本文へ移動します

赤穂 まなぶ

氏 名赤穂 まなぶアカホ マナブあかほ まなぶ  
職 位准教授
所 属首都大学東京都市教養学部 理工学系 数理科学コース
理工学研究科 数理情報科学専攻
 
専門・研究分野フレアー理論・シンプレクティック幾何学
最終学歴・学位京都大学大学院理学研究科 数学・数理科学専攻 博士課程修了(2000年9月)・京都大学博士(理学)(2000年9月)
研究テーマ専門はシンプレクティック幾何学におけるラグランジュ部分多様体のフレアー理論.とくに特異点をもつラグランジュ部分多様体のフレアーホモロジーについての研究を行っている.またそのトイモデルとして,境界付き多様体のモースホモロジーについての研究を進めている.
研究キーワードフレアー理論,ラグランジュ部分多様体,シンプレクティック多様体
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
学術専門誌での掲載論文(査読あり):
[1] M. Akaho and D. Joyce, Immersed Lagrangian Floer thoery, Journal of Differential Geometry, Vol. 86 (2010), no. 3, 381-500.
[2] M. Akaho, Quasi-isomorphisms of $A_{infty}$-algebras and oriented planar trees, Illinois Journal of Mathematics, Vol. 51, No. 2, (2007) 325-338.
[3] M. Akaho, Morse Homology and Manifolds with Boundary, Communications in Contemporary Mathematics, Vol. 9, No. 3, (2007) 301-334.
[4] M. Akaho, A Connected Sum of Knots and Fintushel-Stern Knot Surgery on 4-manifolds, Turkish Journal of Mathematics, 30, (2006) 87-93.
[5] M. Akaho, Intersection Theory for Lagrangian Immersions, Mathematical Research Letters 12, (2005) 543-550.
[6] M. Akaho, Hofer's Symplectic Energy and Lagrangian Intersections in Contact Geometry, Journal of Mathematics of Kyoto University, Vol. 41, No. 3, (2001) 593-609.
[7] M. Akaho, An estimate of genus of links, Journal of Knot Theory and Its Ramifications, Vo. 8, No. 4, (1999) 405-414.

その他,雑誌・予稿集での主な原稿(査読なし):
[1] 赤穂まなぶ, シンプレクティック幾何とコーシー・リーマン方程式, 数理科学 2010年6月号 特集:現代幾何と方程式 --幾何学の多様な理解を目指して-- (2010), 14-21.
[2] 赤穂まなぶ, ラグランジュ平均曲率流とシンプレクティック面積, 数理解析研究所講究録 1668 部分多様体論とその周辺領域における新たな研究対象 (2009) 97-110.
[3] 赤穂まなぶ, 書評 Y. Eliashberg and N. Mishachev: Introduction to the $h$-Principle (Grad. Stud. Math., 48), 日本数学会・岩波書店 数学 第59巻 (2007), 191-195.
受 賞
主な学会活動日本数学会会員
社会等との関わり首都大学東京オープンラボ講師(2008,2010),千葉大集中講義講師(2009),等.
個人のURL
担当科目
  • 線形代数II e
  • 解析入門I e
  • 線形代数II e
  • 解析入門I e
  • 位相空間論演習
  • 幾何学B
  • 位相空間論
オフィスアワー
研究室8号館660号室
内線番号内線3136
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ