本文へ移動します

出穂 雅実

氏 名出穂 雅実イズホ マサミいずほ まさみ  
職 位准教授
所 属首都大学東京都市教養学部 人文・社会系 国際文化コース 歴史・考古学教室
人文科学研究科 文化基礎論専攻 歴史・考古学教室
 
専門・研究分野北東アジア旧石器時代.
最終学歴・学位学士(商学),博士候補生(文学)
研究テーマ北海道の旧石器文化が,寒冷なシベリアと関連している時期と,より温暖な本州と関連している時期があることを知り,この問題に取り組みはじめた.現在は,環日本海北部地域とロシア・トランスバイカル〜モンゴル地域という別の地域とを比較することによって,北海道でなぜそのような変化が生じたのか総合的な観点から検討を進めている.最終的な研究目標は,第四紀後期における初期現代人の拡散と文化的多様性の形成プロセスの解明である.
研究キーワードユーラシア旧石器時代,人類生態系アプローチ,遺跡形成論,地考古学,ロシアトランスバイカル,モンゴル,環日本海北部地域,進化生態学,行動論,マンモスハンター,後期更新世,ペープリングアメリカ,最終氷期最盛期.
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
【単著】
①Izuho, M. 2013 Human Technological and Behavioral Adaptation to Landscape Changes around the Last Glacial Maximum in Japan: A Focus on Hokkaido. In K. E. Graf, C. V. Ketron, and M. R. Waters (eds.) Paleoamerican Odyssey. pp. 45-64. Texas A&M University Press. pp. 45-64.

【共著】
②Kuzmin, Y. V., Glascock, M. D., Izuho, M. 2013 The Geochemistry of the Major Sources of Archaeological Obsidian on Hokkaido Island (Japan): Shirataki and Oketo. Archaeometry, 55: 355?369.
③Izuho, M., Ferguson, J. R., Glascock, M.D., Oda, N., Akai, F., Nakazawa, Y., and Sato, H. 2014 Integration of Obsidian Compositional Studies and Lithic Reduction Sequence Analysis at the Upper Paleolithic Site of Ogachi-Kato 2, Hokkaido, Japan. Methodological Issues for Characterisation and Provenance Studies of Obsidian in Northeast Asia. Edited by Akira Ono, Michael D. Glascock, Yaroslav V. Kuzmin, Yoshimitsu Suda. BAR International Series 2620. Archaeopress, Oxford. pp.125-142
④Izuho, M., Hayashi, K., Nakazawa, Y., Soda, T., Oda, N., Yamahara, T., Kitazawa, M., and Buvit, I. 2014 Investigating the Eolian Context of the Last Glacial Maximum Occupation at Kawanishi-C, Hokkaido, Japan. Geoarchaeology, 29: 202-220.
⑤Buvit, I., Izuho, M., Terry, K., Shitaoka, Y., Soda, T., Kunikita, D. 2014 Late Pleistocene Geology and Paleolithic Archaeology of the Shimaki Site, Hokkaido, Japan. Geoarchaeology, 29:221-237.
⑥Buvit, I., Terry, K., Izuho, M., and Konstantinov, M.V. 2015 The Emergence of Modern Behavior in the Trans- Baikal, Russia: Timing and Technology. Kaifu, Y., Izuho, M., Goebel, T., Sato, H., and Ono, A. (eds.) 2015 Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Paleolithic Asia. Texas A&M University Press, College Station. pp. 490-505.
⑦Adachi, N., Shinoda, K., and Izuho, M. 2015 Further Analyses of Hokkaido Jomon Mitochondrial DNA. Kaifu, Y., Izuho, M., Goebel, T., Sato, H., and Ono, A. (eds.) 2015 Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Paleolithic Asia. Texas A&M University Press, College Station. pp. 406-417.
⑧Izuho, M., and Kaifu, Y. 2015 The Appearance and Characteristics of the Early Upper Paleolithic in the Japanese Archipelago. Kaifu, Y., Izuho, M., Goebel, T., Sato, H., and Ono, A. (eds.) 2015 Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Paleolithic Asia. Texas A&M University Press, College Station. pp. 289-313.
⑨Kaifu, Y., Izuho, M., and Goebel, T. 2015 Modern Human Dispersal and Behavior in Paleolithic Asia: Summary and Discussion. Kaifu, Y., Izuho, M., Goebel, T., Sato, H., and Ono, A. (eds.) 2015 Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Paleolithic Asia. Texas A&M University Press, College Station. pp. 535-566.
⑩Morisaki, K., Izuho, M., Terry, K., and Sato, H. 2015 Lithics and climate change: technological responses to landscape change in Upper Palaeolithic northern Japan. Antiquity, 89. doi:10.15184/aqy.2015.23.
受 賞2011年日本第四紀学会論文賞
主な学会活動国際第四紀学連合、生物・人類圏コミッション(INQUA HaB COMM)副委員長
国際第四紀学連合第19 回大会(XIX INQUA 2015 Nagoya)組織委員会委員(出版委員会委員長)
アジア旧石器協会(Asian Palaeolithic Association)幹事
日本第四紀学会行事・企画幹事および評議委員
日本考古学協会国際交流委員会委員
日本旧石器学会渉外委員長
日本第四紀学会論文賞選考委員
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 考古学入門
  • 考古学特殊講義Ⅰ
  • 考古学演習Ⅰ
  • 考古学方法論
  • 考古学実習Ⅰ
  • 考古学実習II
  • 考古学研究第一
  • 考古学特論第一
  • 考古学研究演習第一
  • 考古学特論演習第一
  • 考古学研究演習第一
  • 考古学特論演習第一
  • 考古学研究演習第二
  • 考古学特論演習第二
  • 修士論文指導(歴史考古)
  • 博士論文指導(歴史考古)
  • 修士論文指導(歴史考古)
  • 博士論文指導(歴史考古)
  • 考古学入門
オフィスアワー随時
研究室5号館335号室
内線番号内線1298
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ