本文へ移動します

橋や道路、トンネルなどの社会基盤を学び、社会を支える仕事を

学生 イメージ

中久喜 凜太朗

都市環境学部 都市環境学科
都市基盤環境コース 1年
栃木県出身

Q1.在籍学科・コースを志望した理由は?

橋や道路、トンネルなどの社会基盤に興味がありました。また、やりたいと曖昧に考えていることを明確にできると感じたことも志望した理由です。

Q2.特に興味をもって学んだ(学んでいる)授業は?

『環境を支える土木技術」と『都市創造と再生技術」です。
社会基盤の仕組みや必要性についての内容で、高校までとは違う専門的な内容を学べることに非常に興味を惹かれました。

Q3.将来の夢や進路は?

夢は社会を支える仕事に就くことですが、まだ明確にこれをやりたいというものはありません。

Q4.首都大学東京を選んだ理由・首都大学東京の良いところは?

都会に近いため、生活している中で様々な刺激を得られるという点です。

※登場する人物の在籍年次や所属、活動内容等は、取材時のものです。

その他のインタビューはこちらから!

ページトップへ