本文へ移動します

宇治 公隆

氏 名宇治 公隆ウジ キミタカうじ きみたか  
職 位教授
所 属首都大学東京都市環境学部 都市基盤環境コース
都市環境科学研究科 都市基盤環境学域
 
専門・研究分野コンクリート工学、鉄筋コンクリート構造学
最終学歴・学位横浜国立大学大学院 工学研究科博士課程後期(社会人選抜)・博士(工学)
研究テーマ炭素繊維シート・炭素繊維格子筋を用いた既設鉄筋コンクリート構造物の補修・補強技術、有スランプコンクリートの締固め性評価、コンクリート材料としての高炉スラグ微粉末・フライアッシュの有効利用法の確立、間隙充填モルタルの配合設計理論の確立、プレキャストコンクリートの品質向上
研究キーワード補修・補強、耐久性、疲労劣化、劣化診断、リニューアル、締固め性、資源の有効利用
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
(1) 佐々木優衣,宇治公隆,上野敦,原洋介(東京セメント工業),細孔構造に着目した蒸気養生コンクリートの中性化特性および塩化物イオン浸透性の評価,コンクリート工学年次論文集,Vol.37,No.1,pp.1483-1488,2015.7
(2) 宇治公隆編著, 教科書「実例で学ぶ 鉄筋コンクリート構造物の設計・製図 ―実務に役立つ重要ポイント―」, コロナ社(2014年12月26日発行)
(3) Vu Dung Tran, Kimitaka Uji, Atsushi Ueno, Kentaro Ohno and Junlei Zhang, Testing and Modelling of Existing Concrete Substrate Repaired by CFRP Grids and Sprayed Mortar, The 7th International Conference on Fiber Reinforced Polymer (FRP) Composites in Civil Engineering (CICE 2014IIFC) (August 2014)
(4) 出口槙太郎,宇治公隆,上野敦,大野健太郎,間隙充填モルタルの充填性に及ぼす影響要因,コンクリート工学年次論文集,Vol.36,No.1,pp.1528-1533(2014年6月)
(5) 宇治公隆, 土木・環境系コアテキストシリーズ「コンクリート構造学」, コロナ社、2012.3
(6) 小川由布子、宇治公隆、上野敦、フライアッシュの結合材としての性能に対する養生温度の影響、土木学会論文集E2(材料・コンクリート構造)、Vol.67、No.4、pp.482〜492、2011.12
(7) 宇治公隆、大野健太郎、中嶋彩乃、國府勝郎、清水和久、薄肉鉄筋コンクリート部材の終局曲げ耐力評価手法の提案、土木学会論文集E2(材料・コンクリート構造)、Vol.67、No.3、pp.361〜373、2011.9
(8) 石山陽介、水嶋遼、宇治公隆、上野敦、間隙充填材の流動性および充填性の評価手法、コンクリート工学年次論文集、第32巻、pp.1331-1336(2010年7月)
(9) 十河茂幸,信田佳延,栗田守朗,宇治公隆, 「コンクリート名人養成講座 改訂版」, 日経BP社,2008.10
(10) 梁俊,國府勝郎,宇治公隆,上野敦:フレッシュコンクリートの締固め性試験法に関する研究,土木学会論文集E,Vol.62,No.2,pp.416-427,2006.6
(11) 郭度連,國府勝郎,宇治公隆:高炉スラグ微粉末を用いたモルタルの中性化進行速度の評価,土木学会論文集E,No.802/V-69,pp.49-59,2005.11
(12) 梁俊,宇治公隆,國府勝郎,上野敦:配合の相違がフレッシュコンクリートの締固め完了エネルギーに与える影響,コンクリート工学年次論文集,Vol.26,No.1、2004.7
(13) Kimitaka UJI,Doyeon KWAK,Katsuro KOKUB and Kiyohisa ONO:Effects of Replacement Ratio and Curing Condition on Properties of Concrete Incorporating Blast-Furnace Slag、Eighth CANMET/ACI International Conference on Fly Ash, Silica Fume, Slag and Natural Pozzolans in Concrete, SP-221-34、2004.5
(14) 郭度連,宇治公隆,國府勝郎,上野敦:養生条件によるコンクリートの組織変化と中性化を支配する細孔径の評価、土木学会論文集,第5部,No.718/V-57、2002.11
(15) 北沢宏和,宇治公隆,國府勝郎,上野敦:アルカリ骨材反応を生じたPC桁コンクリートの炭素繊維シートによる補修効果の検討、コンクリート工学論文集,第13巻第2号、2002.5
(16) 宇治公隆,堀口賢一:海洋環境下における炭素繊維シート補強部材の耐久性評価、コンクリート工学年次論文集,Vol.23,No.2、2001.7
受 賞技術士(建設部門)、コンクリート主任技士、一級土木施工管理技士
主な学会活動日本学術振興会:建設材料第76委員会委員、土木学会:コンクリート委員会常任委員会委員・コンクリート標準示方書改訂小委員会委員・非鉄スラグ骨材コンクリート研究小委員会委員長、日本コンクリート工学会:理事・企画調整委員会委員、プレストレストコンクリート工学会:理事・コンクリート構造診断士委員会委員長、など
社会等との関わり国土交通省:総合評価審査分科会委員・ダム総合点検評価委員、経済産業省:日本工業標準調査会臨時委員・土木標準部会長、中日本高速道路(株)東京支社ハイウェイ技術懇談会委員・八王子支社沿線大学技術交流会議委員、全国コンクリート製品協会:製造管理士制度委員会委員、東京都コンクリート製品共同組合:監査委員会委員など
個人のURL
担当科目
  • 社会基盤計画デザイン実習
  • 都市基盤環境工学実験II
  • 鉄筋コンクリート設計製図
  • 図学及び図学演習
  • CAD応用演習
  • 土木構造学
  • コンクリート構造学
  • 耐久設計工学特論
  • 安全管理工学特論
  • 複合構造設計学特論
  • 安全防災工学講究Ⅰ
  • 安全防災工学講究Ⅱ
  • 安全防災工学講究Ⅲ
  • 安全防災工学講究Ⅳ
  • 安全防災工学講究Ⅴ
  • 安全防災工学講究Ⅰ
  • 安全防災工学講究Ⅱ
  • 安全防災工学講究Ⅲ
  • 安全防災工学講究Ⅳ
  • 安全防災工学講究Ⅴ
オフィスアワー
研究室9号館573号室
内線番号内線4532
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ