本文へ移動します

東日本大震災等における本学建物の点検結果等について

首都大学東京の南大沢、日野、荒川キャンパスの各施設について、公立大学法人首都大学東京の技術職員が、3月16日から4月8日まで、目視点検調査に基づいて確認を行いました。

今回の確認を踏まえ、一部通行禁止措置等の安全対策を早急に実施しました。

また、壁面等や、構造を異にする建物間の接合部の金物(エクスパンション)にひび割れ(クラック)が見受けられますが、建物の耐震性等に影響を及ぼすひび割れはなく、安全です。

現時点において、危険と判断される建物はありません。


管理部

ページトップへ