本文へ移動します

古川 武

氏 名古川 武フルカワ タケシふるかわ たけし
職 位助教
所 属首都大学東京都市教養学部 理工学系 物理学コース
理工学研究科 物理学専攻
 
専門・研究分野原子分子物理学、原子制御技術を用いた原子核や素粒子基礎対称性の研究
最終学歴・学位大阪大学 大学院理学研究科 物理学専攻・博士(理学)(大阪大学)
研究テーマ・星間空間のような孤立環境に存在する分子の冷却過程研究
・超流動ヘリウム中での原子レーザー分光を利用した原子核構造研究
・原子スピン歳差運動の高精度検出技術を用いた素粒子基礎対称性の研究
研究キーワード孤立分子、イオントラップ、輻射冷却、レーザー分光、原子核構造、素粒子基礎対称性
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
主な研究論文
(1) N. Kono, T. Furukawa et al., "Inverse internal conversion in C4- below the electron detachment threshold", Physicam Chemistry and Chemical Physics 17, 24732-24737 (2015)
(2) T. Furukawa et al., "Cooling dynamics of photo-excited negative carbon cluster ions stored in an ion storage ring", Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B 354, 192-196 (2015)
(3) X.F. Yang, T. Furukawa et al, "Laser-radio-frequency double-resonance spectroscopy of 84-87Rb isotopes trapped in superfluid helium" Physical Review A 90, 052516 (2014)
(4) G. Ito, T. Furukawa et al., "Cooling Dynamics of Photoexcited C6- and C6H-", Physical Review Letters 112, 183001 (2014)
(5) T. Furukawa et al., "Measurement of a long electronic spin relaxation time of Cesium atoms in superfluid helium", Physical Review Letters 96, 095301 (2006)
受 賞
主な学会活動日本物理学会、原子衝突学会、原子核談話会、停止・低速不安定核ビーム研究会
社会等との関わり・理化学研究所 客員研究員
・国際ワークショップ "6th International Workshop on Electrostatic Storage Devices" 現地世話人(2015)
・相模原高校 高大連携演習講座 講師(2015-)
・首都大学東京少林寺拳法部 顧問(2011-)
個人のURL
担当科目
  • 物理学実験第三
  • 物理学実験第四
オフィスアワー火 10:00-12:00 水 13:00-14:30
研究室8号館292号室
内線番号内線3255
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ