本文へ移動します

春田 正毅

氏 名春田 正毅ハルタ マサタケはるた まさたけ
職 位教授
所 属首都大学東京都市環境学部 分子応用化学コース
都市環境科学研究科 分子応用化学域
 
専門・研究分野ナノ材料設計
最終学歴・学位京都大学 大学院 工学研究科 工業化学専攻 博士課程修了、 工学博士
研究テーマ触媒化学、コロイド・界面化学。金のナノ粒子やクラスターを寸法を制御して作ること、およびそれらを触媒として環境にやさしい化学反応を開拓すること。
研究キーワード金、ナノ粒子、クラスター、触媒、空気浄化、環境調和型化学プロセス
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
1) 金ナノ粒子触媒による空気浄化と環境調和型化学プロセスの開拓
2) 化学センサ、特に高選択性ガスセンサの開発
3) 単分散金属硫化物質粒子の調製
4) 水素の触媒燃焼機器の開発

<著書>
1) ナノ粒子、日本化学会編、共立出版、2013年5月25日発行
2) 金ナノテクノロジー(編著)、シーエムシー出版、2005年
3) Catalysis by Gold, Elsevier, co-editors, Appl. Catal. A:General 29 (2005)
4) Copper, Silver, and Gold in Catalysis, Elsevier, co-editors, Catal. Today 36 (1997)
5) センサ先端材料のやさしい知識(共編著)、オーム社、1997年
6) 化学センサ入門(編著)、オーム社、1995年

<論文>
1) “Heterogeneous catalysis by gold”, T. Takei, T. Akita, I. Nakamura, T. Fujitani, M. Okumura, K. Okazaki, J. Huang, T. Ishida, M. Haruta, Advances in Catalysis, F. C. Jentoft, B. C. Gates eds., 55, chapter 1, Elsevier, 1-126 (2012).

2) “Visualizing gas molecules interacting with supported nanoparticulate catalysts at reaction conditions”, Science 335 (2012) 317-319.

3) “Role of perimeter interfaces in catalysis by gold nanoparticles”, Faraday Disc. 152(1) (2011)11-32.

4) “Switching of reactions between hydrogenation and epoxidation of propene over Au/Ti based oxides in the presence of H2 and O2”, J. Catal. 281 (2011) 12-20.

5) “Synergistic catalysis of Au@Ag core-shell nanoparticles stabilized on metal-organic framework”, J. Am. Chem. Soc. 133 (2011) 1304-1305.

6) “Hydrogen dissociation by gold clusters”, Angew. Chem. Int. Ed. 48 (2009) 9515-9518.

7) “Propene epoxidation with dioxygen catalyzed by gold clusters”, Angew. Chem. Int. Ed. 48 (2009) 7862-7866.

8) “One-pot N-alkylation of primary amines to secondary amines by gold clusters supported on porous coordination polymers”, Gold. Bull. 42(4) (2009) 267-274.

9) “Aerobic oxidation of glucose and 1-phenylethanol over gold nanoparticles directly deposited on ion-exchange resins”, App. Catal. A:General 353 (2009) 243-248.

10) “Low-temperature oxidation of CO catalyzed by Co3O4 nanorods”, Nature 458 (2009) 746-749.

11) “TEM observation of gold nanoparticles deposited on cerium oxide”, J. Mater. Sci. 40 (2005)3102-3106.

12) “Vital role of moisture in the catalysis of supported gold nanoparticles”, Angew. Chem. Int. Ed. 43 (2004) 2129-2132.

13) “Three dimensional mesoporous titanosilicate as a support for gold nanoparticles: vapor-phase epoxidation of propene with high conversion”, Angew. Chem. Int. Ed. 43 (2004) 1546-1548.

14) “Local barrier height of gold nanoparticles on a TiO2(110)-(1x2) surface”, Appl. Surf. Sci. 222(1-4) (2003) 409-414.

15) “Preparation of supported gold catalysts by gas phase grafting of gold acetylacetonate for low-temperature oxidation of CO and of H2”, J. Mol. Catal. A-Chem. 199 (2003) 73-84.

16) “EPR study of CO and O2 interaction with supported gold catalysts”, J. Catal. 203 (2001) 256-267.

17) “CO2 and CO hydrogenation over gold supported on Ti, Fe, and Zn oxides”, Appl. Catal. A: General 127(1995) 93-105.

18) “Low temperature oxidation of CO over gold supported on TiO2, Fe2O3 and Co3O4”, J. Catal. 144 (1993) 175-192.

19) “Gold catalysts prepared by coprecipitation for low-temperature oxidation of hydrogen and carbon monoxide”, J. Catal. 115 (1989) 301-309.

20) “Novel gold catalysts for the oxidation of carbon monoxide at a temperature far below 0 °C”, Chem. Lett. (1987) 405-408.
受 賞平成4年  近畿化学協会 第44回化学賞
平成9年  第15回大阪科学賞
平成10年 科学技術庁長官賞(第24回研究功労者表彰)
平成14年 平成13年度触媒学会賞
平成14年 International Precious Metals Institute, Henry J. Albert Award
平成21年 Academia Europaea, Foreign member
平成22年 日本化学賞
平成23年 Royal Society of Chemistry, Spiers Memorial Award and Fellow
平成24年 Thomson Reuters Citation Laureate: Nobel Prize in Chemistry
平成25年 Zhang Dayu Lectureship, Dalian Institute of Chemical Physics
平成26年 Docteur honoris causa, Universite Catholique de Louvain, Belgium
平成26年 中日文化賞
主な学会活動1)  センシング技術応用研究会理事(平成4年〜現在)
2)  日本エネルギー学会関西支部幹事 (平成7年度〜12年度)
3)  ナノ学会評議員(平成9年〜現在)
4)  近畿化学協会理事 (平成11年度〜12年度)
5)  触媒学会理事、関東地区代表幹事 (平成15年度〜現在)
6)  触媒学会副会長、会長 (平成22, 23年度)
7)  日本化学会常議員
8)  4th World Congr. Oxidation Catal., Berlin, Sept. 2001, Member of Program Committee
9)  4th Tokyo Conf. Advanced Catal. Sci. & Technol., July 2002, 組織委員会委員
10) International Conference "Catalytic Gold 2001", Cape Town, April 2001 and
Gold 2003, Vancouver, September 2003, Member of Technical Committee
11) 5th World Congress on Oxidation Catalysis, Sapporo, September 2005,
組織委員会副委員長、プログラム小委員会座長
12) Member of the Advisory Board for the Institute of Chemical Engineering and
   Science, SAB, Singapore, 2007-2010
13) センシング技術応用研究会理事、平成8年〜現在
14) 6th International Conference on Gold Science, Technology and its Applications
   (GOLD2012), Tokyo, September 2012, Chairman of Organizing Committee
社会等との関わり1)  文科省 科学研究費「協奏機能触媒」選考委員会委員
2)  分子科学研究所、自然科学研究 計算化学研究開発プログラム委員会委員
3)  産業技術総合研究所、ナノ粒子特性評価技術研究開発推進委員会委員、平成8年〜平成23年
4)  US Science Academy, National Research Council, Basis Energy Science,
  Catalysis Program, Member of Evaluation Committee, 18/12/2007-28/02/2009
5)  Member of International Advisory Committee, State Key Laboratory of Catalysis,
  2007- present
6)  大阪府立大学 プログラム 外部委員 平成24年〜25年度
7) 北海道大学 触媒研究センター 外部評価委員 平成24年度
8)  Chinese Academy of Sciences, Visiting Professor for
Senior International Scientists 平成24年〜
9) 名古屋工業大学 特別招聘教授 平成25年〜
個人のURL
担当科目
  • ナノ材料設計化学特論A
  • 先端物質デザイン化学講究Ⅰ
  • 先端物質デザイン化学講究Ⅱ
オフィスアワー
研究室フロンティア研究棟204室
内線番号内線5564
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ