本文へ移動します

都市環境学部分子応用化学コース 春田正毅教授が2011The Spiers Memorial Awardを日本人で初の受賞!

    春田正毅教授(都市環境学部分子応用化学コース)がRoyal Society of Chemistry(RSC,
   英国王立化学協会)から2011年のThe Spiers Memorial Awardを授与されました。
    受賞理由は「金の化学及び金の触媒作用という新しい分野の創出に対する卓越した貢献」
   であり、この賞の受賞は日本人初となります。
    授賞式は7月4日から6日までイギリスのカーディフ大学で開催される”Gold: Faraday
   Discussion152"で行われました。
    なお、受賞と合わせて、「英国王立化学協会フェロー」(Fellow of the Royal Society of Chemistry]
   として認められました。

*王立化学協会の賞
化学の開拓、教育普及から実用化までの幅広い分野で、年間約60件授与されています。
*Spiers
王立化学協会の事務局長として多大な貢献をした人の名前。

ページトップへ