本文へ移動します

顕著な研究活動を行っている教員に学長表彰を行いました。

顕著な研究活動の成果である研究論文の引用実績により本学のプレゼンス向上に貢献したとして、理工学研究科生命科学専攻田村浩一郎教授に学長表彰を授与しました。
この学長表彰は顕著な教育研究活動の成果(実績)をあげた教員を対象として初めて行われたものです。

  原島学長から学長表彰を授与される田村教授
原島学長から学長表彰を授与される田村教授
(平成24年3月27日)

【原島学長のコメント】
今回、特に国内外に対する研究論文の引用業績を高く評価し、学長表彰を授与することとしました。
田村教授は本学の誇りであるとともに他の模範となる功績です。
今後ますますご活躍されることを期待しております。


  記念撮影
江原副学長、繁田副学長、奥村副学長
岡部理工学研究科長、原島学長、田村教授、村上生命科学専攻長

【田村教授のコメント】
今回、研究業績に関する特段の評価を頂き、大変ありがたく思います。
これもひとえに首都大学東京の素晴らしい教育研究環境のおかげです。
今後も、教育、研究に精進し、さらなる成果をあげることにより、首都大学東京の一層の発展に貢献したいと思っています。




田村浩一郎 教授

理学博士(1991年 東京都立大学大学院理学研究科博士課程修了)
専門・研究分野:分子進化学、進化ゲノミクス、バイオインフォマティクス
研究テーマ:ショウジョウバエを用いた適応進化の遺伝機構に関する研究、分子進化遺伝学解析に関するバイオインフォマティクス、分子進化・分子系統解析に関する論理的研究
http://www.biol.se.tmu.ac.jp/solo_tamura.html 外部リンク

ページトップへ