本文へ移動します

小倉 泉

氏 名小倉 泉オグラ イズミおぐら いずみ
職 位教授
所 属首都大学東京健康福祉学部 放射線学科
人間健康科学研究科 放射線科学域
 
専門・研究分野医用電気電子工学、X線診断機器学
最終学歴・学位日本大学理工学研究科電気工学専攻博士後期課程修了(1999年)、博士(工学)(1999年)
研究テーマ診断用X線高電圧回路とその高電圧計測に関する研究、らせんCTによる平静呼吸下スキャン時の病変検出能に関する研究、病室でのX線撮影時における室内散乱線量分布に関する研究、診療放射線技術教育のための模擬実験装置の開発、災害時における避難困難者の避難システム構築に関する研究
研究キーワード診断用X線高電圧装置、高電圧計測、病変検出能、室内散乱線量分布、模擬実験回路
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
・新版 放射線機器学(Ⅰ)診療画像機器,コロナ社,1-109(2004)
・診療放射線技師ブルーノート(基礎編),メジカルビュー社,305-398(2003)
・診療放射線技師イエローノート(臨床編),メジカルビュー社,1-65(2003)
・診療放射線技師パターン学習帳,メジカルビュー社,61-87,106-124(2003)

・レーザー光を用いた教育用模擬X線CT装置の基礎的検討,日本保健科学学会誌10(1),43-50(2007)
・東京都立病院におけるX線装置精度管理プロジェクトの構築,東京保健科学学会誌7(2),94-102(2004)
・都立病院におけるX線装置の精度管理-診断用X線装置の実態調査-,東京保健科学学会誌5(4),263-269(2002)
・高電圧半導体スイッチによる高速パルス透視システム,日本放射線技術学会誌58(4),479-486(2001)
・Latest High-Voltage Transformer-Linked PWM DC-DC Converter for X Ray Power Generator and Its Unique Digital Control Schemes:Trans.IEE of Japan 119-D(10),1223-1233(1999)
・在宅でのX線撮影における室内散乱線の検討,東京保健科学学会雑誌1(2),101-103(1999)
・単純X線写真における画像コントラストの模擬作成に関する一手法:電気学会誌A論文誌118(3),233-238(1998)
・らせんCTにおける平静呼吸下スキャン時の呼吸位相と病変検出能の検討:胸部CT検診4(3),168-141(1997)
・模型回路による方形波インバータ式X線装置の動作特性:日本放射線技術学会雑誌47(11),1943-1949(1992)
受 賞・日本放射線技術学会東京部会学術奨励賞(1989,1991),(共同研究)(1994,1998)・日本放射線技術学会 瀬木賞(共同研究)(2000)
主な学会活動電気学会、日本放射線技術学会、日本医学物理学会、日本保健科学学会、日本エム・イー学会、日本パワーエレクトロニクス学会
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 医用電気工学
  • X線診断機器学実験
  • 医用電子工学
  • 医用電気電子工学実験
  • システム工学
  • 放射線科学特別研究a
  • 放射線科学特論
  • 放射線科学特論
  • 医用計測システム学特論
  • 医用計測システム学特論
  • 医用計測システム学特論演習
  • 医用計測システム学特論演習
  • 放射線科学特別研究a
  • 放射線科学特別研究a
  • 放射線科学特講
  • 放射線科学特講
  • 医用計測システム学特講
  • 医用計測システム学特講
  • 医用計測システム学特講演習
  • 医用計測システム学特講演習
  • 放射線科学特別研究b
  • 放射線科学特別研究b
  • 放射線科学特別研究a
  • 放射線科学特別研究b
  • 放射線科学特別研究b
オフィスアワー月、水 9:00-10:00
研究室校舎棟515号室
内線番号内線471
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ