本文へ移動します

メールによる「詐欺行為」に対する注意喚起について

本学教員の個人アドレス(Gmail)が第三者に不正にアクセスされ、自動登録されていた不特定多数のアドレスに不可解な英文メールが送信されるという被害が生じました。また、本人が作成していないアドレス(hotmail)からも同様の英文メールが送信されました。

その内容は、「返信をお待ちしています」または「海外で財布を無くし、借金があるので助けて欲しい」というものであり、詐欺行為です。

この件に関して、今後も同様なメールが送信される可能性があるため、不可解なメールを受信した場合は、すべて破棄してくださるようお願いいたします。

ご不明な点がありましたら、首都大学東京管理部文系管理課庶務・会計係(042-677-2052)までお問い合わせください。

ページトップへ