を用いた後方への動的バランス評価の検討.理学療法学,35,Suppl.2:803,2008
古川順光, 新田收, 来間弘展, 中俣修, 信太奈美, 山元佐和子, 山本恵三, 池田誠, 後藤保正, 柳澤健:体幹深部筋エクササイズ時の心拍数分析.体力科学,57(6):956,2008
中俣修, 古川順光, 金子誠喜:上肢運動による体幹への運動負荷の負荷方向と腹筋活動との関係.体力科学,57(6):956,2008
山元佐和子, 古川順光, 後藤保正:胸郭運動制限下での車椅子片手片足駆動時の酸素負債.体力科学,57(6):962,2008
工藤尚哉, 石井賢治, 本川亮, 古川順光, 永富良一:階段昇段時におけるエネルギー消費量と運動後余剰酸素消費量の関係.体力科学,57(6):751, 2008
石井賢治, 工藤尚哉, 本川亮, 古川順光, 永富良一:定常値と運動後余剰酸素摂取量を用いた階段昇段時エネルギー消費量の比較.体力科学,57(6):761,2008
古川順光,中俣修,池田由美,竹井仁,神尾博代,信太奈美,中島愛,来間弘展,新田收,金子誠喜,池田誠,柳澤 健:無酸素性代謝閾値以下の運動後心拍数回復時間の解析-第2報-.理学療法学34(Suppl.2),p.250.2007
山元佐和子,古川順光,竹井仁,金子誠喜:胸郭運動制限下での車椅子片手片足駆動時のエネルギー代謝に関する検討.理学療法学34(Suppl.2),p.628.2007
古川順光, 中俣修, 神尾博代, 信太奈美, 新田收, 後藤保正, 山本恵三, 池田誠, 金子誠喜, 柳澤健:各姿勢間における代謝当量の変化.体力科学56(6),p.867.2007
池田誠,古川順光,田口孝行:脊髄小脳変性症の主観的QOLの低下と性、年齢および重症度との関係.日本公衆衛生学会抄録集66回,p.396.2007
来間弘展,竹井仁,新田收,古川順光,信太奈美,神尾博代,大矢祥平,渡邉修,柳澤健:筋膜リリースとストレッチングを用いた理学療法効果の比較検討.理学療法学34(Suppl.2),p.130.2007
神尾博代,中俣修,古川順光,信太奈美,来間弘展,金子誠喜,柳澤健:足部位置の違いによる立ち上がり動作の分析.理学療法学34(Suppl.2),p.622.2007
新田收,俵紀行,妹尾淳史,来間弘展,古川順光,中俣修:選択的大腰筋トレーニング方法の検討 MR信号の変化による体幹深部筋活動の評価.理学療法学34(Suppl.2),p.635.2007
信太奈美,古川順光,来間弘展,神尾博代,来間弘展,後藤保正,山本恵三:視覚と足底感覚情報コントロール時のバランス反応の比較.体力科学56(6),p.593.2007
神尾博代,信太奈美,古川順光,来間弘展,後藤保正,山本恵三,金子誠喜:肥満予防に効果的な運動についての検討.体力科学56(6),p.773.2007
新田收,俵紀行,妹尾淳史,来間弘展,古川順光:多裂筋トレーニング方法の検討 MR信号の変化による評価.体力科学56(6),p.853.2007
中俣修,古川順光,金子誠喜:日常生活と関連する動作課題における腰椎可動域の分析.体力科学56(6),p.874.2007
古川順光, 中俣修, 中島愛, 池田由美, 竹井仁, 細田昌孝, 堀川博代, 池田誠, 金子誠喜:無酸素性閾値を基準にした一定強度運動負荷後の心拍数回復過程に関する検討.理学療法学33, Suppl.2:404,2006
中俣修,古川順光, 根岸徹, 細田昌孝, 堀川博代, 金子誠喜:下肢重量を用いた腰椎骨盤姿勢制御検査における腹横筋活動の分析.理学療法学33, Suppl.2:175,2006
細田昌孝, 増田正, 高柳清美, 磯崎弘司, 伊藤俊一, 井上和久, 古川順光, 中俣修, 久保田章仁, 松田雅弘, 森田定雄:咬合が転倒を予防する可能性〜動的バランス評価における咬合有無効果に関する検討.理学療法学33, Suppl.2:394,2006
加藤洋,後藤保正,山本恵三,犬上牧,古川順光:ラット筋肉の元素分析.体力科学 55:713,2006
古川順光,中俣修,堀川博代,新田收,信太奈美,来間弘展,金子誠喜,池田誠,加藤洋,後藤保正,山本恵三:低強度運動時の心拍数回復過程の解析.体力科学 55:889,2006
新田收,古川順光,来間弘展,妹尾淳史,中俣修,俵紀行:不安定板を用いた背臥位体幹筋トレーニングが体幹筋に及ぼす影響-MRI画像による分析.体力科学 55:897,2006
中俣修,古川順光,堀川博代,新田收,金子誠喜,池田誠,後藤保正,山本恵三:背臥位での下肢挙上位保持姿勢における腹壁凹まし運動による腹筋筋厚変化.体力科学 55:902,2006
信太奈美,後藤保正,山本恵三,古川順光:障害者トップアスリートの薬物使用の現状.体力科学 55:909,2006
池田誠,古川順光,田口孝行:在宅脊髄小脳変性症の介護保険制度のリハビリ関連サービスの利用状況、効果および満足度.日本公衆衛生雑誌 53特別附録:582,2006
神尾博代,古川順光,中俣修,金子誠喜:立ち上がり動作の分析.第16回日本保健科学学会学術集会抄録集:29,2006
古川順光,中俣修,神尾博代,来間弘展,信太奈美,柳澤健:ICC使用による体力水準別移動様式選択傾向の検討.第4回ICC研究会:2007
受 賞
主な学会活動日本理学療法士協会
日本体力医学会
日本保健科学学会
日本理学療法科学学会
International Society of Electrophysiology and Kinesiology
社会等との関わり(公社)東京都理学療法士協会学術局新人教育部
足立区転倒予防事業
個人のURL
担当科目
  • リハビリテーション概論
  • 機能・能力診断学
  • 運動学Ⅱ
  • 物理療法学
  • 運動学実習
  • 機能・能力診断学実習
  • 理学療法学セミナー
  • 心肺系理学療法学
  • 機能・能力診断学臨床実習
  • 総合臨床実習Ⅰ
  • 総合臨床実習Ⅱ
  • 理学療法科学特別研究a
  • 内部障害理学療法学特論
  • 内部障害理学療法学特論
  • 内部障害理学療法学特論演習
  • 内部障害理学療法学特論演習
  • 理学療法科学特別研究a
  • 理学療法科学特別研究b
  • 理学療法科学特別研究b
  • 理学療法科学特別研究a
  • 内部障害理学療法学特講
  • 内部障害理学療法学特講
  • 内部障害理学療法学特講演習
  • 内部障害理学療法学特講演習
  • 理学療法科学特別研究a
  • 理学療法科学特別研究b
  • 理学療法科学特別研究b
  • リハビリテーション概論
オフィスアワー月-金
研究室校舎棟研究室585
内線番号内線
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ