本文へ移動します

オープンシティ・シンポジウムまちを開く「一斉公開イベント」から都市の未来を考えるを開催します

H28.11.2(水) 18時30分~21時 東京大学本郷キャンパス情報学環・福武ホール地下2階

建築をひらき、まちをひらく ~オープンハウス・ロンドンの25年~

英国ロンドンでは、市内の約750棟の建築を一斉公開する取り組み「オープンハウス・ロンドン」が毎年9月の恒例行事として定着して久しいですが、その考案者であるヴィクトリ ア・ソーントン女史をお招きして、その理念や取り組み内容をお話し頂きます。後半のパネルディスカッションでは、東京、あるいは日本の諸都市で、オープンハウスを導入・定着させていくためには、何が必要か、ミッション、体制、財源など多角的に議論していきます。

日時:2016年11月2日(水)18:30~21:00(18時開場)

会場:東京大学本郷キャンパス 情報学環・福武ホール 地下2階

基調講演:Public Engagement - Open House London Weekend
     ヴィクトリア・ソーントン氏 (オープンハウス・ロンドン 創始者)

パネルディスカッション:
東京はロンドンから何を学べるか What Tokyo learns from London

パネリスト: 伊藤 香織氏(東京理科大学) 、倉方 俊輔氏(大阪市立大学) 、野原 卓氏(横浜国立大学)

進行: 岡村 祐(首都大学東京)

※日英同時通訳

定員:150名

参加費:一般500円、学生無料

参加申し込み・問い合わせ先:opencity.japan@gmail.com

主催:首都大学東京

共催:横浜国立大学

企画:オープンシティ研究会

FBページ:https://www.facebook.com/events/314572648897270/ 外部リンク

※事前申し込みなしでのご参加も可能ですが、資料や同時通訳機材をご用意できない可能性があります。
※詳細は、こちら (2.27MB)Adobe PDFをご覧ください。
第二弾横浜(2016年11月4日開催) (2.33MB)Adobe PDF、第三弾大阪(2016年11月6日開催)を予定しています。

ページトップへ