本文へ移動します

奥野 由紀子

氏 名奥野 由紀子オクノ ユキコおくの ゆきこ
職 位准教授
所 属首都大学東京都市教養学部 人文・社会系 心理学・教育学コース 日本語教育学教室
人文科学研究科 人間科学専攻 日本語教育学教室
 
専門・研究分野日本語教育学・第二言語習得研究
最終学歴・学位博士(教育学)
研究テーマ専門は第二言語習得研究。日本語を第二言語とする学習者の中間言語体系の実態の記述と、習得の要因、メカニズムを探る研究を様々な角度から行っている。
現在、国内外の研究者達と連携しながら、言語類型論的に異なった12の言語を母語とする日本語学習者のコーパス作成・整備・普及に関わっている。
これまでの日本語教育経験と研究成果を生かした教材作成にも取り組んでいる。
研究キーワード日本語教育学・第二言語習得研究・「じゃないですか」・「の」・言語転移・卓立性・中間言語変異性・インプット・コーパス・CLIL
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
著書
1『第二言語習得過程における言語転移の研究-日本語学習者による「の」の過剰使用を対象に-』(2005)風間書房(単著)
2『日本語教育のためのコミュニケーション研究』(2012)くろしお出版(共著)
3『日本語教育のためのタスク別書き言葉コーパス』(2014)ひつじ書房(共著)


教材 
1『生きた会話を学ぶ中級から上級への日本語なりきりリスニング』東京:Japan Times 2016 年 (共著)                                               
2『新・生きた素材で学ぶ 新・中級から上級への日本語ワークブック』 東京:Japan Times 2013年(共著)
3『新界標日本語Ⅰ 総合教程』上海:復旦大学出版社、2013年 (共著)
4『新界標日本語Ⅰ 総合教程 練習帳』上海:復旦大学出版社、2014年 (共著・主編)
5『新界標日本語Ⅱ 総合教程』上海:復旦大学出版社、2013年 (共著) 
6『新界標日本語Ⅱ 総合教程 練習冊』上海:復旦大学出版社、2015年(共著・主編)

論文
・「日本語母語話者へのCLIL(Content and Language Integrated earning)の有効性の検討-大学初年次教育履修生の変容に着目して-」 2016年7月『日本語研究』(単著)
・「聞く」プロフィシェンシーを高める練習方法の転換―学習者の会話事例からの考察―」 2016年2月『日本学研究叢書第1巻 日本語教育研究』pp.246-268. 外語教学与研究出版社(単著)
・「日本語の習得過程における言語転移研究の挑戦 -方法論に着目してー」2015年『日本語学』34-14, pp.110-123.(単著)
・「新しい日本語教材ー会話・聴解ー」2015年 『ことばと文字』4号, pp.81-88. 奥野由紀子・澁川晶・栁田直美(共著)
・「『話す』課題と『書く』課題に見られる中間言語変異性ーストーリー描写課題における「食べられてしまっていた」部を対象にー」 2015年
『国立国語研修所論集』9 pp.121-134.(共著)
・「『励まし』の手紙文における文末文体への教室指導―タスク中心の教授法(TBLT)―」 2015年『日本語プロフィシェンシー研究』 (共著)
・「聞く過程の強化と自己成長を促す教材開発に向けて―『聞き返し』に着目して」2014年 Journal CAJLE vol.16,pp.229-238.カナダ日本語教育振興会 (共著)
・「日本語学習者のことば―母語と目標言語の間―」『日本語学』pp.30-43. vol.33-1, 2014.1(単著)
・「談話における確認表現の「じゃないか」―『女性のことば』『男性のことば』のデータから―」横浜国立大学留学生センター『留学生センター教育研究論集』 第21号2013年(共著)
・「「じゃないですか」「じゃない」「じゃん」の確認要求表現を用いた段落形成―学習者と日本語母語話者の会話から― 」 The 19th Princeton Japanese Pedagogy Forum
  Proceedings Princeton University 8.  Princeton University U.S.A.(共著)
・「中級停滞者の縦断的発話の分析―動詞語彙・単文・複文に着目して―」『留学生センター教育研究論集』第19号2012年 (共著)
・「漢字圏学習者の「の」の脱落における言語転移の様相 ―「の」「UI」「的」の対応関係に着目して―」『国立国語研究所論集』第2号.2011  国語国立研究所(共著)
・「「きく」プロフィシエンシーを高める授業思案-「きく」過程を強化する練習方法を中心に-」『日語教学研究』華東師範大学出版社 2011.(単著)
・「日韓共同理工系学部留学生の縦断的な発話分析-終助詞を中心とした文末表現に注目して-」留学生センター教育研究論集 第18号pp.5-32.2011(共著)
・「日韓共同理工系学部留学生の縦断的な発話分析―繰り返し・言い換えに着目して―」『日本OPI研究会20周年記念論集』日本OPI研究会 pp.148-159.  2010年(共著)
・「日本語学習者の『の』の脱落に関する一考察 -横断的発話資料に基づいて-」留学生センター教育研究論集 第17号pp.45-63.2010.(共著)
・「プレイスメント・テストと学部中級日本語クラスに関する報告」留学生センター教育研究論集 第15号 pp.75-92. 2008(共著)
・「講義支援システム(Jenzabar)を利用した読解授業の試み―橋渡し型Blended Learningの提案―」留学生センター教育研究論集 第16号 2007(共著)
・ 対照言語分析仮説の予測再考-「の」と「?」に関する日韓双方向的研究に基づいて- 日本学報 第73号pp.39-50. 韓国日本学会 2007年 (共著) 
・ "Analysis of 'clause' based on longitudinal speech data focusing on the use- with a focus on kedo by the advanced level of learner"The 3rd International Symposium on OPI, The 12th Princeton Japanese Pedagogy Forum Proceedings Princeton University pp.31-49. 2004.(共著)
・「日本語学習者の「の」の過剰使用にみられる言語処理のストラテジー」横浜国立大学留学生センター紀要 第12号 pp.47-60 2004年(単著)
・「学部留学生の日本語力に関する報告-中級者に対する試みと提案-」 横浜国立大学留学生センター紀要 第11号 pp.31-45 2004年(共著)
・「上級日本語学習者における言語転移の可能性―「の」の過剰使用に関する文法性判断テストに基づいて―」『日本語教育』116号 pp.79-88. 2003年(単著)
・「OPI発話データにおける『テキストの型』の内容分析―「節」を指標とした個人内変化と判定レベルの関連性を中心に『日本語OPI 10周年記念合同フォーラム論文集』pp.101-111.   日本語OPI研究会 2002年(共著)
・「日本語学習者の『の』の過剰使用の要因に関する一考察―縦断的な発話調査に基づいて―」『広島大学大学院教育学研究科紀要 第二部』第50号 pp.187-195. 2001年(単著)
・「英語母語話者の願望疑問文使用の要因とその指導に関する一考察―『言語転移』以外の観点を含めて―」『日本語・日本語文化研究』第8号pp.18-30. 2001年(単著)
・「第二言語習得における言語転移の認証―先行研究からの課題―」『教育学研究紀要 第二部』第46巻 pp.384-389. 2000年(単著)
・「ニュージーランドにおける日本語教育-新カリキュラムの特徴と課題-『広島大学日本語学科紀要 第9号』pp.1-7. 1999年(共著)
・「日本語願望疑問文の習得に関する研究-願望疑問文使用制約の調査に基づいて-」『教育学研究紀要 第二部』第44巻 pp.398-403. 1998年(単著)
受 賞
主な学会活動・『日本語教育学会』大会企画運営会員
・『第二言語習得研究会』ジャーナル委員
・『韓国日本語学会』海外理事
・『第二言語習得研究会(関東支部)』運営委員
・『日本第二言語習得学会』運営委員
社会等との関わり日本語教育を通し、社会的問題の解決に向けた人材育成を行っている。
個人のURL
担当科目
  • 日本語II c
  • 日本語II c
  • 日本語習得論演習
  • 日本語習得論演習
  • 日本語教育実習
  • 日本語教育実習
  • 日本語習得論概論
  • 日本語習得論講義
  • 日本語習得論講義
  • 学外演習
  • 学外演習
  • 比較言語文化論研究
  • 比較言語文化論特論
  • 比較言語文化論研究演習
  • 比較言語文化論特論演習
  • 日本語教育学実践
  • 日本語教育学実践
  • 日本語教育学研究
  • 日本語教育学研究演習
  • 修士論文指導(日本語教育)
  • 修士論文指導(日本語教育)
  • 博士論文指導(日本語教育)
  • 博士論文指導(日本語教育)
オフィスアワー月曜日、火曜日午後(メールでアポイントメントをとってください)
研究室5号棟 524
内線番号内線1398
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成28年度
researchmap
取組成果
ページトップへ