本文へ移動します

梅川 健

氏 名梅川 健ウメカワ タケシうめかわ たけし
職 位准教授
所 属首都大学東京都市教養学部 法学系 政治学コース
社会科学研究科 法学政治学専攻
 
専門・研究分野比較政治・現代アメリカ政治
最終学歴・学位東京大学大学院法学政治学研究科博士課程単位取得退学 博士(法学)
研究テーマ現代アメリカにおける大統領制の変容
研究キーワードアメリカ政治、大統領制、署名時声明
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
【著書】

・梅川健「ティーパーティ運動と『憲法保守』」久保文明編『ティーパーティ運動の研究:アメリカ保守主義の変容』(NTT出版、2012年)、114-129頁

・梅川健「過去の政権移行はどのように行われたか」久保文明編『オバマ大統領を支える高官たち:政治任用と政権移行の研究』(日本評論社、2009年)、45-70頁

【論文】
・梅川健「レーガン政権における大統領権力の拡大:保守的法律家の憲法解釈と署名見解の制度化」『年報政治学2011-1』(2011年)、247-270頁

・梅川健「レーガン大統領のリーダーシップの研究:1986年税制改革法を事例として」『本郷法政紀要』第15号 (2006年)、1-35頁

・梅川健「書評:Daniel Galvin, Presidential Party Building: Dwight D. Eisenhower to George W. Bush (Princeton University Press, 2009)」『国家学会雑誌』第126巻、5・6号(2013年)、576-579頁

・梅川健「書評:Mathew Crenson and Benjamin Ginsberg, Presidential Power: Unchecked and Unbalanced (W.W.Norton & Company, 2007)」 『国家学会雑誌』第122巻、9・10号 (2009年)、1340-1343頁
受 賞
主な学会活動・アメリカ学会
・日本政治学会
・日本比較政治学会
・American Policital Science Association
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 政治理論入門
  • 法律学政治学特殊講義(政治学をもっと学びたい人のために)
  • 比較政治
  • 法律学政治学演習(比較政治)
  • 比較政治学特殊研究Ⅱ
  • 比較政治学特殊研究Ⅱ
  • 比較政治学特殊研究Ⅱ
  • 比較政治学特殊研究Ⅱ
  • 政治理論入門
オフィスアワー
研究室
内線番号内線
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ