本文へ移動します

平井 洋子

氏 名平井 洋子ヒライ ヨウコひらい ようこ
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 人文・社会系 心理学・教育学コース 心理学教室
人文科学研究科 人間科学専攻 心理学・臨床心理学教室
 
専門・研究分野心理測定論,計量心理学
最終学歴・学位東京大学大学院 教育学研究科 博士課程満期退学
研究テーマ記述データや評定データについて,テスト理論の視点から測定モデルを検討している。近年は,とくに項目形式・応答形式や測定文脈の影響を含めて考えたときの測定の信頼性と妥当性について,関心を持っている。
研究キーワードテスト理論,信頼性と妥当性,尺度構成,多変量解析
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
平井洋子 2001 測定・評価に関する研究の動向-尺度による測定と「定型」再考 教育心理学年報 第40集112-122.
平井洋子 2002 論述式課題による高次思考能力測定の試み-採点内容の検討 東京都立大学人文学報 第326号17-30.
平井洋子 2002 「心理統計の技法」 福村出版 Pp.9-31,44-66.
平井洋子 2003 「心理学研究法」 放送大学教育振興会 Pp.81-105.
平井洋子 2005 公平性に対する測定論的アプローチの歴史的展望-選抜テストにおけるマイノリティの低得点を背景に 東京都立大学人文学報 第358号 1-29.
白砂佐和子・平井洋子 2005 円環モデルによる対人関係上の問題の構造把握- 対人問題インベントリー(IIP)を用いて パーソナリティ研究 第13巻 第2号 252-263.
井梅由美子・平井洋子・青木紀久代・馬場禮子 2006 日本における青年期用対象関係尺度の開発 パーソナリティ研究 第14巻 第2号 181-193.
平井洋子 2006 測定の妥当性からみた尺度構成-得点の解釈を保証できますか 吉田寿夫(編)「心理学研究法の新しいかたち」 誠信書房 Pp.21-49.
Tsuchiya, T., Hirai, Y., & Ono, S. (2007) A study on the properties of the item count technique. Public Opinion Quarterly, vol.71, No.2, 253-272.
平井洋子 (2007) 主観的評定における評定基準,評定者数,課題数の効果について-一般化可能性理論による定量的研究 首都大学東京人文学報 第380号 25-64.
土屋隆裕・平井洋子・小野滋 (2007) 個別面接聴取法におけるItem Count法の諸問題と実用可能性 統計数理 第55巻 第1号 159-175.
平井洋子・土屋隆裕 (2008) 調査における質問内容と回答者の心理的抵抗感が回答に与える影響について 首都大学東京人文学報 第395号 41-61.
平井洋子 (2008)(分担執筆) 荒井克弘・倉元直樹(編著)「全国学力調査 日米比較研究」 金子書房 Pp.81-100, 122-142.
南風原朝和・平井洋子・杉澤武俊(共著)2009 「心理統計学ワークブック-理解の確認と深化のために」有斐閣
日本テスト学会(編)2010 「見直そう,テストを支える基本の技術と教育」金子書房 <共同執筆>
Tsuchiya,T. & Hirai, Y. (2010) Elaborate Item Count Questioning: Why Do People Underreport in Item Count Responses? Survey Research Methods, 4(3),139-149.
椎名久美子・平井洋子 (2011) 主観的評価による合否決定の事例集作成に向けた試み 大学入試研究ジャーナルNo.21, 15-22.
平井洋子 (2016) 妥当性理論の歴史的変遷と心理学研究への適用に関する一考察:Standardsを中心に 首都大学東京人文学報 No.512-4 15-26.
受 賞
主な学会活動日本心理学会,日本教育心理学会('04-'06 常任編集委員,'07-'09 研究委員会委員,'12 城戸賞選考委員 '15 優秀論文賞選考委員)日本テスト学会('04- 編集委員),日本行動計量学会,National Council on Measurement in Education(全米教育測定評議会)
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • (カ)心理統計学I
  • (カ)心理統計学II
  • (カ)計量心理学演習
  • (カ)計量心理学演習
  • (カ)心理学概論I
  • 計量心理学研究演習第一
  • 計量心理学研究演習第二
  • 計量心理学特論演習
  • 計量心理学特論演習
  • 修士論文指導(心理)
  • 修士論文指導(心理)
  • 博士論文指導(心理)
  • 博士論文指導(心理)
オフィスアワーとくに限定しない
研究室5-207
内線番号内線
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ