本文へ移動します

環境と都市・建築の調和に深い関心。将来は海外で活躍したい!

学生 イメージ

大森 理央

都市環境学部 都市環境学科
建築都市コース 1年
千葉県出身

Q1.在籍学科・コースを志望した理由は?

もともと図画工作が好きで、高校一年生の時から建築学科に進もうと決めていました。グラフィックデザイナーにも興味はありましたが、資格の取れる職業の方が良いという両親の勧めもあり、この学科に決めました。

Q2.特に興味をもって学んだ(学んでいる)授業は?

『環境と建築』という授業で、環境と都市・建築がどのように関わっているか、また、室内での環境をどのように形成していくかを学ぶものです。建物を考える上で、エコであるとか、持続可能であるとかは欠かせない時代であると思います。そのような環境と建築の調和を考えるきっかけになった授業だったので、興味深かったです。

Q3.将来の夢や進路は?

将来は、海外で働きたいと考えています。もちろん、建築の分野です。

Q4.首都大学東京を選んだ理由・首都大学東京の良いところは?

国公立の総合大学に入りたかったからです。その中でも私が首都大を選んだ理由は、校風、建築学科の棟のつくり、そこにいる人が、魅力的だったからです。また、オープンキャンパスで偶然、建築学科の院生と卒業生と話す機会がありました。親切に対応していただき、とても貴重な話を聞かせていただけたということも大きな理由のひとつです。
首都大の良いところは、周りの環境だと思います。少し電車に乗れば都心に出られるのに、東京にあるとは思えないほど自然が豊かです。建築の学生としては、製図室を与えてもらえるところも魅力的だと思います。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ