本文へ移動します

大久保 寛

氏 名大久保 寛オオクボ カンおおくぼ かん
職 位准教授
所 属首都大学東京システムデザイン学部 情報通信システムコース
システムデザイン研究科 情報通信システム学域
 
専門・研究分野電気・通信工学,環境電磁工学,電磁波工学,数値解析学
最終学歴・学位東北大学大学院工学研究科電子工学専攻博士後期課程修了・博士(工学)
研究テーマ電磁波・音波などの振動・波動現象の信号解析及び数値シミュレーションに関する研究。
電磁観測を用いた自然災害の予測と監視のためのシステム開発及び信号解析に関する研究。
高精度な時間領域数値解析手法の開発に関する研究。
研究キーワード信号解析,数値シミュレーション,電磁波伝搬解析,音場解析
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
・ K. Okubo, Sungqwan Oh, T. Tsuchiya, and N. Takeuchi, “Consideration of an Absorbing Boundary Condition (ABC) Using CIP method for FDTD Acoustic Field Analysis,” J. Acoust. Soc. Jpn, Vol. 30 (2009) , No. 2 pp.132-135
・ 竹内昭洋,二田祐佳子,大久保寛,中村行信,阿部道彰, 竹内伸直, “野外観測と室内実験で検出される岩石表面の正帯電,” 電気学会論文誌(A), Vol. 129 (2009) , No. 3 pp.153-154
・ 土屋隆生,大久保寛,竹内伸直,“ 散逸性媒質内の音波伝搬解析へのCIP 法の適用―1次元シミュレーション―,”音響学会論文誌,第64 巻8 号(2008),pp. 443-450
・ M. Konno, K. Okubo, T. Tsuchiya and N. Tagawa, “Performances of Various Types of Constrained Interpolation Profile Methods for Two-Dimensional Numerical Acoustic Simulation,” Jpn. J. Appl. Phys Vol. 47, No. 5, 2008, pp. 3962-3963
・ T. Tsuchiya, K. Okubo and N. Takeuchi, “Numerical Simulation of Nonlinear Sound Wave Propagation Using Constrained Interpolation Profile Method: One-Dimensional Case,” Jpn. J. Appl. Phys. Vol. 47, No. 5, 2008, pp. 3952-395
・ M. Tanabe, K. Okubo, N. Tagawa and T. Moriya, “Inline Transmitter/Receiver System Using PZT-PT and PVDF for Harmonic Pulse Compression Imaging,” Jpn. J. Appl. Phys Vol. 47, No. 5, 2008, pp. 4149-4154
・ K. Okubo, Sungqwan Oh, Takao Tsuchiya and Nobunao Takeuchi, “Consideration of the Boundary Condition between Two Media in Acoustic Field Analysis Using the Constrained
Interpolation Profile (CIP) Method.,” IEICE Trans. Fundamentals.
・ K. Okubo, Y. Yoshida and N. Takeuchi, “Consideration of Treatment of the Boundary between Different Media in Electromagnetic Field Analysis Using the Constrained Interpolation Profile Method,” IEEE Trans. Antennas Propag., vol. 55, No. 2,pp.485-489, Feb. 2007.
・ K. Okubo, M. Takayama and N. Takeuchi, “Electrostatic Field Variation in the Atmosphere Induced by Earth Potential Difference Variation during Seismic Wave Propagation,” IEEE Trans. Electromagnetic Compatibility, vol. 49, No. 1,pp.163-169, Feb. 2007.
・ K. Okubo and N. Takeuchi, “Analysis of an Electromagnetic Field Created by Line Current Using the CIP Method,” IEEE Trans. Antennas Propag., vol. 55, No. 1,pp.111-119, Jan. 2007.
・ K. Okubo, S. Sato, T. Ishii, N. Takeuchi, “Observation of Atmospheric Electricity Variation Signals during Underground Seismic Wave Propagation,” IEEJ Transactions
on Electrical and Electronic Engineering,vol.1, issue 2, August 2006.
・ 大久保寛,竹内伸直, “CIP 法を用いた電磁界解析における異なる媒質の境界の取扱い,” 電子情報通信学会論文誌(B),vol. J88 B, no.9 pp.1892-1894, Sept. 2005.
・ 大久保寛,山本圭祐,高山正和,竹内伸直, “地震波伝搬時の地中電位差信号発生機構とその信号の観測条件,” 電気学会論文誌(A),vol.125, no.8,pp.614-620, Aug. 2005.
・ 大久保寛,佐藤慎也,竹内伸直, “FDTD 法を用いた落雷放射電磁界信号のピーク時間に対する大地の影響の検討,” 電子情報通信学会論文誌(B),vol. J88 B, no.4,pp.837-840, April 2005.
・ K. Okubo, S. Chida and N. Takeuchi, “Analysis of Atmospheric Electric Field Variation Signals using Aspectum of the Digital Natural Observation Method?Detection of Instantaneous Variation of Atmospheric Electric Field with Wind,” EEJ, vol. 155, no.1, 2006, Wiley Periodicals, Inc.
・ K. Okubo, K. Yamamoto, M. Takayama and N. Takeuchi, “Occurring Conditions of Atmospheric Electricity Variation during Seismic Wave Propagation,” EEJ, vol. 157,
No. 3, 2006, Wiley Periodicals, Inc.
・ 大久保寛,竹内伸直, “自然観測法理論による時系列データの屈折点の検出,” 電子情報通信学会論文誌(A),vol.J87 A,no.10,pp.1345-1350,Oct. 2004.
・ 大久保寛,竹内伸直, “ディジタル自然観測法による落雷放射電界の観測信号を用いた放電発生地点までの距離の決定法,” 電子情報通信学会論文誌(B),vol. J87 B, no.7,pp.972-978,Jul. 2004
・ K. Okubo and N. Takeuchi, “Evaluation of Instantaneous Power by Aspectum on Theory of Natural Observation Method,” EEJ, vol. 153, No. 1, 2005, Wiley Periodicals, Inc.
・ 大久保寛,竹内伸直, “雷放電によって発生するパルス性過渡信号の特性時間,” 電子情報通信学会論文誌(A),vol.J87 A,no.5,pp.697-700,May 2004.
・ 大久保寛,竹内伸直, “ディジタル自然観測法により特性時間を検出する場合の位数Mの決定に関する検討,” 電子情報通信学会論文誌(A),vol.J87 A,no.3,pp.409-412,March 2004.
・ 大久保寛,竹内伸直, “自然観測フィルタによる時系列データの変曲点の検出,” 電子情報通信学会論文誌(A),vol. J86 A,no.11,pp.1170-1178,Nov. 2003.
・ 大久保寛,竹内伸直, “自然観測法理論による過渡電磁界信号の特性時間決定法,” 電子情報通信学会論文誌(B),vol. J86 B, no.9,pp.1731-1738,Sep. 2003.
・ 大久保寛,陳強,澤谷邦男,塩川孝泰, “90 °屈曲マイクロストリップ線路からの放射に関する検討,” 電子情報通信学会論文誌(B),vol. J86 B, no.8,pp.1659-1662,Aug. 2003.
・ K. Okubo and N. Takeuchi, “An Examination on Detection of Minute Fluctuation Signal by Theory of Natural Observation Method,” EEJ, vol. 148, No. 4, 2004, Wiley Periodicals, Inc."
受 賞2008年 電子情報通信学会(環境電磁工学研究会)若手優秀賞
2007年 IEEE AP-S Japan Chapter Young Engineer Award
2002年 電気学会論文発表賞B
主な学会活動アメリカ電気電子学会(IEEE),電子情報通信学会,電気学会,音響学会,建築学会,地震学会各会員,各論文誌査読委員
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 情報通信数学第二
  • 回路理論演習
  • 波動計測処理
  • 電磁気学
  • 通信システム特別講義
  • 波動情報工学特論
オフィスアワー
研究室1号館235号室
内線番号内線8637
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ