本文へ移動します

ヴァルター・ループレヒター

氏 名ヴァルター・ループレヒターヴァルター ループレヒターヴぁるたー るーぷれひたー  
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 人文・社会系 国際文化コース 欧米文化論 ドイツ語圏文化論教室
人文科学研究科 文化関係論専攻 独文学教室
 
専門・研究分野ヨーロッパの文化史、芸術史、オーストリア現代文学
最終学歴・学位文学博士(ウィーン大学)
研究テーマウィーンのモデルネにおけるさまざまなテーマ、たとえばライゲン・スキャンダルやクリムト・スキャンダルなど オーストリア現代文学における新しい傾向
研究キーワード文化分析
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
1. Kulturskandal und Skandalkultur in ?sterreich. In: The Geibun-Kenkyu, No.91-2. 2006, S.38-54
2. West-?stliche Tatami-Figurationen. Zu den Katsura-Interpretationen von Bruno Taut und Walter Gropius. In: Figuration-Defiguration. Hg.v. Atsuko Onuki u. Thomas Pekar. M?nchen 2006 , S.327-338
3. Das Ritual als Literatur. Zur Schreib- und Wahrnehmungsweise Josef Winklers. In: Tokyo Toristu Daigaku, Jinbun-Gakuho, Nr.365, 03.2005, S.91-102; wiederabgedruckt in: Kolik. Zeitschrift f?r Literatur. Heft 29, Wien 04.2005, S.21-30
4. Versuch einer Typologie von Japanbildern. In: ?Bevorzugt beobachtet“. Zum Japanbild in der deutschen Literatur. Hg.v. Martin Kubaczek u. Masahiko Tsuchiya. M?nchen Judicium 2004, S.246-278
5. Polyhistor und Primzahlmensch. Zum Herder-Essay von Arno Schmidt. In: Herder-Studien, Bd.10, Herder-Gesellschaft, 2004, S.57-69
6. Die Wiener Moderne in kulturwissenschaftlicher Sicht. In: Waseda-Bl?tter. 11, 2004, S.121-132
受 賞
主な学会活動オーストリア現代文学ゼミナールにおける企画担当
日本独文学会においてシンポジウム(E.イェリネック)主催
社会等との関わり首都大学東京において、ドイツ・オーストリア著名作家の招待講演を毎年開催している。
個人のURL
担当科目
  • ドイツ語I 103a
  • ドイツ語I 102b
  • ドイツ語I 103a
  • ドイツ語I 102b
  • ドイツ語圏文化史A
  • ドイツ語圏文化史B
  • ドイツ語圏文化論A
  • ドイツ語圏文化論B
  • ドイツ語圏文化論研究
  • ドイツ語圏文化論特論
  • ドイツ語圏文化論研究
  • ドイツ語圏文化論特論
  • ドイツ語学ドイツ文学研究
  • ドイツ語学ドイツ文学特論
  • ドイツ語学ドイツ文学研究
  • ドイツ語学ドイツ文学特論
オフィスアワー
研究室
内線番号内線
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ