本文へ移動します

BONTJE Peter

氏 名BONTJE Peterボンジェ ペイターぼんじぇ ぺいたー  
職 位教授
所 属首都大学東京健康福祉学部 作業療法学科
人間健康科学研究科 作業療法科学域
 
専門・研究分野身体障がい者・高齢者の作業療法
作業科学
Interprofessional Education (チーム医療の教育)
最終学歴・学位博士(Karolinska Institutet カロリンスカ医科大学)
修士(ヨーロッパの作業療法の修士のためのアカデミア)
研究テーマ高齢者における病気や怪我から日常生活を取り戻す過程
クライエント中心とする作業に基づいた作業療法
チーム医療とその教育
研究キーワード作業科学、作業療法、多職種連携(IPW)とその教育(IPE)、プロセス
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
著書
4. Peter Bontje. Unfolding familiarity: Re-occupying daily life among older persons with physical disabilities, in Japan. Thesis for Doctoral Degree, Karolinska Institutet, Stockholm, Sweden, 2015 
downloadable from: https://openarchive.ki.se/xmlui/handle/10616/44786?show=full
3. 脊髄損傷患者のリハビリテーションにおけるIPW. 田村由美、ボンジェペイター.In: 新しいチーム医療,田村由美.看護の科学者,2012
2. Becoming Interprofessional at Kobe University. Tamura Y, Ishikawa Y, Bontje P, et al. Chapter in: Advanced Initiatives in Interprofessional Education in Japan: Japan Interprofessional Working and Education Network. Watanabe H, Koizumi M (Eds). Springer Japan, 2011
1. 看護における反省的実践 (Reflective Practice in Nursing. The growth of the Professional Practitioner. S Burns & C Bulman.).田村由美、et. al.、ゆみる出版.(翻訳図書)2005

学術論文
18. Balancing struggles with desired results in everyday activities: Strategies for elderly persons with physical disabilities. Bontje P, Asaba E, Josephsson S. Scandinavian Journal of Caring Sciences, 2016
17. Validation of the Everyday Technology Use Questionnaire in a Japanese context. Camilla Malinowsky, Anders Kottorp, Rumi Tanemura, Eric Asaba, Toru Nagao, Kazue Noda, Jiro Sagara, Peter Bontje, Lena Rosenberg, Louise Nygard. Hong Kong Journal of Occupational Therapy, 2015
16. Development of a Resilience in Daily Activities Scale (RDAS) of mothers of children with autistic spectrum disorder. Tri Budi Santoso, Nobuo Ohshima, Peter Bontje, Yuko Ito. The Journal of Japan Academy of Health Sciences, 2015
15. 保健医療系学生を対象とした『障害者に対する態度尺度日本版』の作成ーラッシュモデルを用いた信頼性・妥当性の検討ー.宮本礼子, ボンジェ・ペイター, 須山夏加, 伊藤祐子作業療法,2015
14. Resilience in daily occupations of Indonesian mothers of children with autism spectrum disorder. Tri Budi Santoso, Yuko Ito, Nobuo Ohshima, Mikiyo Hidaka, Peter Bontje. The American Journal of Occupational Therapy, 2015
13. コメディカル学生の高齢者に対する態度尺度の作成と信頼性・妥当性の検討.宮本礼子, ボンジェ・ペイター, 須山夏加, 小林法一.老年社会科学,2015
12. Japanese older persons perspectives on resuming daily life during hospitalization and after returning home. Peter Bontje, et al. Occupational Therapy International, 2012
11. IPE科目の効果:クラスルーム学習と合同初期体験実習が大学一年生のIPW学習に及ばす影響.田村由美、ボンジェ・ペイター、et al。保健医療福祉連携、2012
10. Cultural Adaptation and Validating a Japanese version of the Readiness for Interprofessional Learning Scale(RIPLS). Yumi Tamura, ..., Peter Bontje, et al. Journal of Interprofessional Care, 2012
9. The Assessment of Awareness of Ability (A3) in a Japanese context: A Rasch Model Application. Eric Asaba, ..., Peter Bontje, et al. Scandinavian Journal of Occupational Therapy, 2011
. Returning to participation in everyday life after disability. A discussion of adaptation, transition & occupation. Peter Bontje, et al. Aino Journal, 2006
7. Adaptation of daily lifefunctioning after disability. The case of Dutch older persons. Peter Bontje, et al.Aino Journal, 2005
6. Can one eat collaboration? Menus as metaphors of interprofessional collaboration. Tamura Y, Bontje P, et al. Journal of Interprofessional Care, 2005
5. Aanpassen van het handelen (作業的適応). Bontje P. et al. Nederlands Tijdschrift voor Ergotherapie (オランダ作業療法ジャーナル), 2005
4. Attending the European Master of Science in Occupational Therapy. A valuable and effective occupation. Kinebanian A, Bontje P, et al. Aino Journal, 2004
3. Occupational Adaptation: The Experiences of Older Persons with Physical Disabilities. Bontje P, et al. American Journal of Occupational Therapy, 2004
2. International Reflectiesop de Nederlandse Praktijk. (国際経験を通してオランダのOT実践に関してリフレクション).Bontje P. Nederlands Tijdschrift voor Ergotherapie (オランダの作業療法のジャーナル), 1998
1. Trends in Occupational Therapy. A Worldwide Perspective. Bontje P. WFOT bulletin, 1998
受 賞Acknowledgement for outstanding contribution(傑出した貢献に対する感謝状):アルメニア赤十字社および国際赤十字連盟より1998年12月7日に発生したアルメニア大地震の人道復興支援リハビリテーションプロジェクトへの貢献の感謝状(1992年09月)
Letter of Gratitude(感謝状):アルメニア共和国社会保障副大臣よりアルメニアにおける障害者へのリハビリテーションサービスの開発に対する感謝状を授与された(1992年05月)
主な学会活動日本作業療法士協会: 国際部部員
日本作業療法士協会: 2007年-2008年 第16回WFOT学会招致委員会委員、2009年〜 第16回WFOT学会実行委員会委員
日本作業科学研究会: 理事(2006年度〜2010年度、2014年度〜)、第10回作業科学セミナーの会長(2006)
NPO法人統合ケア教育研究会、理事と倫理委員会委員
所属学会等:日本作業科学研究会、日本保健医療福祉連携教育学会 (JAIPE)、日本作業療法士協会、老年社会学協会、World Federation of Occupational Therapists(WFOT)(世界作業療法士連盟)、Nederlandse Vereniging voor Ergotherapie(オランダ作業療法士協会)
社会等との関わりJournal of Interprofessional Care: Associate editor (short reports)
作業科学:編集担当者
Asian Journal of Occupational Therapy:編集委員
東京作業療法:編集委員(英語の抄録)
The Japan organizing committee for All Together Better Health(ATBHVI)事務局(executive director)と学生・国際委員会会長(2012年10月5-8日に、神戸学院大学(神戸市)開催(チーム医療と多職種間連携教育国際学会)
International Network of Health Care Team ChallengesTM.
TEMPUS:グルジア共和国とアルメニア共和国における作業療法の教育の開発を支援するプロジェクト.2003-2006
個人のURL
担当科目
  • 基礎ゼミナール
  • 就労支援技術論演習
  • 基礎作業学
  • 日常生活活動学
  • 作業療法総合演習Ⅰ
  • 日常生活活動学実習
  • 作業療法総合演習Ⅱ
  • 身体作業療法学Ⅰ実習
  • 作業療法科学特別研究a
  • 臨床医療福祉連携システム特論
  • Advanced Occupational Therapy
  • 作業療法科学特別研究a
  • 作業療法科学特別研究b
  • 作業療法科学特別研究b
  • 作業行動科学特論
  • 作業行動科学特論
  • 作業科学特論
  • 作業科学特論
  • 作業科学特論演習
  • 作業科学特論演習
オフィスアワー水曜日16:00-18:00
研究室594
内線番号内線465
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ