本文へ移動します

夏季休業期間中の新型インフルエンザの対応について(重要)【第15報】(8月6日付)

首都大学東京学生、教職員及び全ての関係者 各位

首都大学東京学長

夏季休業期間中の新型インフルエンザの対応について(重要)【第15報】

8月7日(金)から夏季休業期間が始まりますが、依然として新型インフルエンザが終息する兆しはありません。現時点では、海外、国内を問わず、新型インフルエンザの感染が拡がっています。

夏季休業期間中は、国内外への出張・旅行・合宿、イベントへの参加等を予定されている方も多く、人混みに出る機会が増えれば、新型インフルエンザに感染するリスクも高まります。

ついては、下記の事項に十分留意し、感染防止を徹底するため、改めて注意してください。


  1. 夏季集中授業における留意点
    学生各位は、発熱やせき、倦怠感等の症状がある場合には登校を控え、医療機関で受診するとともに、大学に連絡のうえ担当教職員の指示に従ってください。
  2. 課外活動等における留意点
    クラブ、サークル等で合宿等の集団活動を行なう場合は、体調管理に気をつけるとともに、発熱やせき、倦怠感などの症状がある者は、参加を見送り、医療機関で受診してください。
  3. 感染防止対策
    人混みを避ける、マスクを着用する、積極的に手洗いを励行するなどし、新型インフルエンザの感染防止に努めてください
  4. 体調管理の徹底
    発熱やせき、倦怠感などインフルエンザと同様の症状がみられる場合には、直ちに医療機関で受診してください。
  5. 大学への連絡
    医療機関でインフルエンザA型と診断された場合は、学生各位は学生課(042-677-2372)に、教職員各位は所属の部局等に係る事務室に、必ず連絡してください。
  6. 出張・旅行の際の留意点
    国内外への出張、旅行等に出かける場合には、外務省や厚生労働省、各自治体のホームページ等により、現地の感染状況の把握に努めてください。また、現地では、上記3の感染防止対策に努めてください。
  7. 海外渡航に関する取扱いの見直し
    平成21年6月15日付けの「第7報」でお願いした、
    • 発生国へ渡航する場合の部局長への報告・指示
    • 発生国からの帰国後の部局長への報告、検温・体調確認
    • 発生国から研究者、留学生、来賓等を招聘する場合の対応
    については、特段の事情がない限り、今後必要ないものとします。

参考ホームページ

ページトップへ