本文へ移動します

服部 一匡

氏 名服部 一匡ハットリ カズマサはっとり かずまさ
職 位准教授
所 属首都大学東京都市教養学部 理工学系 物理学コース
理工学研究科 物理学専攻
H30再編後の所属
理学部 物理学科
理学研究科 物理学専攻
 
専門・研究分野物性理論
最終学歴・学位博士(理学)大阪大学
研究テーマ凝縮系理論、強相関電子系の超伝導、近藤効果
研究キーワード強相関系、超伝導、近藤効果
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
主要論文:
T. Nomoto, K. Hattori and H. Ikeda "Classification of “multipole” superconductivity in multi-orbital systems and itsimplications", Phys. Rev. B 94, 174513 (2016).
K. Hattori and H. Tsunetsugu "Classical Monte Carlo Study for Antiferro Quadrupole Ordersin a Diamond Lattice", J. Phys. Soc. Jpn. 85, 094001 (2016).
K. Hattori and A. Rosch "Quantum impurity in a Tomonaga-Luttinger liquid: continuous-time quantum Monte Carlo approach", Phys. Rev. B 90, 115103 (2014).
K. Hattori and H. Tsunetsugu, "p-wave superconductivity near a transverse saturation field", Phys. Rev. B 87, 064501 (2013).
K. Hattori and H. Tsunetsugu, "Non-Fermi liquid, unscreened scalar chirality, and parafermions in a frustrated tetrahedron Anderson model", Phys. Rev. B 86, 054421 (2012).
Z. Hiroi, J. Yamaura, K. Hattori, “Rattling Good Superconductor: β-Pyrochlore Oxides AOs2O6”, J. Phys. Soc. Jpn. 81, 011012 (2012).
K. Hattori, "Meta-Orbital Transition in Heavy-Fermion Systems: Analysis by Dynamical Mean Field Theory and Self-Consistent Renormalization Theory of Orbital Fluctuations", J. Phys. Soc. Jpn. 79, 114717 (2010).
K. Hattori, H. Tsunetsugu, “Strong coupling superconductivity mediated by three-dimensional anharmonic phonons”, Phys. Rev. B. 81, 134503 (2010).
K. Hattori, Y. Hirayama and K. Miyake, “Local Heavy Quasiparticle in Four-Level Kondo Model”, J. Phys. Soc. Jpn. 74, 3306 (2005).
K. Hattori, "Critical Nature of Non-Fermi Liquid in Spin 3/2 Multipolar Kondo Model”, J. Phys. Soc. Jpn. 74, 3135 (2005).
受 賞
主な学会活動日本物理学会 領域8世話人 (2011-2012)
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 教養基礎物理I c
  • 教養基礎物理II c
  • 教養基礎物理I c
  • 教養基礎物理II c
  • 統計物理学
  • 量子多体系特論
  • 量子多体系特論
オフィスアワー木13:30-15:00
研究室8号館519号室
内線番号内線
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成28年度
researchmap
取組成果
ページトップへ