本文へ移動します

「東京都アジア人材育成基金 留学生の修了を祝う会」が開催されました。

平成24年8月22日(水)、東京都庁第一本庁舎にて東京都アジア人材育成基金による留学生への卒業セレモニーが東京都の主催で開催されました。
東京とアジアの架け橋になってもらうべく、卒業後の活躍を祈念するためのセレモニーで、3年間の研究に勤しんできた留学生8名に対し、秋山俊行東京都副知事より労いの言葉と記念品が贈られました。

「アジア人材育成基金による留学生」について

アジアの発展に資する高度な研究への従事を通じた人材育成を目的としています。
現在、航空機用新素材開発・利用の研究等、7研究で36名の留学生を受け入れています。そのほか、奨学金のみの留学生が19名在籍しています。
留学生は、シンガポール、インドネシア、台湾、中国、韓国、ベトナム、インド、フィリピン、ラオス、香港、バングラデシュの11カ国から受け入れています。

卒業セレモニーの様子
記念撮影 
卒業セレモニーの様子
秋山俊行東京都副知事からの記念品贈呈
ページトップへ