本文へ移動します

理工学研究科 相垣敏郎教授が科学技術振興機構(JST)の戦略的国際科学技術協力推進事業「日本-ブラジル研究交流」新規課題に採択されました

「アマゾンフルーツのナノサプリ開発:老化と健康に及ぼす栄養ゲノミクスおよび栄養遺伝学的影響」

理工学研究科生命科学専攻 相垣敏郎教授およびサンタマリア連邦大学健康科学センター イヴァナ・クルツ教授が代表を務める研究「アマゾンフルーツのナノサプリ開発:老化と健康に及ぼす栄養ゲノミクスおよび栄養遺伝学的影響」が、このたび科学技術振興機構(JST)の戦略的国際科学技術協力推進事業「日本-ブラジル研究交流」における平成25年度新規課題に採択されました。

当該研究交流は、アマゾン原産果実が有する機能性を分子、細胞、個体レベルで解明することによって、生活習慣病の予防や健康寿命の延長に有効なナノサプリメントの開発を目指すものです。

参考
ページトップへ