本文へ移動します

大学数学で数学の根底を深く学び、大学院への進学も視野に

学生 イメージ

川名 のん

都市教養学部 都市教養学科
理工学系 数理科学コース 2年
東京都出身

Q1.在籍学科・コースを志望した動機や理由を教えてください。

以前から数学という教科が好きだったことや、これまで学んだ数学を大学でより深く理解しようと考えたからです。
また大学数学では数学の根底を学ぶことができる、と高校の時の担任に教わったことも理由の一つとなっています。

Q2.とくに興味をもって学んだ(学んでいる)授業について、科目名、その内容と、興味を持っている点をお聞かせください。

線形代数学です。線形代数学は数学の基礎であるため、多くの理論がこの線形代数によって支えられています。そのため、どんなに新しく、難しい理論や問題であっても線形代数に帰着できるというところに興味を持っています。

Q3.将来の夢や目標を教えてください。また将来、どんな分野・職業に進みたいと思いますか。

入学当初は中学高校の教員を目標としていましたが、より専門的なことも学びたいと思い、大学院への進学も視野に入れています。

Q4.進学先に首都大学東京を選択した理由を教えてください。また、首都大学東京のセールスポイントを高校生に伝えるとしたらどのように説明しますか。

コースの人数が少ないため、教員からの指導が厚く受けられるだろうと考えたことが第一の理由です。
また、南大沢キャンパスは広大な敷地で緑に囲まれているので、四季の変化を楽しみながら通学することができます。
さらに自習するスペースに加え、グループで話し合いをする場所も整備されているため、様々な用途に合わせた学習ができます。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ