本文へ移動します

伊藤 隆

氏 名伊藤 隆イトウ ユタカいとう ゆたか
職 位教授
所 属首都大学東京都市教養学部 理工学系 化学コース
理工学研究科 分子物質化学専攻
 
専門・研究分野NMR分光学、構造生物学、生化学
最終学歴・学位東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻 博士(理学)
研究テーマ(1)高分子量蛋白質のNMR解析についての方法論的研究(2)In-cell NMR を用いた生細胞内の分子動態解析法の研究
研究キーワードNMR、高次構造、安定同位体、蛋白質、分子動態
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
原著論文リスト(抜粋)
1. Shigemitsu, Y. et al. "Evaluation of the reliability of the maximum entropy method for reconstructing 3D and 4D NOESY-type NMR spectra of proteins" Biochem. Biophys. Res. Commun. 457, 200-205 (2015).
2. Hembram, D.S.S. et al. "An in-cell NMR study of monitoring stress-induced increase of cytosolic Ca2+ concentration in HeLa cells" Biochem. Biophys. Res. Commun. 438, 653-659 (2013).
3. Hamatsu, J. et al. "High-resolution heteronuclear multidimensional NMR of proteins in living insect cells using a baculovirus protein expression system" J. Am. Chem. Soc. 135, 1688-1691 (2013).
4. Ito, Y., Mikawa, T. & Smith, B. O. "In-cell NMR of intrinsically disordered proteins: Prokariotic cells" Methods. Mol. Biol. 895, 19-31 (2012).
5. Ikeya, T. et al. "NMR protein structure determination in living E. coli cells using nonlinear sampling" Nat. Protoc. 5, 1051-1060 (2010).
6.Ito, Y. & Selenko, P. "Cellular structural biology" Curr. Opin. Struct. Biol. 20, 640-648 (2010).
7.Guntert, P. & Ito, Y. "Seeing Proteins inside Living Cells: Structures and Dynamics of Proteins by In-cell NMR" BIOforum Europe 5/2009, 25-27 (2009).
8. Sakakibara, D. et al."Protein structure determination in living cells by in-cell NMR spectroscopy" Nature 458, 102-105 (2009).
9. Inomata, K. et al. "High-resolution multi-dimensional NMR spectroscopy of proteins in human cells" Nature 458, 106-109 (2009).
10. Kurashima-Ito, K. et al. "Backbone 1H, 13C and 15N assignments of a 59 kDa Salmonella typhimurium periplasmic oligopeptide binding protein OppA" Biomol. NMR Assignments 1, 37-39 (2007).
11. Kurashima-Ito, K. et al. "Heteronuclear multidimensional NMR and homology modelling studies of the C-terminal nucleotide-binding domain of the human mitochondrial ABC transporter ABCB6" J. Biomol. NMR 35, 53-71 (2006).
12. Kurashima-Ito, K. et al. "Solution structure of the C-terminal transcriptional activator domain of FixJ from Sinorhizobium meliloti and its recognition of the fixK promoter" Biochemistry 44, 14835-14844 (2005).
13. Rajesh, S. et al. "Backbone 1H, 13C, and 15N assignments of a 56 kDa E. coli nickel binding protein NikA" J. Biomol. NMR 32, 177 (2005).

総説・紀要・著書など(抜粋)
1. 伊藤 隆「In-cell NMRとnonlinear sampling - there is no other way」分光研究 64, 413-426 (2015).
2. 伊藤 隆「In-cell NMRを用いたin situ構造生物学」細胞工学 33, 815-819, (2014).
3. 伊藤 隆, 濱津順平, 池谷鉄兵「蛋白質機能における構造―ダイナミクス―安定性の関係:In-cell NMRからわかること」生物物理 53, 76-81 (2013).
5. 伊藤 隆「In-cell NMRを用いた細胞内蛋白質の立体構造解析」蛍光イメージング/MRIプローブの開発 (監修:菊地和也) 分担執筆, シーエムシー出版 (2011).
6. 伊藤 隆「細胞内環境での蛋白質の立体構造解析」広がるNMRの世界 (朝倉哲郎 編) コロナ社 (2011).
7. 伊藤 隆「NMRを用いて生きた細胞内の蛋白質の立体構造を解析する」蛋白質・核酸・酵素 55, 74-81 (2010).
8. 伊藤 隆「多次元NMRと測定時間を短縮するアプローチ」核磁気共鳴分光法 (分光測定入門シリーズ, 日本分光学会 編), 講談社サイエンティフィク (2009).
9. 伊藤 隆「FIDのサンプリングとデータ処理」第5版 実験化学講座 8 NMR・ESR (日本化学会 編), 丸善 (2006).
10.伊藤 隆「溶液NMRによる生体超分子系解析」生命秩序を担う生体超分子, 蛋白質・核酸・酵素 2005年 8月号 増刊 (阿久津秀雄, 月原冨武, 嶋田一夫 編), 共立出版 (2005).
受 賞
主な学会活動日本核磁気共鳴学会, 理事 (H21-24年度), 評議員 (H18-H19年度, H21-24年度)
日本生化学会
日本分子生物学会
日本生物物理学会
日本蛋白質科学会
日本化学会
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 現代社会・化学の役割
  • 化学概説II a
  • 化学概説II a
  • 化学セミナー
  • 化学特論IV(現代生命科学)
  • 化学特別セミナーI
  • 化学特別セミナーII
  • 化学特別セミナーIII
  • 化学特別セミナーIV
  • 化学特別セミナーII
  • 化学特別セミナーI
  • 化学特別セミナーIV
  • 化学特別セミナーIII
  • 現代社会・化学の役割
オフィスアワー随時
研究室8号館469号室
内線番号内線3538
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ