本文へ移動します

電子機器への興味から志望、夢はエンジニアとして癌治療への貢献

学生 イメージ

川北 拓弥

都市教養学部 都市教養学科
理工学系 電気電子工学コース 1年
神奈川県出身

Q1.在籍学科・コースを志望した理由は?

元々エンジニアになりたいという思いと、電子機器などに興味を持ったのもあり、このコースを志望しました。

Q2.特に興味をもって学んだ(学んでいる)授業は?

講義で聞いて興味を持ったのは、加速器と呼ばれる粒子を加速させる装置です。それが癌治療に応用されていることなどが、非常に興味深かったです。

Q3.将来の夢や進路は?

エンジニアになりたいと思います。そして、加速器を現在のものより発展させ、さらに痛みの少ない癌治療を開発することに貢献したいです。

Q4.首都大学東京を選んだ理由・首都大学東京の良いところは?

まず、文理総合キャンパスというところです。色々な人と友達になれたり、色々な意見が聞けたりするので、楽しく充実した大学生活が送れると思います。また、公立なので学費があまりかからないことは親孝行だと思います。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ