本文へ移動します

新潟県魚沼市・横根集落の美しい風景を伝えるスマートフォンアプリ 「よこねアーカイブ」を公開しました

高齢化の進む山里における継続的な地域活性化の実践~首都大学東京と新潟県の共同研究~

 首都大学東京システムデザイン学部渡邉英徳研究室と新潟県は、平成26年度「大学生の力を活かした集落活性化事業」の成果物である、新潟県魚沼市・横根集落の美しい風景と文化を伝えるスマートフォンアプリ「よこねアーカイブ」を、4月30日より公開しました。App Store(配信中)またはGoogle Play(5月中に配信開始予定)から、無料でダウンロードできます。

「よこねアーカイブ」は、最新技術を用いて、高齢化の進む山里の魅力を世界に伝える試みです。地図上のアイコンをクリックすることで、住民の方々から寄せられた思い出の写真、集落の現在の風景、そして民俗文化を撮影した映像を閲覧することができます。さらに現地においては、GPSおよびAR(Augmented Reality、拡張現実)技術を用いて、写真や映像をスマートフォンカメラの視野に重ねあわせて表示することができます。

首都大学東京の学生チームは「よこねアーカイブ」の制作にあたり、集落を3回にわたって訪問し、住民の方々とのワークショップを開催しました。ワークショップでは、50代~70代の参加者による「紙地図による写真と記憶の共有」、子どもたちによる「世界に伝えたい「もの・場所・こと」の撮影」が行われました。その成果物をアプリとして公開することによって、地域内における「人と人とのつながり」「人と技術のつながり」を生み、継続的な地域活性化の一助となることを企図しています。

■ 「よこねアーカイブ」ダウンロードURL:

iOS (App Store) :https://itunes.apple.com/us/app/yokoneakaibu/id985100553?l=ja&ls=1&mt=8
Android (Google Play) :5月中に配信開始予定

「よこねアーカイブ」制作ワークショップ報告記事(ハフィントン・ポスト):

http://www.huffingtonpost.jp/hidenori-watanave/regional-vitalization_b_6118944.html

参考
ページトップへ