本文へ移動します

久永 眞市

氏 名久永 眞市ヒサナガ シンイチひさなが しんいち  
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 理工学系 生命科学コース
理工学研究科 生命科学専攻
 
専門・研究分野神経生化学
最終学歴・学位東京大学大学院博士課程修了(1982年)・理学博士
研究テーマ神経細胞の分化、シナプス活動、細胞死におけるサイクリン依存性キナーゼの役割と活性制御に関する研究。
研究キーワード神経細胞、リン酸化、シナプス活動、学習・記憶、神経細胞死、アルツハイマー病
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
Hisanaga, S., and Endo, E. Regulation and role of Cdk5 kinase activity in neuronal survival and death. J. Neurochem., 115, 1309-1321, 2010.

Minegishi, S., Asada, A., Miyauchi, S., Fuchigami, T., Saito, T., and Hisanaga, S. Membrane association facilitates degradation and cleavage of the cyclin-dependent kinase 5 activators p35 and p39. Biochemistry, 49, 5482-5493, 2010

Takano, T., Tsutsumi, K., Saito, T., Asada, A., Tomomura, M., Fukuda, M., Hisanaga, S. AATYK1A phosphorylation by Cdk5 regulates the recycling endosome pathway. Genes Cells 15, 783-797, 2010.

sutsumi, K., Takano, T., Endo, R., Fukuda, M., Ohshima, T., Tomomura, M., and Hisanaga, S. Phosphorylation of AATYK1 by Cdk5 suppresses its tyrosine phosphorylation. PLoS ONE, 5, e10260, 2010.

Hosokawa, T., Saito, T., Asada, A., Fukunaga, K., and Hisanaga. Quantitative Measurement of In Vivo Phosphorylation States of Cdk5 Activator p35 by Phos-tag SDS-PAGE. Mol. Cell. Proteomics. 9, 1133-1143, 2010.

久永眞市,遠藤良.神経細胞におけるCdk5-p35の活用戦略.「細胞周期フロンティア」佐方功幸・稲垣昌樹・岸本健雄 編集 共立出版、pp242-247、2010.

細川智永、久永真市.Cdk5?シナプスにおけるネガティブレギュレーター.生体の科学特集号「シナプスをめぐるシグナリング」61, 470-471, 2010.

Endo, R., Saito, T., Asada, A., Kawahara, H., Ohshima, T. and Hisanaga, S. Commitment of MPP+-induced neuronal cell death by proteasome-mediated degradation of p35 Cdk5 activator. J. Biol. Chem., 284, 26029-26039, 2009.

Sasaki, T., Ishiguro, K., and Hisanaga, S. Novel axonal distribution of neurofilament-H phosphorylated at the GSK3b-phosphorylation site in its E-segment. J. Neurosci. Res. 87:3088-3097, 2009.

Yotsumoto, K., Saito, T., Asada, A., Oikawa, T., Kimura, T., Uchida, C., Ishiguro, K., Uchida, T., Hasegawa, M., & Hisanaga, S. Effect of pin1 or microtubule binding on dephosphorylation of FTDP-17 mutant tau. J. Biol. Chem. 284, 16840-16847, 2009.

久永真市.多様な神経機能を制御するキナーゼCdk5. 編集. 蛋白質核酸酵素 54, 2009.
受 賞
主な学会活動日本生化学会、日本神経化学会(評議員)、日本細胞生物学会(評議員)、日本分子生物学会、北米神経科学会
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 一般生物学I
  • 生物学概説IA
  • 一般生物学I
  • 生物学概説IA
  • 細胞生物学各論
  • 生化学実験(神経分子機能)
  • 生化学概論2
  • 生体情報学特論
  • 生体情報学特論
  • 生命科学セミナー1(神経分子機能1)
  • 生命科学セミナー1(神経分子機能1)
  • 生命科学セミナー2(神経分子機能1)
  • 生命科学セミナー2(神経分子機能1)
  • 生命科学セミナー1(神経分子機能2)
  • 生命科学セミナー1(神経分子機能2)
  • 生命科学セミナー2(神経分子機能2)
  • 生命科学セミナー2(神経分子機能2)
  • 生命科学セミナー1(神経分子機能3)
  • 生命科学セミナー1(神経分子機能3)
  • 生命科学セミナー2(神経分子機能3)
  • 生命科学セミナー2(神経分子機能3)
  • 生命科学セミナー1(神経分子機能4)
  • 生命科学セミナー1(神経分子機能4)
  • 生命科学セミナー2(神経分子機能4)
  • 生命科学セミナー2(神経分子機能4)
  • 生命科学実験1(神経分子機能)
  • 生命科学実験1(神経分子機能)
  • 生命科学実験2(神経分子機能)
  • 生命科学実験2(神経分子機能)
オフィスアワー月-土 午後(事前メール望)
研究室9号館478号室
内線番号内線4443
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ