本文へ移動します

Ketov Serguei

氏 名Ketov Sergueiセルゲイ ケトフせるげい けとふ
職 位准教授
所 属首都大学東京都市教養学部 理工学系 物理学コース
理工学研究科 物理学専攻
 
専門・研究分野高エネルギー理論物理学、数理物理学、重力理論
最終学歴・学位ロシア科学アカデミーBudker 原子核物理学研究所(Novosibirsk) 理学博士(1990年)
研究テーマ超弦理論、超対称性
研究キーワード弦理論、ブレイン理論、超対称性
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
[1] S. V. Ketov, Conformal Field Theory, Singapore: World Scientific, 1995, pp.1-486
[2] S. V. Ketov, Quantum Non-linear Sigma-models, Heidelberg: Springer-Verlag, 2001, pp. 1-434
[3] S. V. Ketov, Solitons, Monopoles and Duality, Fortschr. Phys. 45 (1997), pp. 237-292
[4] S. V. Ketov, N=1 and N=2 Supersymmetric Non-Abelian Born-Infeld Actions from Superspace, Phys. Lett. 491B (2000) 207-213
[5] S. V. Ketov, Summing up D-instantons in N=2 Supergravity, Nucl. Phys. B649 (2003) 365-383
[6] S. V. Ketov and A. A. Starobinsky, Embedding (R+R^2)-inflation into supergravity, Phys. Rev. D83 (2011) 063512
[7] S. V. Ketov and A. A. Starobinsky, Inflation and non-minimal scalar-curvature coupling in gravity and supergravity, JCAP 1208 (2012) 022
[8] S. V. Ketov and S. Tsujikawa, Consistency of inflation and preheating in F(R) supergravity, Phys. Rev. D86 (2012) 023529
[9] S. V. Ketov and T. Terada, Old-minimal supergravity models of inflation, JHEP 1312 (2013) 040
[10] S. V. Ketov and T. Terada, Inflation in supergravity with a single chiral superfield, Phys. Lett. B736 (2014) 272
[11] S. Alexandrov, S. V. Ketov and Y. Wakimoto, Non-perturbative scalar potential inspired by type IIA strings on rigid CY, JHEP 1611 (2016) 066
受 賞平成17年度財団法人伊藤科学振興会助成金, Endeavour Executive Award from the Government of Australia, 2012
主な学会活動日本物理学会
社会等との関わり・首都大学東京におけるオーストラリアのウェスタンシドニー大学(UWS),ロシアのトムスク工業大学(TPU),トムスク国立大学(TSU)との学術協力のcontact personを勤めた。
個人のURL
担当科目
  • 基礎ゼミナール
  • 一般相対論
  • 高エネルギー理論物理学特論
  • 高エネルギー理論物理学特論
  • 一般相対論
  • 場の理論
オフィスアワー月 13:30-15:00
研究室8号館581号室
内線番号内線3371
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ