本文へ移動します

自然科学でも広範な物理に魅力。学びを活かせる研究を続けたい

学生 イメージ

飯澤 優太朗

都市教養学部 都市教養学科
理工学系 物理学コース 1年
北海道出身

Q1.在籍学科・コースを志望した理由は?

小学生の頃から宇宙に関心がありました。そして高校で物理という学問に触れ、ミクロスケールからマクロスケールまでそれぞれの規模の世界を数少ない物理法則が支配しているというシンプルさに魅力を感じ、物理学科への進学を志しました。自然科学で最も広範な学問であるというのも理由の一つです。

Q2.特に興味をもって学んだ(学んでいる)授業は?

まだ1年次なので深く学んでいるわけではありませんが、やはり物理関連の講義です。これらは密接に結びついています。現在は力学を中心に学んでいますが、力学の歴史に欠かせず、高校では扱わない微分積分を用いる物理を行えるのは大学ならではだと思います。微分積分を用いる事により、物理を高校の時より基礎にさかのぼって考えることができます。より基礎的に考えるというのは、今後も最も重要なことだと思います。そのきっかけという意味でも力学の授業を大事にしたいですね。

Q3.将来の夢や進路は?

やはり研究職に憧れます。自分がどの分野に向いているか、どの分野に興味を一番強く持つかなどは、今後の取り組み次第だと思っています。したがって、まだどの分野とは言えませんが、自分が大学で学んだことを活かせる場所で研究を行いたいです。

Q4.首都大学東京を選んだ理由・首都大学東京の良いところは?

まず一つ目は、立地です。東京の中では田舎に近いかもしれませんが、新宿や横浜にも行ける場所に立地しているので、移動にそこまでの不便はありません。自然豊かなキャンパスですので、落ち着いて勉学に励むことができます。これは都会の中心ではあまりできないことではないでしょうか。
二つ目に、日本の大学の中でも世界的に評価される大学であるということです。今もなお、発展し続けている新進気鋭の大学で学ぶということはためになるはずです。
三つ目に、学費が日本一安い大学ということです。首都大は前述のような恵まれた環境でありながら、東京都という巨大な自治体によって設立された大学ですので、学費の安さや、学生のサポートが充実しています。他にも多数理由はあると思いますが、僕が魅力に感じたのはこの三つの点です。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ