本文へ移動します

海老原 充

氏 名海老原 充エビハラ ミツルえびはら みつる
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 理工学系 化学コース
理工学研究科 分子物質化学専攻
 
専門・研究分野宇宙・地球化学,放射化学,分析化学
最終学歴・学位東大・理・化学 (1974年),東大院・理・博士課程・理博 (1979年)
研究テーマ隕石の元素組成に基づく太陽系初期における物質進化と環境に関する研究
日本および米国の探査衛星によって持ち帰られた地球外物質の元素組成に関する研究,
研究キーワード宇宙化学,惑星化学,地球化学,隕石,地球外物質,微量元素.放射化学.放射化分析.ICP-MS.同位体組成
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
著書:
「現代放射化学」(2005年・化学同人),「太陽系の化学」(2006年・裳華房)(以上,単著),「理化学辞典第5版」(1998年・岩波),「化学便覧基礎編改訂5版」(2003年・丸善),「理科年表」(1998~・丸善) ほか(以上、分担執筆).
研究論文:
Yosuke Toh, Mitsuru Ebihara, Atsushi Kimura, Shoji Nakamura, Hideo Harada, Kaoru Y. Hara, Mitsuo Koizumi, Fumito Kitatani and Kazuyoshi Furutaka. ”Synergistic effect of combining two non-destructive analytical methods for multi-elemental analysis” Analytical Chemistry (in press)
M. Ebihara, N. Shirai, S., Sekimoto, T. Nakamura, A. Tsuchiyama, J. Matsuno, T. Matsumoto, M. Tanaka, M. Abe, A. Fujimura, Y. Ishibashi, Y. Karouji, T. Mukai, T. Okada, M. Uesugi and T. Yada. "Chemical and mineralogical compositions of two grains recovered from an asteroid Itokawa" Meteorit. Plane. Sci. (in press).
H. Tsuruta, Y. Oura, M. Ebihara, T. Ohara, T. Nakajima. "First retrieval of hourly atmospheric radionuclides just after the Fukushima accident by analyzing filter-tapes of operational air pollution monitoring stations." Scientific Report 4: 6717, DOI: 10.1038/srep06717 (2014).
ほか173報(査読付き; 2014年末現在)
海外での研究活動:
シカゴ大学エンリコフェルミ研究所(1979-1982,博士研究員),ニューヨーク市立大大学院(1994年)
受 賞国際隕石学会フェロー (1998年)
日本地球化学会賞(2008年)
主な学会活動国際隕石学会評議員 (1991年-1994年),国際純正応用化学連合委員 (1994-2006),日本地球化学会評議員・幹事 (1990年-1993年,1998年-2007)・同副会長(2008-2009)・同会長(2010-2011),日本放射化学会理事 (1999年-2005年)・同副会長 (2006-2007, 2010-2011)・同会長(2012-2013),放射化分析研究会・幹事・代表幹事 (1996~) ,日本化学会原子量専門委員会委員・委員長(1993~),ほか
社会等との関わり日本学術会議地球化学・宇宙化学研究連絡委員会幹事(2000年-2006),同化学研究連絡委員会・委員(2003-2006),同原発事故による環境汚染調査検討小委員会・委員(2002-)
内閣府・文科省事業「アジア原子力協力フォーラム(FNCA)」プロジェクトリーダー(2000~)
個人のURL
担当科目
  • 総合ゼミナール
  • 放射化学I
  • 宇宙化学
  • 分析化学I
  • 化学セミナー
  • 化学特論Ⅱ(核宇宙化学)
  • 化学特別セミナーI
  • 化学特別セミナーII
  • 化学特別セミナーIII
  • 化学特別セミナーIV
  • 化学特別セミナーII
  • 化学特別セミナーI
  • 化学特別セミナーIV
  • 化学特別セミナーIII
  • 総合ゼミナール
オフィスアワー随時
研究室8号館568号室
内線番号内線3577
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ