本文へ移動します

全可視光の利用と発生した水素・酸素の分離を同時に可能にする人工光合成システムの開発に成功

井上晴夫特任教授(人工光合成研究センター長)、北海道大学電子科学研究所の研究グループほかとの共同研究

 井上晴夫特任教授(人工光合成研究センター長)と北海道大学電子科学研究所の三澤弘明教授・上野貢生准教授の研究グループ、北海道大学大学院理学研究院の村越 敬教授は共同で光アンテナ機能を有する金属を担持した酸化物半導体基板を用い、従来の人工光合成では利用することができなかった 650~850nm の可視・近赤外光も利用可能な人工光合成の開発に成功しました。さらに、基板の表面と裏面に異なる金属を配置する極めて単純なシステムにより水を光分解し、それぞれの面から水素と酸素を分離して取り出すことに成功し、従来とは異なる方法論で水素の分離が可能であることを示しました。
 なお、本件については、 2014 年 7 月 9 日(水)に北海道大学でプレスリリースされました。

研究論文名:Plasmon-assisted water splitting using two sides of the same SrTiO3 single-crystal substrate: Conversion of visible light to chemical energy(チタン酸ストロンチウム基板の両面からそれぞれ水素と酸素を発生させるプラズモン水分解システム:可視光照射による化学エネルギーへの変換)
著者:鐘 玉磬 1、上野貢生 1、森 有子 1、石 旭 1、押切友也 1、村越 敬 2、井上晴夫 3、三澤弘明 1
1北海道大学電子科学研究所、2北海道大学大学院理学研究院、3首都大学東京大学院都市環境科学研究科)
公表雑誌:Angewandte Chemie International Edition (ドイツ化学会)
公表日:web 掲載 ドイツ時間 2014 年 7 月 2 日(水)、 冊子掲載 近日中
※Angewandte Chemie International Edition の Hot Paper に選ばれた。


北海道大学プレスリリース資料 外部リンク

ページトップへ