本文へ移動します

大久保 康明

氏 名大久保 康明オオクボ ヤスアキおおくぼ やすあき
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 人文・社会系 国際文化コース 欧米文化論 フランス語圏文化論教室
人文科学研究科 文化関係論専攻 仏文学教室
 
専門・研究分野16世紀フランス語学・文学
最終学歴・学位昭和59年3月 東京大学大学院人文科学研究科フランス語フランス文学専門課程博士課程単位取得退学文学修士(昭和53年3月、同大学)
研究テーマモンテーニュにおける思考と表現の問題;フランス近代芸術歌曲、声楽
研究キーワードモンテーニュ エセー 随想録 16世紀フランス文学 ルネサンス
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
『フランス文学史』(東京大学出版会、平成7年刊、共著);
『ディコ仏和辞典』(白水社、平成15年刊、共著);
”Agencement par contradiction dans les Essais de Montaigne”(昭和61年);
”Quelques transcriptions erronees dans l’Edition municipale des Essais”(昭和63年);
「モンテーニュにおける探求する「自己」の表象」(平成11年);
「モンテーニュにおける作品の心内表象をめぐって」(平成11年);
『マラニャン布教史 マラニャン見聞実記』(岩波書店、平成16年刊);
『モンテーニュ』(清水書院、平成19年刊);
「モンテーニュ」(『哲学の歴史』第4巻(中央公論新社、平成19年刊)所収);
「エチエンヌ・ド・ラ・ボエシー『自発的隷従論』覚書」(平成20年)、他
受 賞第4回小場瀬研究奨励賞(昭和62年、日本フランス語フランス文学会)
主な学会活動日本フランス語フランス文学会会員(学会誌担当幹事、学会誌編集委員、同委員長を歴任)
社会等との関わり都民カレッジ講師、朝日カルチャーセンター講師などを務めた。また、フランス音楽に関する知見・技能を利して、コンサート開催等により普及に努める。
個人のURL
担当科目
  • フランス語I 203a
  • フランス語I 301b
  • フランス語I 203a
  • フランス語I 301b
  • フランス語圏文学演習
  • フランス語圏文学演習
  • 上級フランス語
  • 上級フランス語
  • 仏語科教育法2
  • 修士論文指導(仏文)
  • 博士論文指導(仏文)
  • 修士論文指導(仏文)
  • 博士論文指導(仏文)
オフィスアワー木 12:00-13:00
研究室5号館520号室/(506号室)
内線番号内線1478/(1460)
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ