本文へ移動します

大澤 麦

氏 名大澤 麦オオサワ ムギおおさわ むぎ
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 法学系 政治学コース
社会科学研究科 法学政治学専攻
 
専門・研究分野西洋政治思想史、政治哲学
最終学歴・学位慶應義塾大学法学部政治学科卒業・法学士 明治学院大学大学院法学研究科博士後期課程修了・博士(法学)
研究テーマ17世紀イングランドの政治思想を、とくに国家と教会との相互連関を軸に研究してきた。ピューリタン革命期から名誉革命期にかけての宗教的寛容論とそこから生じる政治原理の究明がそこでの主たる関心事である。最近ではそれと共和主義との関係について考察を行なっている。
研究キーワード寛容、自由主義、ジョン・ロック、民主主義、教会と国家、イギリス革命、ピューリタニズム、共和主義、良心、契約論、レヴェラーズ、クロムウェル、立憲主義
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
<著書>
・『岩波講座政治哲学1 主権と自由』(共著)岩波書店(2014年)
・『政治概念の歴史的展開』第1巻(共著)晃洋書房(2004年)
・『デモクラシーにおける討論の生誕:ピューリタン革命におけるパトニー討論』(共編訳)聖学院大学出版会(1999年)
・『イギリス・デモクラシーの擁護者A・D・リンゼイ:その人と思想』(共著)聖学院大学出版会(1998年)
・『自然権としてのプロパティ:イングランド革命における急進主義政治思想の展開』成文堂(1995年)

<論文>
・「オリヴァ・クロムウェルの護国卿体制と成文憲法」『法学会雑誌』56巻1号(2015年)
・「共和制イングランドの政治原理:「国王殺し」と契約論」『法学会雑誌』54巻1号(2013年)
・「共和制イングランドの成立とレヴェラーズの『人民協約』:英国共和主義思想における社会契約論」『法学会雑誌』52巻1号(2011年)
・「寛容論の思想的源泉としての良心」『思想』9月号(2009年)
・「マイケル・ウォルツァーの寛容論」『法学研究』76巻12号(2003年)
・「ジョン・ロックにおける寛容の概念」『政治思想研究』2号(2002年)
・「現代寛容論の一断面」『聖学院大学総合研究所紀要』21(2001年)
・「ジョン・ロック『寛容書簡』とその文脈」『聖学院大学総合研究所紀要』16(2000年)
・「ジョージ・ローソンとジョン・ロック」『聖学院大学総合研究所紀要』13(1998年)
・「ジョージ・ローソンの公共空間」『聖学院大学総合研究所紀要』12(1998年)
・「「統治の解体」論と抵抗権理論:G・ローソン『聖俗政体論』とイングランド革命」『法学研究』69巻10号(1996年)
・「ロバート・ファーガソンの政治思想」『イギリス哲学研究』17(1994年)ほか

<訳書>
・『デモクラシーにおける討論の生誕:ピューリタン革命におけるパトニー討論』(共編訳)聖学院大学出版会(1999年)。
・リンゼイ『諸教会と民主主義』(共訳)聖学院大学出版会(2006年)。

ほか
受 賞
主な学会活動日本政治学会、政治思想学会(理事)、日本ピューリタニズム学会(理事)、初期アメリカ学会
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 法律学政治学演習(政治学古典文献講読)
  • 西洋政治思想史
  • 政治思想史特殊研究Ⅱ
  • 政治思想史特殊研究Ⅱ
  • 政治思想史特殊研究Ⅱ
  • 政治思想史特殊研究Ⅱ
オフィスアワー
研究室
内線番号内線
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ