本文へ移動します

化学実験好きには好環境。将来は化粧品の開発や製造に携わりたい

学生 イメージ

石井 佑果

都市教養学部 都市教養学科
理工学系 化学コース 2年
東京都出身

Q1.在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

元素や化学式が面白いと思い、もっと化学について勉強したいと思ったからです。また、化粧にも興味がりました。でも、一番の理由としては、化学の実験が好きだからです。

Q2.とくに興味をもって学んだ(学んでいる)授業について、科目名、その内容と、興味を持っている点をお聞かせください。

有機化学、無機化学、物理化学の中でも特に興味があるのは、無機化学の授業です。無機化学の授業では、それぞれの元素の特徴や電子の軌道などを学んでいて、それらを知ることで化学反応を理解することもできるので楽しいなと思います。講義の説明が分りやすいというのも、興味を持つ点になっていると思います。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。また将来、どんな分野・職業に進みたいと思いますか。

化粧品の開発や製造に携わりたいと考えています。

Q4.進学先に首都大学東京を選択した理由を教えてください。また、首都大学東京のセールスポイントを高校生に伝えるとしたらどのように説明しますか。

首都大学東京の化学コースは、実験が多いカリキュラムになっていると思うので、化学実験が好きな人は首都大学東京の化学コースがお勧めです。また、首都大学東京の南大沢キャンパスは自然が多く、落ち着いた空間で勉学に励むことができます。そして、様々な学部学科やサークル・部活が集まっているので色んな人と交流があり、充実した大学生活を送ることができるのも魅力です。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ