本文へ移動します

長谷 和徳

氏 名長谷 和徳ハセ カズノリはせ かずのり  
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 理工学系 機械工学コース
理工学研究科 機械工学専攻
 
専門・研究分野人間機械システム工学
最終学歴・学位慶應義塾大学大学院理工学研究科生体医工学専攻博士課程修了,博士(工学)
研究テーマ人間の身体運動の生体力学分析と,高齢者などの体力弱者の身体動作を支援するための工学技術の研究開発を行っています.
研究テーマ例:
・筋骨格系の力学特性を数理モデル化したデジタルヒューマン
・歩行支援のための健康福祉用具の開発と評価
・下肢運動のトレーニング評価システム,など.
研究キーワード福祉工学,リハビリテーション工学,生体力学(バイオメカニクス),人間支援機械工学
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
梶大介, 長谷和徳, 井上剛志, 石田浩司, 大日方五郎: 機械的振動が血液循環に与える影響, 日本機械学会論文集C編, 75, 751, (2009), 760-761.

長谷和徳, 梶大介, 留置昌幸, 平手庸介, 李唯実: 草鞋を模擬した足部装具が身体運動に及ぼす影響の運動力学分析, 人間工学, 45, 1, (2009), 58-64.

小川淳夫, 大日方五郎, 長谷和徳, Ashish Dutta, 中川三吉: 磁性流体による接触圧力制御機能を持つ下腿義足の設計, 日本機械学会論文集C編, 74, 746, (2008), 2562-2569.

Hase, K.: A computer simulation study on causal relationship between walking and physical malfunctions in older adults, Anthropological Science, 116, 2, (2008), 95-104 (published online: DOI: 10.1537/ase.060406).

小島聡太, 長谷和徳, 大日方五郎, 中山淳: センサ付自転車エルゴメータと筋骨格モデルによる下肢運動評価システムの開発, 人間工学, 44, 4, (2008), 193-201.

内藤尚, 井上剛伸, 相川孝訓, 長谷和徳, 山崎伸也: ソケット側面に股継手回転軸を設けた股義足の機能評価, バイオメカニズム19, (2008), 139-149.

大西圭一, 長谷和徳, 大日方五郎: 等尺性収縮時におけるヒトの力制御能力の解析, 日本機械学会論文集C編, 74, 742, (2008), 1531-1538.

Kim, C.S., Eom, G.M., Tack, G.R., Hase, K., Khang, G., Tack, G.R., Yi, J.H., Jun, J.H.: Stimulation pattern-free control of FES cycling: Simulation study, IEEE Transactions on Systems, Man, and Cybernetics, Part C: Applications and Reviews, 38, 1, (2008), 125-134.

Naito, J., Obinata, G., Nakayama, A., Hase, K.: Development of a wearable robot for assisting carpentry workers, International Journal of Advanced Robotic Systems, 4, 4, (2007), 431-436.
受 賞
主な学会活動日本機械学会
計測自動制御学会
バイオメカニズム学会
日本人間工学会
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 工業の力学B
  • 工業の力学B
  • 振動工学
  • 工業の力学A
  • 工業の力学演習
  • バイオエンジニアリング
  • バイオメカニクス
  • 理工横断セミナー第2
  • 理工横断セミナー第2
  • 数電機連携・横断プロジェクト2
  • 機械力学特論
オフィスアワー水 10:00-12:00
研究室9号館459号室
内線番号内線4135
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ