本文へ移動します

饗庭 伸

氏 名饗庭 伸アイバ シンあいば しん
職 位准教授
所 属首都大学東京都市環境学部 建築都市コース
都市環境科学研究科 都市システム科学域
 
専門・研究分野都市計画 建築
最終学歴・学位博士(工学) 早稲田大学
研究テーマ都市の計画とデザイン、そのための市民参加手法、市民自治の制度、NPO等について研究を行っている。
近年のテーマとしては、震災復興に関する研究、人口減少時代における都市計画のあり方に関する研究、東アジア諸国のまちづくりに関する研究を行っており、国内各地の現場(岩手県大船渡市、山形県鶴岡市、東京都世田谷区明大前駅前地区、中央区晴海地区、日野市、国立市など)において、実際のまちづくりに専門家として関わり、それに必要なまちづくりの技術開発も行っている。
研究キーワード都市計画 まちづくり 市民参加
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
饗庭伸(単著),都市をたたむ,花伝社,2015年12月
饗庭伸(監修),さがしてみよう!まちのしごと,小峰書店,2015年6月
饗庭伸(編著)・他5名,自分にあわせてまちを変えてみる力―韓国・台湾のまちづくり,萌文社 2016年3月
饗庭伸(共著)・他18名,大海原を漂うための方法,「応答 漂うモダニズム」に寄稿,左右社,2015年6月
饗庭伸(編著)・他 東京の制度地層,公人社,2015年3月
饗庭伸(共著)・他7名,復興まちづくりでのプラクティス,「災害フィールドワーク論」に寄稿,古今書院 2014年9月
佐藤滋・久保勝裕・真野洋介・松浦健治郎・野中勝利・野嶋慎二・武田光史・饗庭伸・志村秀明・笠真希・市川均 図説城下町都市,「鶴岡」を主著,pp.24〜25, 44〜51,鹿島出版会,2015年3月
饗庭伸(共著)・他7名,白熱講義 これからの日本に都市計画は必要ですか?,学芸出版社,2014年6月
饗庭伸(編著)・他,東京の都心再生を歩く(季刊まちづくり),学芸出版社,2014年1月
饗庭伸(編著)・他,復興まちづくり3年目の課題(季刊まちづくり),学芸出版社,2013年7月
饗庭伸,都市や地域計画はどう変わるべきか?(3.11/After 記憶と再生へのプロセス 所収),LIXIL出版,2012年8月
Shin AIBA, Osamu NISHIDA, Jeff HOU et.al,Insurgent Public Space - Guerrilla Urbanism and the Remaking of Contemporary Cities,Routledge,2010年5月
米野史健・饗庭伸・他,住民主体の都市計画,学芸出版社,2009年3月
饗庭伸・加藤仁美・鈴木伸治・伊達美徳・根上彰生・柳沢厚・他,初めて学ぶ都市計画,市ヶ谷出版,2008年3月
---
寺澤草太・饗庭伸,東日本大震災からの商業復興における仮設商店街の果たす役割 -岩手県沿岸南部3市を対象として-,日本都市計画学会大会論文集,第49-3号,pp.291〜296,日本都市計画学会,2014年11月
Shin AIBA, Hirotaka IKEDA, Shuhei KIMURA, Shosuke SATOH,Reconstruction Machizukuri from the Great East Japan Earthquake in Ofunato’s Ryori Village,Proceedings of the 9th Conference of the Pacific Rim Community Design Network the Rinari workshop, pp.17-20 The 9th International Conference of the Pacific Rim Community Design Network,2014年3月
Rikutaro Manabe, Shin Aiba, and Fumiko Ito,“Keikan-Brain,” a Device that Builds Knowledge and Consciousness about a Townscape,PROCEEDINGS OF CUPUM 2013, データで刊行,2013年7月
高橋亮介・石橋一希・杉山龍・饗庭 伸,「空き家活用まちづくり計画」作成への市民参加手法の開発,日本建築学会技術報告集 20(44), 273-278 日本建築学会,2014年2月
Yoshifumi Fujiki, Fumiko Ito, Shin Aiba, Rikutaro Manabe and Shuhei Nagamoto,What can we do with the “Mitaka Keikan Brain” system?,Green Community Design, pp.83-90, The 8th International Conference of the Pacific Rim Community Design Network,2012年8月
Shin AIBA, Satoshi NAKAYAMA,Citizen participative research method on urban heat island effect Green Community Desig,n pp.313-317, The 8th International Conference of the Pacific Rim Community Design Network,2012年8月
饗庭 伸・真鍋陸太郎・白石祐也・川原晋・杉崎和久・平田徳恵,地域情報を共有するまちづくりフラッグの開発,日本建築学会技術報告集 18(40), 1083-1086,日本建築学会,2012年10月
饗庭 伸・中山哲士・住田旭宏・諸岡俊祐,市民参加型ヒートアイラント? 調査手法の開発,日本建築学会技術報告集,pp.341-346,第38号,日本建築学会,2011年11月
饗庭 伸,建築年に着目した都市における建築ストックの存在状況に関する研究--東京都八王子市を対象として 日本建築学会計画系論文集 75(650), 843-851,日本建築学会,2010年4月
Shin Aiba, Taro Ichiko, Itsuki Nakabayashi, Jin Yoshikawa ,Community-training program for community based urban reconstruction - Through four years of practice in Tokyo,Proceedings of the 2nd International Conference on Urban Disaster Reduction, pp.23-28,2007年11月
長野基,饗庭伸,東京都区市自治体における都市計画審議会を媒介にした法定都市計画過程と議会の関係性の分析,日本都市計画学会大会論文集,第42-3号,pp.235〜240 日本都市計画学会,2007年11月
饗庭伸,内海麻利,桑田仁,野澤千絵,真鍋陸太郎,米野史健,都市計画・まちづくり分野における構造改革特区制度の実態分析 -都市計画法・建築基準法を対象として-,日本都市計画学会大会論文集,第42-3号,pp.331〜336 日本都市計画学会 2007年11月
饗庭伸,都市をたたむ時代のアーバンデザイン原理(地域開発 500号記念懸賞論文「人口減少時代の地域開発」優秀賞) 地域開発、第501号,pp37-46 日本地域開発センター 2006年6月
Shin AIBA(単著) The development history of the machizukuri method in Japan after the 1960s,Proceedings of International Symposium on Urban Planning 2005,Korea Planners Association,2005年10月
饗庭伸・市古太郎・吉川仁・中林一樹・村上大和・高見澤邦郎 震災復興まちづくり模擬訓練手法の開発 日本建築学会技術報告集,pp.377-382,第20号,日本建築学会 2004年12月
饗庭伸(単著),"豊かで永続的な社会を構築するための都市建築の発展と制御に関する方策を提案する論文競技(入選論文)
都市をたたむための都市計画技術" 建築雑誌,第119号,pp.18-20 日本建築学会 2004年6月
受 賞財団法人住宅総合研究財団・助成研究選奨:建築ストックの地震リスク情報化とその地域共有化手法:2006年
総務省消防庁・防災まちづり大賞・消防庁長官章:「震災復興まちづくり模擬訓練」の手法開発とその実践活動:2006年
地域開発500号記念論文「人口減少時代の地域開発」優秀賞:都市をたたむ時代のアーバンデザイン原理:2006年
「豊かで永続的な社会を構築するための都市建築の発展と制御に関する方策を提案する論文競技」入選:都市をたたむための都市計画技術:2004年
主な学会活動日本建築学会(学会誌編集委員、都市計画本委員会幹事など)
日本都市計画学会(学術委員会など)
日本生活学会(理事など)
社会等との関わり世田谷区都市計画審議会委員 2013年7月1日〜
大島町復興推進アドバイザー 2014年12月1日〜
三鷹市景観審議会委員 2015年3月28日〜
大和市街づくり推進会議委員 2015年4月1日〜
相模原市開発審査会委員 2015年4月1日〜
府中市都市計画に関する基本的な方針の改訂に向けた会議の委員 2015年4月1日〜
武蔵野市三鷹駅北口開発構想アドバイザー 2016年10月1日〜
東京都都市づくり公社 都市づくり支援事業審査委員会委員長 2016年4月1日〜
日野市空き家対策計画策定委員会委員 2016年5月1日〜
多摩市役所庁舎のあり方検討委員会委員 2016年5月1日〜
福島市立地適正化計画策定協議会委員 2016年6月1日〜
府中市都市計画審議会委員 2015年6月1日〜
神奈川県葉山町公共施設等総合管理計画策定委員会委員長 2016年7月1日〜
個人のURL
担当科目
  • 都市問題の歴史的文脈
  • 都市空間論
  • 都市・まちづくり計画論
  • 参加型デザイン実習
  • 都市空間プランニング実習
  • グローバル都市東京研究
  • 都市政策論演習
  • 都市地域研究特論
  • 都市地域研究演習
  • まちづくり計画特殊研究A
  • まちづくり計画特殊研究B
  • 参加型デザイン実習
  • 都市空間プランニング実習
  • グローバル都市東京研究
  • 都市問題の歴史的文脈
オフィスアワー月 10:00-14:00、15:00-17:30
研究室9号館566号室
内線番号内線4237
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成27年度
researchmap
取組成果
ページトップへ