本文へ移動します

荒川区と合同で医療救護連携訓練を実施しました。

平成25年11月23日(土・祝) 荒川キャンパス体育館

日時:平成25年11月23日(土・祝)
場所:荒川キャンパス体育館

訓練会場 担架搬送補助
訓練会場 担架搬送補助

 平成25年11月23日(土・祝)荒川区との合同防災訓練を荒川キャンパスにて実施しました。 この訓練は、東京都総合防災訓練の一環として行われ、警察署、消防署、医師会、東京都個人タクシー協同組合等14機関が参加した、初めての医療救護訓練です。
 荒川キャンパスからは、教職員15名、学生26名が参加しました。訓練は、傷病者の搬入・搬出、トリアージ、応急処置が行われ、参加者は、簡易ベッドの組み立てや、負傷者の担架搬送補助、傷病者役などを担当し、緊迫感、臨場感のある実践的な訓練となりました。
 訓練終了時には、荒川区長の講評があり、首都大への感謝の言葉がありました。
 また、当日は、荒川キャンパスの参加者のみで、炊き出し訓練も行いました。

傷病者搬出状況 荒川区長による講評
傷病者搬出状況 荒川区長による講評
ページトップへ